営業の仕事内容を知ろう!メリットとデメリットも解説

求人を眺めていると、たくさんの仕事を目にします。営業職も、その一つです。内容を詳しく読んでみると、様々な業種で営業職の人を求めている事が分かります。

この「営業」という仕事は、一体何をする仕事なのでしょうか。求人がたくさんでている分、耳にした事のある人は多いかと思いますが、それそのものについて詳しく知っている人は、意外と少ないです。

そこで、営業という仕事がどの様な仕事なのか、メリットやデメリットは何なのか、といった、営業職に関する基礎的な知識をまとめました。

営業という仕事について知りたい人はもちろん、営業という仕事に自分が向いているかを判断したい人にも、役立つ内容となっています。ぜひご覧下さい。


営業とは自社製品を販売し、利益を出していく仕事

営業職は様々な業種に存在しています。製品を取り扱い、販売する仕事にあれば、サービス業等、製品として扱う物が無い仕事にもある場合があります。たくさんの業種に関係しているからこそ、具体的な内容が分かりにくい仕事なのです。

まずは、営業という仕事がどの様な仕事なのかについて解説していきます。

営業の主な仕事内容

会社は様々な物を取り扱っています。

  • 製品
  • 技術
  • サービス

等、形ある物からそうでないものまで、本当に様々な物を売り買いしたり、提供したりして利益を出しているのです。

営業は企業が売り出している製品やサービス等を多くの人に知らせ、それを利用してもらう事で利益を生み出す仕事です。

具体的には、

  • 顧客へ製品やサービス等を紹介する
  • 商品やサービスの見積もりを出す
  • 商品やサービスのプレゼンテーション
  • 商品やサービスを購入する時の手続き
  • 商品やサービスを渡す前後のフォロー
  • 納品後の料金の集金や入金確認

等が主な仕事です。

仕事によっては、

  • 自分の会社が開くイベント等の手伝い
  • お得意様との付き合い
  • 営業活動やプレゼンテーションの資料作り
  • 季節や商品購入の際のお礼

等も行う事があります。

また、製品やサービスのアフターフォローをする関係から、

  • 商品やサービスの不備対応
  • クレームが来た時の処理対応

等も行う事が多いです。

営業と一言で言っても、取り扱う製品やサービスによって、仕事内容や顧客となる対象がそれぞれ違います。同じ会社の同じ部署の人でも、仕事内容に細かな違いが生まれている事もあるのです。

必要なスキルと身に付く力

営業の仕事に必要なスキルと身に付く力は一緒です。

どの業種の営業でも、一番必要な力となるのがコミュニケーション能力です。

  • 相手の思いやニーズを引き出すヒアリング力
  • 自社製品やサービスを分かりやすく伝えるプレゼン力

この2つの力が営業には必要とされています。

営業は顧客に商品やサービスを必要と思ってもらわないといけません。ただ自社製品をプレゼンするのではなく、

  • 相手が自社製品やサービスについて、どういう風に考えているか
  • 相手に困っている事や欲しい物は無いか

といった、顧客の気持ちや要望を感知し、それに沿った営業活動をしなくてはなりません。その為、営業を続けていると、相手の気持ちを察知する能力が身に付くようになります。

また、限られた時間の中で自社製品やサービスを説明する機会がたくさんある為、自然と分かりやすく商品の魅力を説明できるようになります。これにより、簡潔に物事を説明できる力が付くのです。

この他、企業によって細かな違いがありますが、

  • 好感を持ってもらいやすい身だしなみを作る力
  • 相手に良い印象を与えるビジネスマナー
  • 情報収集能力

等が身に付く事もあります。

転職はしやすい?

他の仕事に比べて、別業種からの転職がしやすいのも、営業の特徴です。

  • 未経験OK
  • 必要資格取得の補助

等も充実しており、他の業種に比べれば入りやすいといえます。

営業職からの転職だと、

  • マネジメント職への就職
  • 独立し、個人事業主となる

といった形が多いです。

もちろん、転職をせずに、企業の中で営業としての地位を築き、昇格している人もたくさんいます。そういった人は、部下のマネジメントを主な仕事としている人が多いです。

営業のメリットとデメリットを知り、自分に向いているか分析しよう

他の業種とは変わった特徴のある営業ですが、メリットとデメリットにも営業ならではの特徴があります。これらの特徴を確認して、自分に営業職が向いているかどうか、判断してみましょう。

営業のメリット

営業職のメリットをまとめると、以下の様になります。

  • 売上が上がるといい事がある
  • 時間に融通が利く
  • 社内外の人達と華やかな付き合いができる

これに加えて、営業に必要なスキルが身に付く事も、メリットといえるでしょう。

営業は自分の売り上げ成績によって給与が決まる性質があります。その為、仕事を頑張れば頑張る程、高い給料をもらえるようになるのです。

ある程度の成績を収めると、

  • 表彰
  • 特別手当
  • 会社企画の特別イベントへの参加

等の恩恵を受けられる場合もあります。

営業は一度外回りに出れば、後は自分のペースで仕事をする事ができます。休憩や仕事時間を、ある程度調節できるのです。事務の様に、仕事や休憩の時間がある程度決まっている仕事だと辛いという人には、嬉しいメリットと言えます。

営業はコミュニケーションが求められる仕事です。その関係から、社内外の付き合いも華やかな付き合い方になりがちです。上手くいけば、社内外を問わない、広い人脈を築く事も可能です。

営業のデメリット

メリットの多い営業ですが、当然デメリットもあります。

  • ノルマがある
  • 業績に対して責任がある
  • 成績が悪い場合は活動時間に制限が生まれる事がある

等が、営業におけるデメリットです。

営業は一人が最低でもこなさなくてはならないノルマが決められています。

達成すれば恩恵を受けられる一方、達成できない場合は、

  • 上司等に責められる
  • 達成できない人を対象とした会議や研修

等を、達成できるようになるまで受けなくてはならなくなるのです。

また、営業の販売する製品やサービスによって、企業の業績は決まっていきます。企業の業績に対して、重い責任があるのです。責任の重い仕事が辛い人にとって、このデメリットは大きなものとなります。

成績が悪い場合はそれを改善しなくてはなりませんから、その改善によって時間が取られてしまう事も、デメリットと言えます。

良い成績を収めていれば自由にできる、という事は、それが出来ないと余計な制限が付いた状態で仕事をしなくてはならない、という事でもあるのです。

営業は色々あるけど、大まかな仕組みは一緒。興味があれば挑戦してみよう

営業の仕事は仕事内容や仕事の形態によって様々です。しかし、仕事の大まかな仕組みは一緒です。

営業に興味を持った人は、まずは自分が気になった企業や業種に、営業の求人があるか調べてみる所から始めてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る