合わない同期との付き合い方を学ぼう!今日からできる対処法

会社に入社すると、同期と関わる機会が必ずあります。社会は学校とは違い、同じ目標や目的をもって働く訳ではありませんから、一口に同期といっても、様々な関係ができます。

その様な環境だと、どうしても性格が合わない同期がいるのは仕方のない事です。出来れば仲良くしたいですが、上手くいかない、と感じている人も多いかと思います。

会社に合わない同期がいる時は、一体どういう対処を取るべきなのでしょうか。

今回は、会社の同期と気が合わない場合、どうしたらいいのかという事をテーマに、自分と合わない人と一緒に仕事をする対処法を解説していきます。

一口に『合わない』といっても、

  • 性格が苦手
  • 実際に仕事や私生活に支障が出るレベルの嫌がらせをしてくる

等、合わない理由や程度には違いがあり、場合によっては第三者の手や目を借りる必要がある場合もあります。

今回は、実害がある場合の対処法についても触れていきますので、そうした合わない人に困っている方も、ぜひご覧下さい。


同期だって人間。合わない事は当たり前と思おう

会社で働いている自分はもちろん、一緒に働いている同期も普通の人間であることは変わりません。まずは必要以上に意識しないよう、基本の付き合い方を学んでおきましょう。

同期と合わない事はよくある事

気の合わない同期がいる、というのは、いつの時代にもあった悩みです。会社は学校とは違い、全国化から様々な事情の人が集まって仕事をしているのですから、自分と気の合わない人がいるのも、ある意味自然な事です。

気が合わない同期がいると、どうしても気が滅入ってしまいますが、どうしようもない事なのです。よくある事なのだと割り切りましょう。

気の合わない同期に集中する余り、仕事を失敗するような事になっては、貴方の評価が下がってしまいます。そうなるのはちょっともったいないですよね。

仕事上の付き合いと割り切ろう

では、気の合わない同期とは、どの様な付き合い方をすればいいのでしょうか。

同期とは、あくまで仕事上の付き合いです。仕事から離れてしまえば、付き合う必要はありません。個人的に友人や恋人でない限り、プライベートにおいては全く関係ない人なのです。

同期と気が合わない理由は人や関係によって様々な理由がありますが、その全てに対応できる対処法に、付き合いを仕事上のみに徹底するという方法があります。

仕事以外では関わらない関係という事は、仕事上必要な付き合いだけをしていればいいという事でもあります。そう考えると、気が楽になるのではないでしょうか。

会社は友人を作りに来る場所ではなく、仕事をする場所です。仕事に問題が無ければ何も言われません。気が合わない同期とは、仕事以外では関わらないようにしましょう。

合わない同期のせいで仕事の影響が…。そんな時の対処法

同期と気が合わないという理由の中には、仕事に支障をきたしてくるというものもあります。ただ性格が気に入らないというだけなら、こちらから距離を置けばいいですが、こうなるとそうはいきません。

合わない同期のせいで仕事に影響がある場合は、以下の対処法を試してみて下さい。

付き合いを仕事上最低限にする

先程紹介した『付き合いを仕事上のみにする』という対処法の条件を、もっと狭めた方法です。

仕事でしなくてはならない会話や作業を最低限出来る程度に、関わり合いを減らすのです。これにより、合わない同期と仕事をするストレスを最小限に抑えられます。仕事以外の会話や付き合いはすべて断るようにして下さい。

気が合わない、という事にも度合いがあります。それが仕事にも影響を与えるレベルなら、出来るだけ相手との接触を避けなくてはなりません。仕事をする上で必要な関わり合い以外は全て断るようにしましょう。

チームや仕事を第一優先にする

  • 同じ部署で仕事をする
  • チームや部署の関係上、あからさまな態度が取れない

という場合は、部署やチームでの仕事に注目するようにしましょう。

合わない同期がいるとどうしても意識がそちらに向かいがちですが、それをあえて他の所に反らすのです。

合わない同期個人としてみるのではなく、

  • チームのメンバー
  • 同じ部署で働く人

位の認識をしておきます。

仕事中はチームや部署の仕事を優先するようにし、合わない同期に関する事は、二の次にして下さい。合わない同期が足を引っ張る等した時は、他のチームや部署の人にカバーしてもらいましょう。

ひどい場合は上司に相談を

同期と合わない、と一言に行っても、場合によっては深刻な状況になっている事もあります。

  • パワハラ
  • セクハラ
  • いじめ
  • 仕事の妨害

等、仕事をしていく事が難しいレベルでの嫌がらせや、それに近い行為をされている場合もあるのです。

この様な場合は、上司に相談して下さい。自分一人で解決しようとするのではなく、第三者の力を借り、出来るだけ早く対処するようにしましょう。

悪質な人になると『迷惑だけど実害が出ているレベルではない』という、微妙なラインでの嫌がらせをしてくる場合もあります。この様な場合、被害を訴えてもいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

この様な場合は、

  • 誰が何と言おうと、自分にとって迷惑な行為をされているか
  • 仕事に悪影響が出ているか

を判断基準にして下さい。

周りの人や、合わない同期の言動に問題が無いとされていても、この2つのどちらかを満たしている場合は、悪質な嫌がらせを受けているのと変わりません。

合わない同期の中でも悪質なケースは、早めの対処をしないと行動がエスカレートしがちです。

嫌がらせを受けるようになった場合は、

  • 嫌がらせをされた時に、きっぱりとやめて欲しいと伝える
  • 嫌がらせの内容や証拠をメモや写真で取っておく

といった対策を取るようにして下さい。

同期と合わなくても仕事はできる。対処法を身につけて平和に過ごそう

合わない同期の事を意識しすぎると、本来なら仕事やプライベートで使える思考や精神を消耗してしまいます。これは少しもったいないです。

会社は仕事が出来れば問題の無い場所です。合わない同期がいても、対処法を身につければ問題なく仕事はこなせます。合わない同期との付き合い方や対処法を身につけて、平和な気持ちで過ごせるように頑張りましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る