新しい職場の不安を取り除く!環境になじむコツと心構え

転職先も決まり、いざ初出勤、という日は緊張するものです。不安もあるでしょう。そういった気持ちは1日や2日ではなくなりませんね。職場の雰囲気にもよりますが、1ヵ月経っても新しい職場に慣れずに不安な日々を送っている、ということもあります。

いつまでも不安や緊張を抱えていては、本来の実力が発揮できないこともあるでしょう。できるだけ早く新しい職場に馴染んで、思うように仕事をしていきたいものです。

そうはいっても、性格などによっては、簡単に職場に馴染めない、雰囲気に慣れない、という人もいるでしょう。

できるだけ早く不安を解消し、新しい職場に慣れる方法やコツを紹介しましょう。


笑顔がない!?職場に馴染めない人の特徴となじめない理由

職場に馴染めない、溶け込めない、という人には特徴があります。職場に馴染むには、馴染みにくい人、になってはいけません。職場に溶け込みにくい人の特徴を見ていきましょう。

挨拶をしない人は暗さを感じさせる

社会人として大事なことの一つに挨拶があります。挨拶をしない人に、いい印象を持つ人はいないでしょう。慣れない職場で、どういった人たちがいるのかが分からない場所で、元気に挨拶をするのは勇気がいることでしょう。

しかし、挨拶をしなければ、暗い人、声をかけにくい人、と思われてしまいます。

他人の話を聞かない、自分の意見を曲げない

経験のある転職者に多いのが、「自分は分かっているので大丈夫」という雰囲気を出してしまうケースです。

自分は仕事ができる、というアピールをしたい気持ちは分かりますが、親切心を無下にするような態度はいけません。とっつきにくい人、という印象を与えてしまう可能性もあるでしょう。

無口で言葉が少ない、話しが続かない

人と話すのが苦手な人は、職場に溶け込むのに時間がかかるものです。周りの人が気を遣っていろいろ話しかけても、“はい”“いいえ”しか言わないと話も続きません。それが多いと、嫌われるわけではありませんが、孤立してしまうこともあるでしょう。

前の職場での自慢話が多く、経験をアピールしすぎる

「すごい人」と思われたくて、前の職場での成功体験などばかり話していると、周りはうんざりしてしまいます。口を開けば自慢話、という印象を与えてしまうと、話しかけてくれなくなります。

職場で「話しやすい人」を目指す!早く職場に馴染む方法

職場に早く馴染むには、新しい職場の仲間とよく話すことです。そのためにも、話しやすい人、になりましょう。話しやすい人になるにはどうすればよいのか、見ていきましょう。

素直に話を聞き真摯な態度で接する

素直に話を聞いてくれる人は好印象です。経験者であっても、今までとは違う方法を素直に受け入れ、分からないことは自分勝手に進めるのではなく、質問をしながら仕事を進めていくことが大事です。また、誰に対しても同じ態度で接するようにしましょう。

壁を作らず、協力的な姿勢で仕事をする

「まだ何もわからないから」と言って、与えられた仕事だけを黙々とこなし、周りが助けを求めていることにも気づかないフリ…という態度は嫌われてしまいます。

「私にできることがあれば言ってください」という協力的な姿勢でいる方が、話しかけやすいでしょう。

仕事以外にも注意。休暇の取り方など社内のルールを確認

社内では休暇の取り方などは順番だったり、職種によって休憩の取り方にルールがあったりする場合があります。自分勝手に行動すると周りに迷惑をかけてしまうことも。「ランチのおいしいお店は?」など話しかけると同時に、社内ルールを把握しましょう。

仕事の邪魔にならない程度に話しかける

周りもどういった人なのか分からないので、最初は話しかけてくれないこともあるでしょう。早く馴染むためには、自分を知ってもらうと同時に相手を知ることが必要です。新しい職場では分からないこともたくさんあるはず。何でもいいので質問をしながら、話しをするようにしましょう。話しかける際には、

  • 相手が忙しそうなときは避ける
  • 話しを長引かせない
  • 退社間際に話しかけない(少しでも早く帰りたいという場合もあるので)

といった点に注意することも忘れずに。

スタッフの顔と名前を早く覚える

早く自分の顔と名前を覚えてほしい、と思うのと同じように、周りも顔と名前を覚えてもらいたいと思うものです。早く覚えて名前で呼べば、「もう覚えてくれたの?」と喜んでくれるでしょう。良好なコミュニケーションづくりのきっかけになります。

名前と顔を覚えるコツとしては、その人のイメージや印象を名前と結びつけると覚えやすいです。後は声をかけるときには必ず名前を呼んで、記憶を定着させましょう。

職場の雰囲気や人間関係を把握する

新しい職場はフランクな雰囲気なのか、かしこまった感じなのか、など雰囲気を把握することが、人間関係を構築するためにも必要なことです。

それと同時に、仕事ができる人や信頼できそうな人、自分と仲良くなれそうな人などを見つけ、接していくといいでしょう。

気軽に話しかけて欲しいからといって、最初から慣れ慣れしい態度はNGです。信用をなくしてしまうことになりかねないので、しゃべりすぎず、謙虚な態度で接しましょう。

仕事を早く覚えると同時にていねいに行う

仕事を早く覚えたり、言われたことを適確に行ったりすると、安心して仕事を任せてもらえます。仕事をこなしていくうちに、自然と職場にも溶け込めるでしょう。そのためにも、

  • 分からないことは分からないままにせず質問をする
  • 説明を聞くときはメモを取る
  • ミスをしたときは、その原因を認識する
  • 雑な仕事はせずにていねいに行う

といった姿勢で仕事をしていきましょう。

慣れるまでは仕事を背負いすぎない

早く実力を知ってもらいたい、仕事ができると思われたい、と思っても、最初からたくさんの仕事を抱えないことです。業務や仕事の流れなどに慣れていないうちからたくさんの仕事を抱えてしまうと、結果ミスをしたり、言われた納期に間に合わなかったりします。

まずは新しい職場での業務や仕事のやり方・進め方などを把握し、覚えることが先決です。

第一印象は重要。明るく元気に挨拶をする

第一印象は、明るく元気な印象を与えることが大事です。笑顔を忘れず、明るく挨拶をしましょう。話下手でも、人付き合いが苦手な人でも、話しかけられたら笑顔で対応するようにしましょう。

話しやすい人になるためにも笑顔を忘れずに仕事をする

新しい職場での仕事は、不安や緊張がつきものです。しかし、受け入れる方も、少なからず不安や緊張を感じているものです。初対面であれば誰でも緊張するものですね。しかし、話しをしたり、仕事を一緒にしていったりしていくことで、不安も緊張も解けていくものです。

早く会社や仕事に慣れるためにも、笑顔や素直さ、謙虚さを忘れずに仕事に取り組みましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る