営業が向いていないのはこんな人。克服する方法もある!

世の中にはさまざまな種類の営業職が数多くあります。商品やサービスの魅力を伝え、それを購入してもらうには、コミュニケーションスキルが重要ですね。

相手に好印象を持ってもらうことが大切な営業は、会話の進め方だけでなく、立ち居振る舞いや雰囲気なども、営業としては気にしなければなりません。

同じ商品を同じように販売しているのに、結果に差が出る、ということはよくあることです。その違いは何か?営業職で結果が出せない人にとって、それは非常に気になることでしょう。

人には向き不向きがあります。特に営業職はそれが出やすい職業とも言えるでしょう。営業が向いていない人には、どういった特徴があるのか、まとめてみました。


常識がない人は営業ができない。営業が向いていない人の特徴

営業職といっても販売方法や商品などはさまざまですが、必要とされるスキルは基本的には同じものです。結果を出せない場合、営業職は向いていないかもしれません。営業が向いていない人の特徴を見ていきましょう。

人とのコミュニケーションが取れない

コミュニケーションとは、自分の言いたいことや伝えたいことを、相手に理解してもらうと同時に、相手の言葉を理解し対応することです。自分ではコミュニケーションが取れているつもりでも、一方通行であることも。コミュニケーションが取れない人、というのは、

  • 気持ちよく、明るく挨拶ができない
  • 相手からの質問に適確に答えられない
  • 困ると黙ってしまう
  • 気に入らないことがあると顔に出やすい
  • 伝えたいことが違った形で受け止められてしまう

などといった特徴があります。

プライドが高く、完璧を求める

相手に頭を下げることは営業において日常茶飯事のことです。例え、相手が悪くても、不条理なことを言われても、一度は受け入れなければならないことも多いでしょう。

営業の仕事は、自分本位で進められるものではなく、相手の都合に合わせるもの。どんなに完璧に予定を立てても、それが成立しないことも少なくありません。

もちろん、営業として相手のためになる意見を伝えることは必要です。しかし、まずは相手の意向や意見が優先されるのが常です。それに耐えられなければ、営業はできないでしょう。

結果が出ないことを人のせいにする

結果が出せないことに対して、その原因を振り返ることで自分が成長し、営業としても成果を挙げることにつながります。しかし、自分のことを棚に上げ、結果が出ないことをほかのせいにする人は成果を出すまでに至らないでしょう。

  • 会社の知名度が低いから
  • 商品が悪いから
  • 値段が高いから
  • 自分の担当している相手が悪いから

などと思っている人は営業に向いていないかもしれません。

相手の気持ちや立場に立てない

細やかな配慮は営業にとって大切なことです。それができる人というのは、相手の立場や気持ちになれる人。今、自分は何を言えばいいのか、または言ってはいけないのか、を敏感に感じ取れないと、相手を満足させることもできず、信頼を勝ち取ることもできないでしょう。

自分は相手から何を求められているのか?を把握できないと、仕事になりません。相手の気持ちになれないということは、空気を読めないということでもあり、チャンスを逃してしまうのです。

商品や自分自身に自信がない

営業は相手に自社の商品やサービスを魅力的に思ってもらうことが必要です。売り込むものに自信がなかったり、自分自身に自信がなかったりすれば、それが相手に伝わります。

自信を持っていないと、相手に痛い所をつかれたり、マイナスな面を指摘されたりすると、それを覆すことができません。それでは商品を買ってもらうことはできないでしょう。

クレームや断られることにストレスを感じる

飛び込み営業の場合は、アポイントメントを取るだけでも大変で、話しを聞いてもらえても、結果につながるとは限りません。いい感じだったのに断らわれる、ということもよくあること。

さらに、商品やサービスに関するクレームも営業が引き受けなければなりません。怒られたり、嫌味を言われたりすることも多い仕事です。

それに対していちいち落ち込み、立ち上がるのも時間がかかっていては、前に進むことができません。常に心が重い状態なら、営業は向いていないでしょう。

時間や約束を守れない

営業職は信頼関係が重要です。「この人が言うことなら信用しても大丈夫」と思ってもらうことが大事。相手の信頼を得るには、約束事を守るのは最低限のルールです。

  • 約束の時間に遅刻することが多い
  • 予定の変更が多い
  • 頼まれたことを期日通りにやらない
  • 昨日と今日で言っていることが違う

などといったことが多い人は、信頼を失ってしまうでしょう。

“営業が向いていない自分”を克服する方法

営業職は募集も多く、やりがいもある仕事です。つらいことが多い分、成果を挙げた時の喜びも大きいでしょう。営業職は向いていない、と感じているなら、克服する努力をしてみましょう。

営業が向いていないと感じる理由を再確認

営業が向いていない、と感じている理由を考えてみましょう。自分の

  • 発言
  • 行動
  • 服装などの見た目

を客観的に確認すること。改善すべき点を見つけなければ、改善することはできません。営業職としてやっていること、やっていないこと、をチェックしてみましょう。

▼営業の雑談のコツについてはコチラを参考にしてください!

営業での雑談のコツ

営業として最低限できることをする

まずはできることから始めてみましょう。明るく元気に挨拶をするだけでも変わります。約束は小さなことでも必ず守る、という意識を高めるだけでも、自分が変わっていくのを実感できるでしょう。

適した仕事を見つけるため転職を考える

どうしてもできない、気持ちが沈む、という場合は、諦めることも必要です。心や体を壊してしまう前に、違った道を見つけるのも一つの方法です。もっと違った、自分に合った職業があるのかもしれません。前向きにとらえて意識を変えてみましょう。

コミュニケーションが取れない人は営業職に向いていない

営業職は相手とのコミュニケーションがうまく取れないと、なかなか成果を挙げることはできない仕事です。理不尽なことを言われたり、無理難題を頼まれたりすることもあるでしょう。そういった問題をていねいに解決していく能力も必要です。

営業をしていて結果が出ない、という場合、営業としてやるべきことをしていない可能性があります。それをしない、もしくはできない、という人は営業職に向いていないのかもしれません。

向いていなくても努力をすることで克服することももちろんできます。すべては自分の意識次第です。

ただし、人には向いていないこと、というものもあります。適職は他にある可能性もあります。心や体に負担がかかる場合は、新しい道を選択するのも一つの方法です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る