転職の時に不安を感じる…転職活動中の不安を解消する考え方


昔は一度就職した企業に定年まで勤めるのが普通でした。しかし、今は多くの人が人生の選択として、転職を考えるような時代となっています。

昔に比べて転職は身近な選択の一つとなっています。それ故に、転職に関する不安を抱える人がたくさんいるのです。不安を感じる理由は人それぞれ違います。

同じ企業の、同じ部署で働いていても、全く違う理由から不安を感じ、転職を考える場合だってあるのです。

転職に不安を感じた時は、一体どうすればいいのでしょうか。転職の必要性を確かめたい時、チェックすべき内容や、転職の不安と向き合う為の対処法を解説します。


転職をしたいけど不安を感じる。そんな時は転職の必要性を確かめよう

転職を考えた時、まず感じる不安として『こんな理由で転職していいのだろうか』という不安です。転職そのものに対する不安感ですね。この不安に囚われた時は、それぞれの場合に応じたケースを参考にすると良い判断ができるようになります。

転職をしない方が良い場合

まずは、転職をしない方が良い場合はどの様な場合なのか、という事を説明していきます。

以下の内容に思い当たる場合は、転職の選択は見送り、それぞれの問題を今の職場で対処する事から始めてみて下さい。

  • 現在感じている不満を解消する対策をしていない
  • 今後やりたい事が分からない、特に無い
  • 現在、自分のやりたい仕事が出来ている

現在の職場に何らかの不満や不安を感じている場合は、まずは自分にそれが対処できるかを考えてみましょう。仕事をしていれば何かしらの不満や不安は出てくるものです。

些細な不満や不安なら、誰かに話すだけで解消できてしまう場合もあります。

不満や不安の理由が明確に分かるなら、転職をする前にそれを解消できるか挑戦してみましょう。自分にできそうな事が原因なら、まずはそれを何とかした後に、改めて転職について考えてみて下さい。

  • 今後やりたい事が見つからない場合
  • 特にやりたい事が無い場合

に転職をすると、後悔する可能性が高いです。

明確な理由がないまま転職すると、目的が決まっていない状態で転職活動を始める事になります。

この状態での転職は、

  • 自分と相性の良い企業を見つけにくい
  • 明確に目標を持って転職活動している人と比べると、見劣りする

といったデメリットがあります。

転職をしたいなら、せめて自分が次にやりたい事を具体的に考え、決めてから行うようにしましょう。

自分のやりたい事、やりたかった事を仕事にしている場合でも、転職を考える場合があります。やりたい仕事だからこそ、壁に突き当たるととても辛く感じてしまうものだからです。この壁から逃れたくて転職を考える、という人もいます。

しかし、壁から逃げるような形で転職をすると、後で『やっぱり元の仕事がしたい!』と思う場合もあります。実際、別業種に一度就いてからやりたい業種にまた転職の形で戻ろうとする人もたくさんいます。

そうした人の中には、

  • 別業種についていた時間の分、ブランクがある
  • 中途半端についた技術のせいで、かえって仕事がしにくい状態になる

等により、転職する前よりも大きな壁にぶち当たってしまっている人もいるのです。

こうなってしまうと、転職した事に対する後悔もより強くなります。現在自分やりたい仕事、やりたかった仕事をしていて、問題にぶつかっている状態なら、その問題を乗り越えようとする事から始めてみて下さい。

転職をした方が良い場合

転職をしない方が良い場合の条件を満たしている人でも、転職をした方が良いケースに当てはまっている場合もあります。

  • 働いている職場がブラック企業
  • どうしても仕事内容が自分に合っていない
  • 職場の人間関係が最悪の状態

働いている企業がブラック企業で、

  • 休みを取れない
  • サービス残業をさせられる
  • セクハラ、パワハラの被害を受けている

等の場合は、自分のみを守る為にも転職を考えましょう。

たとえその仕事が自分のやりたかった仕事や、適性のある仕事でも、ブラック企業で働いていては、悪い影響を受けてしまいます。別の、ブラックで無い企業への転職を検討して下さい。

仕事は実際に働いてみないと分からない事があります。働いてみて、明らかに自分の適性や性格に合っていない仕事なら、転職を考えましょう。この場合は、まずは自分に向いている仕事は何かをよく考えてから転職するようにして下さい。

  • 自分のやりたかった仕事に就いている
  • 自分の適性に合った仕事が出来ている

といった場合でも、人間関係が良くない職場なら、転職を考えてもいいでしょう。

  • いじめがある
  • 上司のひいきがひどくて正当な評価をされない
  • 働いている人同士のいさかいが絶えない

といった職場では、良い仕事をするのは難しいです。

  • 自分と馬の合う人がいない
  • 仕事や自分の生活に被害が出ている

といった場合はもちろん、自分は直接被害を受けていないが、空気の悪さで強いストレスを感じている、といった場合も、転職を考えていいでしょう。

転職活動中、不安を感じた時に役立つ対処法

転職をするかどうかだけでなく、転職を決め、活動している時にも不安は感じるものです。そうした不安を解消する対処法を紹介しますので、参考にして下さい。

思い切って聞いてしまう

転職先の企業に対する不安を感じる、という人はたくさんいます。

  • 職場の人間関係
  • 残業の有無や時間
  • 福利厚生

等、実際に働いた経験があるからこそ、気になる点も増えていきますから、当たり前の事です。

転職先の企業に疑問や不安を感じたら、

  • 求人への質問メールや応募メール
  • 面接中
  • 内定期間中

等に思い切って聞いてみましょう。

転職後、

  • 不安に思っていたことが的中した
  • 転職先の企業との思い違いや勘違いが判明した

となると、自分も転職先の企業も嫌な思いをしてしまいます。

不安や思い違いは、内容によっては大きなトラブルに発展する可能性のある要素です。

気になったり不安になったりしたら、思い切って聞いてみましょう。企業側としても、そうした点をクリアにした状態で応募・入社してくれた方がありがたいのです。

考えすぎは不安を増やす原因に

転職活動中は『これで本当によかったんだろうか』という考えがつきまといます。この考えは転職先の企業でうまく働けるようにならない限り、ずっとついてきます。

不安がある状態で感が過ぎると、考えが不安感に引きずられてしまいます。そうなると、誤った考えや判断をしてしまいかねません。不安が強い時は、考えすぎない事も大切です。転職先に確認できることは、考えずにまずは確認してみましょう。

  • 確認しても確証が持てない
  • 不安感がぬぐえない
  • 確認できないような内容で不安を感じている

といった場合は、不安なことについて考えすぎないよう気を付けましょう。

不安を感じたら、

  • 不安を感じた内容の対策を考える
  • 気分転換をしてから考えるようにする

といった方法を取りましょう。考えすぎを防止できます。

転職は不安が付き物。少しでも感じたら対処しよう

転職には不安はつきものです。転職を考えた時や転職活動をしている時は、対処できる不安は正しく対処し、出来ない不安はそれと上手く付き合いながら過ごすようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る