「あなたにとって仕事とは」を質問する理由。自分の価値観を伝えよう


「あなたにとって仕事とはなんですか?」この質問を聞かれたら悩んでしまう人がいるかもしれません。「生活のため」と答えたくなりますが、そうはいかないのが難しいところ。就活中の学生だけでなく、社会人も悩んでしまう質問です。

この記事では「あなたにとって仕事とは」を面接官が質問してくる理由と、その伝え方のポイント3つをご紹介していきます。

「生活のためと言いたいけれど、どうして聞いてくるの?」と疑問に思っている方だけでなく、「どう答えたらいいか、伝え方も分からない」という方にもおすすめ。

「仕事とは」は、誰もが一度は考えさせられる命題です。この質問に対する返答マニュアルや回答例は豊富にありますが、本当にそれで良いでしょうか?自分なりの答えを探してみませんか。


「仕事とは?」の質問は、仕事への姿勢を聞くため

面接官が「あなたにとっての仕事とは?」「働くとはどう考えていますか?」という質問をしてくる理由は3つあります。それは、

  • 仕事に対する価値観を知るため
  • 仕事に意欲はあるか
  • 企業方針と価値観がマッチしているか

というもの。面接官はこの質問で、あなたが仕事にどんな価値観を持ち、どんな姿勢でやり遂げようとするのかを見極めようとします。このため、

  • 「金銭を得るためのもの」
  • 「生きるために必要な作業」

という「仕事は仕方なくやるもの」といったイメージを持つ返答は控えましょう。

また、企業の事業方針に沿ったアピールも大切です。たとえば、挑戦や飛躍など、革新的なことを求める社風なのに、「仕事とは、古くからの伝統を守っていくもの」という回答は社風に合わないと判断されてしまうかもしれません。

伝え方のポイントは3つ。仕事に対する熱意を表現しよう

質問してくる意味をおさえながら、伝え方のポイントを3つ見ていきましょう。回答例はそれぞれの価値観で変わってくるので参考程度にしてくださいね。

なぜそう思ったかを明確に伝える

シンプルに自分なりの仕事に対する考え方を伝えましょう。たとえば、「仕事とは、困難を乗り越えて成長していくもの」と思ったら、なぜそう思ったか理由(結論)を一緒に添えます。

  • 「困難をやり遂げた達成感が好きだから」
  • 「目に見えて成長を感じられるから」

といった理由が決まったら、自分の得た経験から深く掘り下げていきましょう。

  • バイトやサークルの経験
  • 前職の経験
  • 家族や親戚の言葉

など、自分にしか分からない仕事に対する印象ができた決定的なエピソードを選び、相手に伝えると説得力が大きく上がります。伝える手順・文章の構成としては、

  1. 「仕事とは」を一言で表し、結論を述べる
  2. 実際に経験した、見聞きしたこと
  3. きっかけで変わった自分の内面の変化

というような伝え方が、相手にも自分にも分かりやすいです。また、「仕事とは、生活のために必要なこと」という理由から離れられない場合は、視点を変えてみましょう。

  • なぜ自分は働こうとしているのか
  • お金以外に何を得たいのか

自分の内面と向き合い、深く掘り進むほどに、仕事へのイメージが見えてくるかもしれません。

回答ができず、「分からない。これから見つけていく」というような返しは格好良いように思えますが、無気力に感じてしまうのでやめましょう。周りの働く人の姿を見て、「働くとは?」を改めて考えてみていきます。

仕事を通じて何を実現するかを伝える

自分の揺るがない意志から「仕事とは」を伝える方法以外にも、

  • 「社会に貢献をするため」
  • 「成長することで生活を豊かにするため」

と、仕事を通して何を実現するかを伝える方法があります。さらに具体的な未来図や自分なりの深い理由を伝えましょう。

難しい場合、たとえば「仕事とは、お客様のことを考え、誠心誠意対応すること」などどんな目標をもって仕事をしたいかを伝えます。

企業の経営理念などに沿うように伝える

自分なりの「仕事とは」を決めることができたら、企業が求める人材をしっかり確認しておきます。また、社風に沿っていること(革新的か保守的か)も大切です。

「リーダーシップのある人」ならば、「仕事とは、仲間と協力して作り上げていくこと」と伝えられるでしょう。ほかにも「好奇心旺盛な人」なら、「仕事とは、直感から始まり経験で成長していくもの」といった内容で攻めることも可能です。

仕事の意味を考えることは未来に繋がる

ここまで「あなたにとって仕事とは」という質問についてご紹介していきましたが参考になりましたか?質問してくる理由や、伝え方のポイントがはっきりすれば、「仕事とは」を落ち着いて考えることができるでしょう。

この質問の回答を残しておくと、自分の働き方に悩んだ時に心の支えとなるかもしれません。どこかにメモを残しておいたり覚えておいたりすれば、当時の考えを振り返る材料にもなるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る