同僚の意味って意外と広い!似た言葉についても解説します!

普段会社で働いていると、立場等の言葉を何気なく使う事が多くなります。自分や、一緒に働いている人を紹介したり、ほかの人に自分の職場の事を話したりする時、自然とそうした言葉を使います。

そんな何気ない言葉の一つに『同僚』という言葉がありますね。自分と同じ立場で働く人に対して使う事が多い言葉です。実は、この同僚という言葉、意外と広い意味のある言葉だという事を知っていますか?

同僚に限らず、立場を表す言葉はお互いの意味が被っていたり、似たような意味があったりするのです。ややこしいですが、正しく使いこなせないと相手に不快感を与えてしまう事もあります。

今回は『同僚』という言葉の意味と、それと似た言葉について解説します。併せて、社内の人に対する呼び方について、注意した方がいいポイントも紹介していきます。ぜひご覧下さい。

同僚の意味と、似た言葉の意味を知ろう

同僚という言葉は、会社で働いていれば自然と使う言葉です。この同僚という言葉、そもそもどういった意味なのでしょうか。また、よく似た言葉である同期や、同じ位使う言葉である先輩についても解説します。

同僚とは『同じ職場の、同じ地位の人』という意味

実は、同僚という言葉には2つの意味があります。

  • 同じ職業に就いている人
  • 同じ会社で働いていて、同じ地位に付いている人

という意味です。

これは、同僚という言葉には

  • 本来の意味
  • 日常で使われ始めてから発生した意味

の2つの意味がある為です。

本来の意味は『同じ職業に就いている人』という意味ですが、実際に日常では『同じ会社で働いていて、同じ地位の人』という意味で使われています。

本来の意味では、職業上の立場も、入社した順番も関係なく『同僚』となるのですが、実際に使われている意味の方が浸透している為、上司や先輩を同僚、という事はあまり無いのです。

とはいえ、

  • 言葉を使う場
  • 雰囲気
  • 形式

によっては、本来の意味を使った方が良い場合もあります。

同僚という言葉に込められた二つの意味は、正しく理解しておき、使用する場によって表現を使い分けられるようにしておいた方がいいでしょう。

では、同期はどういう意味なの?

同僚と同じ位使われる言葉に『同期』というものがあります。これは『入学・卒業・入社が同じ年である人』を指す言葉です。会社の場合は、入社した時期が同じ人、というのが当てはまります。

同僚とほとんど同じような意味に感じますが、微妙な違いがあるのです。

とてもややこしいですが、

  • その場の雰囲気
  • 会話に必要な情報

によって、同僚と同期は使い分けられる、と覚えておいて下さい。

同僚と同期の意味を正しく理解しておくと、自分との人間関係を説明する時に、よりお互いの関係を明確に説明できるようになります。どちらの意味も正しく理解して、適切な時に使い分けられるようになりましょう。

因みに、先輩の意味は

因みに、同僚ではあるが同期では無い『先輩』についてです。実は、この先輩にも2つの意味があるのです。

  • 経験や年齢、地位や芸事等で自分よりも上の立場にいる人
  • 同じ学校や会社、勤務地等に自分よりも先に入った人

の2つです。

会社での先輩は、2つ目の意味に当たります。1つ目の意味の中に、年齢の上下も含まれているので少し複雑ですが、会社の場合は年齢が下の人でも、自分よりも早く入社していればその人は先輩になるのです。

  • 同僚
  • 同期
  • 先輩

それぞれ意味が一部かぶっている所があり、ややこしいですが、それぞれの意味を正しく理解して使いこなせるようになりましょう。

社内での役目や立場の呼び方で、注意してほしいポイント

同僚をはじめとした、会社での立場を表す言葉はとてもややこしいです。これらの言葉を使う時は、以下のポイントに注意して使うようにしましょう。

年齢が上でも下でも、立場は変わらない

  • 同僚
  • 同期
  • 先輩

それぞれの意味、特に会社内での意味を見てみると、共通点が見つかります。

それは、年齢は関係ないという事です。

先輩の意味には年齢が関係しているので、少しややこしいですが、会社内で先輩を使う場合の意味を見てみると、そこには年齢に関する記載がない事が分かるでしょう。

会社の立場と、それを表す呼び名の中では、年齢は関係ないのです。年上でも同じ立場であれば同僚、同じ時期に入社すれば同僚になります。自分の方が早く入社していれば、自分が先輩になります。

これは自分よりも年下の上司や、先輩でも同じです。年齢の上下を気にし過ぎていると、いざという時に不適切な表現をしてしまう可能性があります。年齢がどうであるかに囚われずに、会社内での立場を優先して考えるようにして下さい。

使い分けはシチュエーションで決めよう

言葉は意味だけが重要な訳ではありません。言葉を使うシチュエーションも、その言葉が適切に使われているかどうかの判断材料となります。

例えば、同僚という言葉には2つの意味があります。この意味も、本来の意味を使うべきか、日常で使われている方の意味を使うか、その場によって判断しなくてはならないのです。

また、『もとは同期や後輩だったが、出世して上司になった人』の様に、説明するのに少し複雑な立場の人もいます。

この様な場合は、

  • 仕事やそれに関連した場所では上司として紹介し、接する
  • プライベートな関係では、同僚や同期のように紹介し、接する

といった形で、場に合わせて言葉も使い分けなくてはなりません。

この使い分けができない時も、周りを不快にしてしまう場合があるので、注意して下さい。

立場を表す言葉は言葉そのものの意味だけでなく、使用する環境やタイミングによっても、使い方を選ばなくてはならないという事を、忘れないようにしましょう。

同僚の意味を正しく理解し、使いこなそう

同僚をはじめとした、立場を表す言葉は使い方が意外と難しい言葉です。だからこそ、意味を正しく理解し、適切な使い方を心がけたいものですね。

こちらで紹介した言葉以外にも、立場を表す言葉はたくさんあります。簡単にでもいいので、ある程度意味を理解しておくと言い間違いを防止できます。

適切な言葉遣いについては、専門のマナー本も多数販売されているので、そうした本を活用するのもいいですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る