30代女性の平均年収はどのくらい?あなたの年収と比べてみよう!

収入の多さは仕事を続けるモチベーションになります。自分の頑張りや貢献度が収入に直結すると、さらに仕事を頑張ろうという気持ちが起こるものです。

今までに、自分がもらっている収入を誰かと比べたことはありますか?もしも、同じ年代の女性や、同じ職種の人と比べて年収が少ない、平均年収以下だったとしたら、がっかりしますよね。

あまりにも平均より年収が低いようであれば、職場に交渉してみるか転職するのも手段のひとつになります。ここでは、30代女性の平均年収について紹介していきますので参考にしてみましょう。

女性は男性よりも年収が低め、30代女性の平均年収とその理由

全体平均と女性の平均を比べてみると、女性の平均年収が低いことが分かります。

30代女性の平均年収

30代女性の平均年収ですが、全体で見ると382万円です。30代でもさらに細かく年齢で見てみると、平均が変わってきます。

  • 30歳 367万円
  • 31歳 375万円
  • 32歳 382万円
  • 33歳 387万円
  • 34歳 381万円
  • 35歳 387万円
  • 36歳 392万円
  • 37歳 390万円
  • 38歳 394万円
  • 39歳 399万円

といったように年齢が上がるにつれて平均年収もアップしていきます。

職種による違いも大きい!職種別の平均年収

平均年収はあくまでも平均。業種や職種によっては平均以上の収入を得ていることがあります。そこで職種別で平均年種をチェックしてみましょう。

投資銀行系
30代女性の中でも年収が最も高いのが投資銀行系の業務です。年収が1000万円を超えることも珍しくありません。
戦略、経営コンサルタント系
仕事内容はハードですが、給料が高いことで有名な職種です。30代でも800万円から900万円が平均的な年収です。
資産運用(ファンドマネージャー、ディーラー、アナリスト)
高度な知識や経験を必要とすることから、収入も高めです。平均年収は800から900万円です。
営業
営業にもいろいろな業種がありますが、中でも年収が高いのが証券と医薬品メーカーで、600から700万円が平均年収です。

また、地域によって年収にも差があります。やはり、東京や神奈川、千葉、埼玉といった首都圏で働く女性のほうが、地方よりも平均年収が高めです。

女性の平均年収が低い理由

男性の平均年収と比べて、同じ年代でも女性の平均年収は低め。これにはちゃんとした理由があります。

就業年数が短い
近ごろは年功序列よりも成果主義を取りいれる企業も増えてきました。しかし、まだ年齢に応じて昇給している企業が少なくありません。

男性と比べると女性は家庭の事情で離職するケースが多いのです。そのため、男性よりも賃金の伸びが緩やかになり、それが年収にも影響してしまいます。

正社員の割合が少ない
女性の場合、正社員で就職できたとしても一度辞めてしまうと、再度正社員として就職することが難しくなります。

その結果、派遣社員や契約社員、パートといった非正規社員として働く人の割合が増えます。そのため、給料も安くなってしまうのです。

役職に就けない
日本でも働く女性が増えてきましたが、まだまだ女性管理職の割合が少ないのが現状です。管理職になると給料アップも期待できますが、役職に就けないと給料もなかなか上がりません。

以上のような理由で女性の給料は低くなりがちです。

給料についての不満は多い

30代女性の平均年収は382万円ですが、自分のやっている仕事と給料が見合っているか、満足度が気になるところです。そこで、30代女性にアンケートを取ってみたところ、以下のことがわかりました。

仕事内容と給料が見合わない

と答えた人が全体の半数以上いたのです。これでは、仕事のモチベーションも下がりがちとなります。

意識を変えることが大切!年収アップのためにできること!

今よりも年収がアップしたら、と考える女性は多いでしょう。しかし、行動を起こさなければ年収アップは期待できません。ここでは、年収アップのためにできることを紹介していきます。

業界研究に力を入れる

新卒で入社するときは、給料よりも遣り甲斐を重視して入りたい業界を選んだかもしれません。

しかし、就職してから仕事と給料が見合わないと、次第に転職を考えるようになるでしょう。

まだ、第二新卒であればチャンスはあります。未経験でも採用してくれる業界はあるからです。そこで、業界研究に力を入れてみましょう。

平均年収の高い業界に入ることで給料アップが期待でき、それが年収アップにつながっていくでしょう。

専門的な知識を身に付ける、資格を取得する

年収の高い職種や業界というのは、専門的な知識や資格を必要とすることがあります。そこで、必要な知識を身に付けたり、資格を取得したりすることも考えてみましょう。

また、いきなり高い年収が期待できそうな企業に就職しようとしても難しいのが現状です。そのようなときは、徐々にステップアップするのが無難です。

最初は、給料が低くても知識やスキルを身に付けられそうなところに就職してスキルを磨きます。

そして、ある程度実績と経験を積むことができたら、高い年収が期待できそうな企業に転職するのも手段のひとつです。

実力主義の会社を狙う

年齢に関係なく、実力次第で昇給が期待できる企業も増えてきています。たとえば、外資系企業がその典型です。実績に応じて給与が加算されますので、頑張り次第で高い年収を得ることもできるでしょう。

起業する

思い切って起業するという方法もあります。会社勤めをして、どんなに業績をあげたとしてもそれが給与に反映されるとは限りません。

起業すれば頑張った分だけ自分に返ってきます。企業に勤めるよりも大変な面は多々ありますが、頑張り次第で年収を大幅アップすることが可能になります。

平均年収を知り、年収アップにつなげてみよう!

平均年収と自分の年収を比べてみて、自分が平均以下なのか以上なのかが分かったと思います。

そのうえで、自分の今の仕事がもらっている給料に見合っているかどうかも、気になってくると思います。

仕事をするのは、やりがいだけでなく経済的安定を得るためです。あまりにも年収が低い仕事になると、モチベーションダウンにつながります。

自分の年収をあげたいときは、転職やスキルアップなどを試みてみましょう。やり方次第で年収をアップさせることができるかもしれません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る