女性もしっかり稼げる!?40代女性の平均年収とアップ方法

テレビや雑誌では、「女性もどんどん働こう」と言っていますが、女性はどれだけ働いても年収があまりアップしないというイメージがありませんか?

実際、同じように働いても男性と比べて女性の年収は少ないと言われています。

男性の場合、40代になると役職など就きキャリアアップするため年収がグンと上がりますが、女性の場合、40代まで働いて役職が就いたりキャリアアップして年収がグンと上がる人はほんの一握りに過ぎません。

40代女性がどれくらいの年収を貰っているのか、どの職種・業種の年収が高いのかを調べてみました。

また、年収をアップさせるための方法にはどんなものがあるのかについても紹介します。

やっぱり!?40代女性の年収は男性よりも低い

40代でもバリバリ働いているという女性はたくさんいます。

40代というと大学卒業してから働いたとしても約20年働いていることになります。

男性の場合、20年も同じ企業で働いているとある程度の役職を持っている人がほとんどです。

女性の場合、結婚したり出産して育休を取ることもあるせいか、男性に比べて役職を持っている人は少ないです。

40代女性でも既婚者よりも独身女性の方が年収は高い

いろんなサイトや雑誌を見ると、40代女性の年収にはかなりの誤差があります。

それは、独身女性のみを対象にしているのか、もしくは40代女性全体の平均年収なのかで金額が違ってきます。

40代の独身女性の場合、年収360~400万円というのが多くなっています。

この年収、社会保障などを引いていない金額なので、実際はもっと少なくなり、月給にすると手取りが30万円ないというのが実状です。

40代既婚者の場合、これよりもさらに年収が下がるため手取りも低くなっていきます。

40代でも年齢によって金額に多少の差が出てくる

40代といっても40~49歳とかなり幅広くなります。

若い方が年収は高いというイメージがありますが、40代の中でも年収に差があり46~47歳ぐらいが高く、41歳が少ないと言われています。

女性の場合、46~47歳ぐらいが役職を持つ人が増えることもあり平均年収が高くなっているようです。

女性でも正社員と非正規社員では年収にかなりの差が出る

40代女性の中には正社員として働いている人もいれば、非正規社員で働いている人もいます。

結婚や出産、育児と経験した人の中には、子育てで迷惑をかけたくないからと非正規で働いている人もいます。

正社員と非正規社員では年収もかなりの差があります。非正規社員の場合、年収は正社員の半分と言われています。

貰っている金額が違うということは支払っている厚生年金などの金額も違ってきます。

将来貰える年金の金額も違ってくるので、生涯を考えると年収の差よりも大きな差がでてくることもあります。

全てが同じではない!40代女性でも高収入な職種がある

40代女性で人括りにされていますが、もちろん職種によって年収は違ってきます。

40代女性でも高収入な職種には次のようなものがあります。

【資格取得が必要な職種】

  • 医師
  • 弁護士
  • 税理士
  • 公認会計士 など

上記のような職業は、大学や専門学校で学んでから資格取得となるため、40代から資格取得をするのは難しいです。

【資格がなくても高収入な職種】

  • IT系
  • 営業職
  • 金融業界
  • 食品などの開発

上記のようなものは資格がなくても高収入な職種ですが、営業などは契約件数などが反映されるため、全員が高収入になるわけではありません。

その他、高い技術が必要とされる職種は年収も高くなっています。

もし何か資格を持っている場合は、その資格を活かせる仕事をする方が収入アップに繋がります。

年収アップを考えるか将来を考えるかで悩む女性が増えている

ふとした時、「自分が貰っている給料はもしかしたら他の人よりも少ないのでは?」と考えてしまうことはありませんか?

少ないかも知れないと思ってしまうと、年収をアップさせたいといろいろと考えて行動を起こします。

この時、「給料が少ない!だから高いところへ行く!」と何も考えずに動くと大変なことになります。

年収アップのために動くことは悪い事ではありませんが、まず動く前に考えた方がいいことを紹介します。

この会社で働いていて管理職になるチャンスはあるのか

年収をアップさせるには、管理職になったりスキルアップが必要です。

年収アップのために動く場合、まずこの会社で働いていて年収アップが見込めるのかを考える必要があります。

管理職になるチャンスがある場合は、年収アップの可能性もあります。

今、多くの企業が男女関係なく管理職になれるようになっています。自分が働いている企業が女性もどんどん管理職にするような会社であれば、年収アップが見込めるのでこのまま働き続けてもいいのではと思います。

40代女性の場合、働く環境をガラっと変えることに抵抗を感じる人が多いので、まずは今の状況で年収アップできるかを考えてみましょう。

将来を考えてこのままの状態でも長期間働ける場所を探す人も増えている

年収アップはしたいけれど、もし働く環境を変えても数年後に辞めなければいけなくなったらどうしようと考える人も増えています。

年収アップがいいのか、それとも定年まで働けるような環境の方がいいのかを考えて長期間働ける場所を選ぶという人もいます。

ここ数年、早期退職を募ったりしているのを見ても分かりますが、定年まで必ず働けるという保障はありません。

そのため、せっかく給料のいい会社に転職をしても長期間働けなければ今の環境でもいいという人が増えています。

自分は年収アップを取るのか、長期間働ける環境を取るのかを見極めて動くようにしなくては後悔することもあるので注意が必要です。

40代からでも遅くない?年収をアップさせるための方法

年収を見たら、もっとアップできないか?と考えてしまうことがあります。

今後のことを考えて少しでも年収をアップさせる方法があればチャレンジしたいと思うのが本音です。

40代でも年収をアップさせる方法にはどういうものがあるのでしょうか。

その1.仕事で必要な資格の取得をする

今、働いている仕事にどんな資格があればもっと仕事の幅が広がるかと考えたことはありますか?

事務職でも、資格を取得していた方が仕事に活かせるというものはあります。

資格を取得することでスキルがアップするため給与がアップすることもあります。

上司などにどういう資格を持っていると仕事に活かせるか相談して、その資格を取得する勉強も年収アップに繋がります。

また、資格を持っている方が転職を考えている時も役立つので、仕事で必要な資格を取得してみましょう。

その2.キャリアアップの研修を積極的に受ける

会社によってですが、キャリアアップの研修会を開いているところがあります。

女性が参加してはいけないというものはないので、上司に参加したい旨を伝えて研修会に参加するのもキャリアアップに繋がります。

最近は、女性で管理職になる人も増えています。ただし、ボーっと待っていても昇格はしません。

自ら動いて「働く意思があります」というアピールをすることで昇格にも繋がります。

その3.自分のキャリアや活かせる大手企業へ転職をする

今の企業ではどう頑張っても年種アップが見込めないという時は、転職を考えるのも1つの手段です。

「40代になって転職は難しい」と言いますが、スキルや今までの職歴によっては受け入れてくれる企業はあります。

ただし、大手企業は転職をしたからといって、必ず年収がアップするというわけではありません。

転職する際は、どのくらいの給与を貰えるかというのは確認する必要があります。

場合によっては、大手企業よりも中小企業で管理職や責任の強い役職で転職した方が給与アップすることもあります。

その4.副業が可能な職場の場合は副業を始めてみる

これは職場によって違いますが、もし副業が可能な職場であれば、副業を始めるというのも年収アップに繋がります。

最近は、ちょっとした合間の時間で仕事ができるようなサイトなどもあるので、そういうところで登録をして時間がある時に仕事をするという方法を取れば、収入も増えます。

どこかの会社へ所属するわけでもなく出勤などもないので、自宅にパソコンがあればすぐに仕事ができるものがほとんどです。

また、1日1時間程度でもいいので、簡単に始めることができます。

その5.資格を持っている人はフリーランスとして働くこともできる

資格を持っている人は、その資格を活かしてフリーランスとして働くこともできます。

特にコーディネーターやコンサルタント系の仕事の場合、独立してフリーランスとしてもやっていけます。

今までの仕事が丁寧でお付き合いがある場合、フリーランスになってもお客様として付いてきてくれる可能性もあります。

その際、自分でいきなり独立してフリーランスになるのもいいですが、転職アドバイザーなどに今転職する時期なのかなど相談してみるのもいい方法です。

40代女性でも年収アップの可能性はある

女性、それも40代になると年収アップはもう見込めないと諦めている人がいますが、そうとは限りません。

会社によっては管理職を目指すためのセミナーを受ければ管理職に推薦してくれる可能性もあります。

また、資格を取得すればそれを活かした仕事ができてスキルアップして年収がアップする可能性もあります。

自分が働いている会社で年収アップが見込めない場合は転職という方法もあります。

「もう年齢的に難しい」と諦めるのではなく、自分の今の環境でどうすれば年収がアップするか考えてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る