アルハラって?アルコールハラスメントを正しく知ろう

最近は様々なハラスメントが取り上げられるようになりました。アルハラもその一つです。

仕事関係の飲み会や、居酒屋さんに行った時等に、アルハラに関係する内容を見聞きした事がある人は多いかと思います。

このアルハラですが、名前からアルコール、つまりお酒に関係している事は分かるのだけど、具体的な内容はいまいち分かっていないという人もいます。

しかし、アルハラは時には命や社会生活に関わってくる重大な問題なのです。

今回は、アルハラに関する基礎知識を解説します。お酒が飲める人はもちろん、飲めない人も深く関係してくる内容なので、ぜひご覧下さい。


アルハラとはアルコールハラスメントの略

まずはアルハラとはそもそもどの様な事なのかを解説していきます。アルハラの意味や問題について取り上げていきますので、しっかり目を通すようにして下さい。

アルハラ(アルコールハラスメント)とは

アルハラとは、特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)が提唱し、日本全国に広めているハラスメントです。アルコールハラスメントの略で、飲酒に関係した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害を指します。

ASKでは、以下の5項目をアルハラとみなし、こうした行為をしないように啓もう活動を続けています。

  1. 飲酒の強要…上司や先輩からの命令、部活や仲間内の伝統や悪ふざけ、罰ゲーム等でお酒を飲まなくてはならない状況に相手を追い込む事
  2. イッキ飲ませ…場を盛り上げる為に、お酒の一気飲みや早飲みをさせる事
  3. 意図的な酔いつぶし…酔いつぶす事を目的とした飲み会を開催する。傷害事件等に相当する場合もある。あらかじめ吐く為の用意やつぶれた人を収容する部屋を用意している、悪質なケースも
  4. 飲めない人への配慮を欠く事…体質や病気でお酒が飲めない人や未成年にお酒を飲ませようとしたり、飲めない事をからかったりする事。宴会参加者に飲めない人がいるのに、お酒以外の飲み物を用意しない事もこれに相当する
  5. 酔った上での迷惑行為…酔って絡む事や悪ふざけ、暴力・暴言行為、パワハラやセクハラ

現在ではお酒を取り扱うお店を中心に広まりを見せており、会社等でも自主的に気を付けようとする所が増えています。

アルハラの内容によっては、罪に問われる場合も

アルハラの5項目の中に、傷害事件になるケースもある、と書きましたが、実際にアルハラを行った人が刑事事件等で罪を問われ、実刑を受けています。

急性アルコール中毒は時に人の命を奪う事もある、重篤な症状です。

  • お酒を飲めない人に無理矢理飲ませる
  • イッキのみや早飲み、大量のお酒を飲む事を強要する

事は、相手を急性アルコール中毒にする事で、命の危機にさらす事と同じになります。その為、アルハラを働いた人は傷害罪、相手が死んでしまった時は殺人罪に問われるのです。

最悪の場合、死者を出す事もある

先程から何度か触れていますが、急性アルコール中毒は命に係わる症状です。

  • 急性アルコール中毒の症状が出たまま放置された
  • 泥酔状態のまま、何の処置もされなかった
  • 急性アルコール中毒になった人の喉に手を入れ、お酒を吐かせようとしたら、吐いた物がのどに詰まって窒息した

この様に、急性アルコール中毒が原因で命を落としてしまうケースがあるのです。

アルハラを受けた人がアルコールで亡くなった場合、殺人罪に問われます。また、刑事事件だけでなく、民事裁判で訴えられる可能性もあります。

お酒が飲める人が気を付ける事

アルハラは時に人の命を奪う危険なハラスメントです。アルハラを防ぐには、お酒を飲める人が真っ先に気を付ける必要があります。お酒が飲める場合は以下の注意点に注意し、危険な行動を使用とする人がいたら止めるようにしましょう。

周りに迷惑をかけない飲み方をする

社会人としてのマナーでもありますが、周りの迷惑にならないような飲み方を心がけましょう。

  • お酒を飲む時も、過度に酔っぱらわない量に抑える
  • 過度に酔っぱらって迷惑行為や暴言、暴力を行わない
  • 飲めない人にも配慮をする
  • 酔って迷惑行為や暴言、暴力を使用とする人がいたら止める

大人として当たり前の事ばかりですが、アルハラを防止する上でとても大切な事です。分かっていても、もう一度、周りに迷惑をかけていないかを確認するようにしましょう。

無理に飲まない・飲ませない

お酒が飲めない人はもちろん、お酒が飲める人も

  • 無理に飲まないようにする
  • 無理に飲ませないようにする

といった点に気を付けましょう。

アルハラに相当する5項目の所にある

  • イッキのみやイッキコールによる強要
  • 早飲みの強要
  • 大量のお酒を飲ませる事

は絶対にしてはいけません。

お酒を楽しく飲む為にも、お酒の量をセーブし、飲めない人でも楽しめる席を心がけましょう。

泥酔者を見つけた時は直ちに処置を

気を付けていても、泥酔してしまう場合や、泥酔者が出てしまう場合があります。飲み会の席では、常に泥酔者が出ていないかを確認するようにしましょう。

急性アルコール中毒なって危険な状態になっている場合、以下の症状が出ます。

  • 眠ったまま、叩いてもゆすっても起きない
  • ガタガタと震える等、明らかに体温が下がっている事が分かる場合や、逆に体温が急上昇している事が分かる場合
  • 痙攣や、口から泡を吹いている場合
  • 呼吸が弱くなる・呼吸回数が少ない

この場合は、すぐに救急車を呼んで下さい。

アルコール中毒になるケースの中には、トイレに行ってそのまま酔いつぶれてしまった為に、処置が遅れてしまったケースもあります。トイレや外に行っていつまでも帰ってこない、という場合は、近くを探してあげるようにしましょう。

泥酔者を発見した時、アルコールを吐かせるために手に指を入れて嘔吐させようとする人がいますが、これは避けましょう。

  • 吐しゃ物がのどに詰まり、窒息してしまうケース
  • 吐しゃ物が気道や肺に入り、他の病気を生み出してしまうケース

がある為です。

泥酔者を発見した時は、救急車を呼び、適切な処置をしてもらうようにしましょう。救急車が到着するまで、救急隊員の人に指示を仰ぎながら対処して下さい。絶対に泥酔者を一人にしてはいけません。

お酒が飲めない人が気を付ける事

次に、お酒が飲めない人がアルハラから自分を守る方法を紹介します。お酒が飲める人が飲めない人に対して配慮をするのは当然ですが、飲めない人も自衛しなくてはなりません。自分のみを守る方法を、しっかり覚えておきましょう。

無理にお酒を飲もうとしない

お酒が飲めない人は、お酒を強要されても絶対に飲んではいけません。飲み会の席だから、空気を壊してはいけないから、とお酒を無理に飲むようなことは避けて下さい。

お酒が飲めないのに無理に飲んでも、自分の体を壊すばかりか、さらにひどいアルハラを受ける可能性があります。一度でも口を付ければ「なんだ、飲めるんじゃないか」とどんどんお酒を勧められる可能性があるのです。

これは自分だけでなく、他の飲めない人がアルハラの被害に遭う可能性を高めてしまう行為でもあります。お酒を無理に飲もうとする事は、絶対に避けて下さい。

もし飲ませられた時は早めの対処を

お酒が飲めない事を伝えているのに、

  • 無理にお酒を飲まされた
  • 飲み物や食べ物にお酒を混ぜられた

場合は、すぐに対処するようにして下さい。

対処方法としては、

  • 救急車をすぐ呼んでもらう
  • 救急相談ダイヤル「#7119」で相談、指示を仰ぐ
  • 飲み会の席になっているお店に助けを求める

といった対応をして下さい。

意識がある状態でも、転倒や気絶の可能性があります。動けそうでも安静な状態を保つようにして下さい。

アルハラは命に係わるハラスメントである事を知ろう

アルハラは命に係わる重大なハラスメントです。お酒が飲める人も飲めない人も、同じように気を付ける必要があります。お酒の席を楽しむ為にも、アルハラに関する正しい知識を持ち続けるようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る