ブライダル業界に進みたい人へ!気になるその仕事内容とは?

結婚式は多くの人にとって人生の一大イベント。それをそばでお手伝いするブライダルの仕事は、華やかなイメージもあり憧れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、具体的にどんな職種や仕事内容があるのかというと、よくご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は興味のある人も多いブライダルの職種や仕事内容について、詳しくご紹介したいと思います。ブライダル業界への就職や転職を検討している人は、ぜひお役立てください。

ブライダルの職種にはどんなものがあるの?仕事内容は?

ひと言でブライダルの仕事といっても、様々な職種があります。早速、それぞれの仕事内容をご紹介していきましょう。

二人の門出をプロデュース!「ウエディングプランナー」

ブライダル業界で代表的な仕事と言えば、ウエディングプランナーでしょう。新郎新婦と打ち合わせを重ね、会場や日程、衣装に演出、料理や進行など結婚式にまつわるすべてのことを、二人の希望や予算に合わせて企画、立案する仕事です。

もちろん準備だけでなく、当日も滞りなく進行するよう、裏方としてサポートを行います。いわば結婚式のトータルアドバイザー。場所によっては、ブライダルコーディネーターと呼ばれることもあります。

新郎新婦と打ち合わせなどで顔を合わせる機会も多いので、二人の門出を一番間近で見守ることができ、やりがいを感じられる仕事です。

結婚式当日の進行をサポート!「バンケットスタッフ」

結婚披露宴に参加すると、制服を着たスタッフが配膳をしてくれたり、また進行の随所で新郎新婦をサポートしている姿を見たことがあるのではないでしょうか。

そうした結婚式当日の進行のサポート全般を担うのが、バンケットスタッフです。料理や飲み物の配膳、新郎新婦の入退場のサポートや、参加している来賓への対応など仕事は多岐にわたります。

当日参加している人が楽しい時間を過ごし、式がスムーズに進行するよう、裏方として多方面に配慮することが求められる仕事です。てきぱきと業務をこなすことはもちろん、来賓と接する機会も多いので、言葉遣いや接客態度にも高いスキルが必要とされます。

花嫁専属のサポーター!「アテンダー(介添人)」

結婚式や披露宴で、着物を着た女性が入退場などの際に花嫁のそばについて、衣装や花束を持ったりしているところを見かけたことはありませんか。これがアテンダー(介添人)です。

結婚式当日、花嫁は慣れない衣装を着て、式をこなさなければなりません。移動や進行がスムーズに行えるよう、新婦専属の付き人としてそばでサポートするのが、アテンダーの仕事です。

アテンダーは式と披露宴の間は、ほぼずっと花嫁と一緒に行動することになります。お色直しの間も、控室に食事や飲み物を運ぶなど、花嫁のお世話をします。

花嫁の晴れ姿をサポート!「ヘアメイクアーティスト」

結婚式は女性にとって、一生の思い出になるイベント。写真や動画もたくさん撮影するので、最高の晴れ姿を残したいと思うものです。

そのサポートをするのが、ヘアメイクアーティスト。事前に新婦と理想のスタイルを打ち合わせて準備をし、当日も涙を流したりして、メイクが崩れる場合も多いので、常にアテンドしてお直しも担当します。

ホテルや結婚式場などで、花嫁のメイクを担当するのは、たいていブライダル専門のスタイリストです。一般のスタイングの技術に加え、ブライダルならではのスキルも求められる、プロフェッショナルな仕事です。

最高の一着を選ぶお手伝い「ドレスコーディネーター」

結婚式での衣装、特にウエディングドレスやお色直しのドレス選びは、花嫁にとって最重要事項と言っても過言ではありません。

そのドレス選びをお手伝いするのが、ドレスコーディネーターの仕事。新婦が望むイメージや会場の雰囲気、予算などに合わせ、理想に合った衣装を提案します。

もちろんドレスだけでなく、白無垢などの和服や新郎の衣装も担当します。

「ウエディングスビューティフルジャパン(WBJ)」が認定する「WBJ認定ドレスコーディネーター」などの資格があるので、この仕事に就きたい人は資格取得を視野に入れてみてもいいでしょう。

一生に残る一日を撮影「ブライダルカメラマン」

結婚式や披露宴は人生の一大イベントなので、写真やDVDなどの記録に残す人がほとんど。それを撮影するのが、ブライダルカメラマンです。

やり直しのきかない撮影なので責任重大ですが、一生残る大切な思い出になるものなので、とてもやりあがいのある仕事です。

専門的な技術が必要な仕事ですので、カメラマンとして撮影を任されるようになるまでには、専門学校などで勉強をしたり、アシスタントとして経験を積むなどする必要があります。

式や披露宴をドラマチックに演出!「音響・照明オペレーター」

入退場やケーキ入刀、キャンドルサービスや花束贈呈など、結婚式や披露宴にはドラマチックな演出がつきもの。それを音響と照明で演出するのが、音響・照明オペレーターです。

新郎新婦が持っている結婚式のイメージを、打ち合わせを通じて具体化していく大切な仕事。音楽や照明演出の知識が必要なのはもちろん、抽象的なイメージを形にする高度なセンスも求められます。

二人の門出のセレモニーをスムーズに進行!「司会者」

披露宴をスムーズに進行するに当たって、大切な役割を担っているのが司会者です。セレモニーをタイムスケジュール通りに進行させるだけでなく、場を盛り上げたり、時にはアドリブに対応する柔軟性も求められます。

ブライダル専門の司会者もいますが、ラジオやテレビで活躍するフリーのアナウンサーが兼業でやっていることも多い職業です。ブライダルの司会は女性が選ばれる比率が多いので、女性が活躍できる仕事でもあります。

ブーケや装花で会場を華やかに!「フラワーコーディネーター」

新婦のブーケや新郎のブートニア、テーブルや高砂などの装花は、会場を華やかに彩る大切なアイテム。それをコーディネイトするのが、フラワーコーディネーターの仕事です。

フラワーコーディネーターになるには、専門学校や大学で園芸や植物に関する専門のコースに通ったり、通信講座やカルチャースクールなどで学ぶ人も多いようです。

資格としては、国家資格の「フラワー装飾技能士」という資格や、民間資格の「フラワーデコレーター」や「フラワーデザイナー」などがあります。

特別な日のアクセサリーを提案「ジュエリーコーディネーター」

結婚式では衣装だけでなく、ティアラやネックレス、指輪などのアクセサリー選びも重要です。衣装を引き立て、花嫁が最高に美しく見えるジュエリー選びをお手伝いするのが、ジュエリーコーディネーターの仕事。

同時にプロポーズのリングやマリッジリングの提案も行います。特にプロポーズの指輪を選ぶ際は、ジュエリーの知識がない男性も多いので、コーディネーターの役割は重要です。

キャリアを積む一歩としては、一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)主催のジュエリーコーディネーターの資格取得を目指す人が多いようです。

花嫁の美を磨く!「ブライダルエステティシャン」

普段はエステに通わない女性でも、結婚式の前はなかなか自分ではケアできないデコルテや二の腕などのお手入れに、エステに通う人も多いと思います。

結婚式の日にベストなコンディションに整えるため、お手伝いするのがブライダルエステティシャンの仕事。肌のケアのほか、メイクのりをよくするために、うぶ毛のシェービングも行います。

ブライダル業界に就職するためには、どうすればいい?

憧れる人も多いブライダル業界。特にウエディングプランナーや衣装・メイクの仕事は人気の職業で狭き門です。

これらの仕事を目指す人は、ブライダルの専門学校が多数ありますので、まずはそこに通って必要な知識の習得や実習を経てから、就職する人が多いようです。また、特定の検定を受験したいのなら、通信講座で勉強するという方法もあります。

カメラマンやエステティシャン、音響・照明やフラワーコーディネーターなどの専門性の高い仕事は、ブライダル業界の学校というより、写真や映像、音響や美容、園芸などの専門学校などに通い技術を習得するか、企業に入ってアシスタントとして経験を積んでから、仕事をする人が多いようです。

やりがいのあるブライダル業界で、あなたの夢を叶えよう!

いかがでしたか?ブライダルの業界はいずれの仕事も専門性が高く、また高い接客技術も求められるプロフェッショナルな仕事です。

その分、人生の大切なイベントを新郎新婦とともに作り上げていくやりがいはひとしお。忙しくても目指す人が多いのもうなずけます。

ブライダル業界を目指すなら、まずは何になりたいのか職種を絞ってから、それに応じた専門の勉強を重ねることが近道になりそうです。

競争率は高いですが、直接新郎新婦と接する機会も多く、相手に努力が伝わりやすい業界でもあるので、頑張って夢を叶えてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る