電話面接にはコツがいる。コツを押さえた準備と対策方法

転職する人や中途採用者の為の面接をする際、電話で面接を行う場合があります。電話面接はお互いの耳が頼りとなる為、通常の面接と評価される部分が違います。また、電話面接ならではのチェックポイントもあるのです。

電話面接は通常の面接とは違いますが、コツさえつかめれば突破できるようになります。コツをつかんでどこまで対策ができるかが、電話面接の結果を分けるポイントなのです。

電話面接は準備と対策がコツであり、結果を決めます。最低限でもしておくべき準備と、対策方法を解説しますので、これから電話面接を控えている人はもちろん、転職活動を始めようとしている人は、ぜひご覧下さい。

電話面接は意外と準備が大切。最低限でもしてほしい準備

電話面接は通常の面接とは違い、服装等の準備がいりません。しかし、全く準備が不要、という訳でもないのです。電話面接をする際は、以下の準備は最低限行っておくようにしましょう。

電話をかける際の場所選び

電話面接は電話で会話をする事で面接を行います。

その為、

  • 電波が途切れやすい場所
  • 周りが騒がしい場所

で面接を受けてしまうと、会話が上手くいかずに不合格となってしまうのです。

これを避けるには、

  • 電波の繋がりが良好である
  • 周りが静かで、電話での会話がしやすい

という2つの条件を揃えた場所を確保しなくてはなりません。

基本的に、自宅で受ける場合なら問題ない事が多いですが、

  • 自宅が条件を満たさない場合
  • 自分や応募先の都合から、自宅での電話が困難な場合

は、それ以外の場所でこれらの条件を満たす所を先に見つけておき、面接を受ける際はその場所で受けるようにしましょう。

最低限、筆記用具は用意しておこう

電話面接には服装などの準備は必要ありません。が、最低限でも、筆記用具は用意しておきましょう。

面接時、

  • 面接を担当してくれた人の名前
  • 役員等重要な役職についている人の名前や役職
  • 質問とその答え
  • 面接中気になった事
  • 次回選考の日時や場所

等、メモした方が良い内容はたくさんあります。

電話面接では、面接中にメモを取っていても怒られる事はありません。積極的にメモを取っておきましょう。

電話で伝わりやすい声を出せるようにしておこう

電話面接は声が印象のほぼ全てを占めます。

  • 聞き取れない程小さい声
  • 何を言っているか不明瞭な発音

は、マイナスイメージを作る原因です。

電話面接をしている間は、明るく、はっきりと分かりやすい声でしゃべる様に心がけましょう。声のトーンを高めにし、はっきりと発音するようにして下さい。

電話面接を受ける時の注意点とその対策方法を身に付けておこう

電話面接を受ける時、注意点を知りそれについて対策をしておく必要があります。注意点と対策方法を解説しますので、電話面接を受ける際は参考にして下さい。

電話マナーを今一度確認

電話面接では、社会人としての電話マナーを細かくチェックされます。面接を受ける前に、電話に関するビジネスマナーをチェックしましょう。自分が普段から正しく対応できているかどうかを見直しておくと対策になります。

最低限の準備として紹介した、

  • 電話で会話しやすい場所で会話する
  • 電話で聞き取りやすい声や発音を心がける

といった事も、マナーの一つになります。

電話のビジネスマナーは

  • かける場所
  • かけ方
  • 電話での言葉遣い
  • 電話を切る時のマナー

等、チェックする時のポイントがたくさんあります。

それぞれの項目を一気にチェックし、改善するのは難しいです。電話面接までに時間があるようなら、電話面接の練習を行っておく事をおすすめします。

沈黙は危険。質問対策をしておこう

電話面接において、沈黙は確実にマイナス評価をされてしまう要因です。質問をされたのに何も言えない、という事態は防がなくてはなりません。沈黙を防ぐ為にもよくある質問はあらかじめ答えを準備しておきましょう。

電話面接の質問内容は、通常の面接とほぼ同じです。

  • 転職(退職)理由
  • 志望動機
  • 自分の長所と短所
  • 自己PR

等は最低限考えておくようにして下さい。

この他にも、面接で聞かれる事となる質問はたくさんあります。できるだけ多くの質問とその答えを用意しておきましょう。

対策に加えて、沈黙を防ぐテクニックを習得しておく事も有効です。

  • しゃべる時に「えー」等の声を入れる
  • 質問と答えをまとめたメモを手元に用意しておく

テクニック自体はとても簡単ですが、どれも沈黙を防ぐ効果があります。

質問に答える前に声を出すと、間を持たせる事ができます。間を持たせるような発言をしておくと、面接官が答えを聞くまでに感じる時間を、短めに感じさせる効果があります。

ただ、

  • 答えが出るまで声を出し続ける
  • 「えー」「まあ」等を多用する

と、相手をイライラさせてしまう可能性もあります。あくまでも自然に感じられる範囲内での使用を心がけて下さい。

電話面接では手元に何か持ちながら面接を受けても相手には見えません。その為、質問対策のメモを持っていてもそれによってマイナス評価を受ける事は無いのです。

ただ、

  • 明らかに何かを見ながら読んでいる事が分かるような読み方
  • メモの内容をそのまま読む棒読み

は避けましょう。

メモを読みながら答えている事が分からないように、自然な声と話し方をするようにして下さい。これが苦手な人は、面接前に練習して自然に話せるようになっておきましょう。

答えは端的に、必要最低限を心がけて

電話で

  • ダラダラとした話し方
  • 結論が見えない長話

を聞かされると、顔を見ながら話している時よりもイライラしやすいものです。

電話面接でもこれは変わりません。電話面接の時は、簡潔に、必要最低限の事を答えるようにしましょう。

会話の具体的な流れとしては、

  1. 質問をされる
  2. 端的に結論を述べ、その後必要ならその理由を話す

というのを繰り返し行うのが電話面接での流れとなります。

この流れを守る為にも、質問対策は重要です。質問対策として答えを作成する時は、簡潔な内容を心がけて下さい。

電話面接は普通の面接とほぼ同じ。対策はしっかりしておこう

電話面接は相手の姿が見えない以外は、ほとんど同じです。対策をしっかりしておけば、面接を受けた時に困った事態になるのをある程度防ぐ事ができます。対策をしっかり行ってから面接に挑むようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る