「額面」と「手取り」の違い、知ってる?両者の違いを解説!

給料の話題や雇用契約等の時、耳にする事がある「額面」と「手取り」という言葉があります。

普段何気なく使っている言葉ですが、これらの正しい言葉の意味を知っていますか?

この、額面と手取りの意味を正しく理解しておかないと、お金の計画や雇用契約を決める時に、大変な思いをしたり、計画が大きく狂ってしまったり、してしまう事もあるのです。

また、額面や手取りには目安や計算方法も存在しています。これによって、自分の給料が多いか少ないかを判断できます。

覚えておくと便利な額面と手取り、その使われているシーンについて解説していきます。これから転職を考えている方や、自分の給料について考えようとしている方は、ぜひご覧下さい。


「額面」と「手取り」は違う。違いを正しく理解しよう

額面と手取りは同時に使われる事も多く、間違った覚え方をしている人もいます。まずは正しい意味を理解しましょう。併せて、手取り額の計算方法と目安についても解説します。

興味がある人は実際に自分の給与で計算してみましょう。

額面とは

額面とは、正確には額面給与と言います。

  • 基本給
  • 残業代
  • 各種手当
  • 交通費

等を合計した物の事です。

額面金額とも呼ばれる事があり、

  • 月収
  • 年収

という表現をされる場合、額面の金額が使われています。

求人広告で給与とされている場合も、多くの場合この額面金額を指しています。

額面は、もらえる給与の合計を指しています。その為、この中から引かれる金額については触れていません。

  • 住民税
  • 所得税
  • 保険料
  • 組合費
  • 積立金

等は、この額面金額から引かれる事になります。

税金や保険料はもらえる額面金額によって計算されますから、額面の金額が高いからといって、もらえる実際の金額が高いとは限りません。金額に惑わされないようにしましょう。

手取りとは

手取りは、額面金額から税金や保険料等、天引きされる金額が引かれた、実際にもらえる金額の事を指します。

手取りは人によって金額に違いがあります。

  • もらえる手当や費用の有無
  • 引かれる税金や保険料の金額

が人によって細かく違う為、同じ会社で働いていても、手取りが違う事もあります。

求人広告や年収について考えると、自然と額面金額に目が行きがちですが、実際はこの手取りがもらえるお金になります。

  • ライフスタイルの計画や見直し
  • 目標を決めた貯金

等は、この手取りで考えていく事になるのを、忘れないようにして下さい。

計算方法とおおよその目安

額面金額から手取りを計算する場合、手当や引かれる金額によって細かく違いがありますが、基本は以下の計算式を使います。

額面金額 - 税金や保険料等の控除額 = 手取り

税金や保険料はそれぞれ計算方法や、控除がある為、それを細かく計算していく必要があります。最近は手取り額を計算するアプリ等をもありますので、それを利用してみるのもオススメです。

また、手取り額の平均金額はありませんが、ある程度の目安は存在しています。大体、額面金額の80%~75%の額が手取りの目安です。

この目安を額面金額から割り出して、実際に自分がもらっている給料を比べてみれば、自分がどれだけ給料をもらっているのか、もらっている給料の額は適切なのかが分かります。

計算方法は、

額面金額 × 0.8又は0.75 =もらっている金額の手取り目安

となります。

手取り額を全て細かく計算していくのがのが面倒くさい、という人は、この目安の見比べから挑戦してみて下さい。

額面と手取りは雇用契約にも関係がある

額面と手取りは実際に働いている時はもちろん、雇用契約やそれに関する内容にも深く関わっています。額面と手取りの違いを正しく理解できると、これらの内容についても深く理解できるようになるのです。

平均賃金は基本額面での発表となっている

毎年発表されている平均賃金にも、額面と手取りが深く関係しています。平均賃金は、額面の金額が発表されています。つまり、働いていれば必ず引かれる保険料や税金は考慮されていない金額なのです。

平均賃金を満たしていても、その金額で生活できるか、というのは実は別問題なのです。平均賃金の発表があると「実際はこんなにもらえてない」という声が良く聞こえますが、それは平均賃金が額面で計算されている為です。

平均賃金だけを見て、求人広告を判断するのは危険です。

  • 時給や給与
  • 実際に働く時間

から、額面を計算し、そこから手取りの目安金額を計算すると、大体の手取り額が計算できます。

この計算で出した手取り額と実際に生活するのに必要な金額を比べて判断するようにして下さい。

雇用契約をする際はどちらの金額か確認しよう

雇用契約の金額は、実は2種類あります。

  • 額面契約での契約
  • 手取り金額での契約

の2つです。

実際にもらえる金額が大きいのは、もちろん手取り金額での契約です。

額面金額契約の場合、手取りの計算式は

契約の額面金額 – 税金や保険料の支払い額 = 手取り額

となり、実際に提示されている金額よりも、手取りは少なくなります。

手取り契約の場合、

契約の手取り額 + 税金や保険料の支払に必要な金額

となる為、年収もこちらの方が大きくなります。

手取り契約の場合、額面での金額もその分大きくなります。税金や保険料は毎月数万程度支払う金額となりますから、最終的に月収や年収にも大きな差が生まれるのです。

雇用契約をチェックする際は、どちらの金額で書かれているかを確認しましょう。もらえるお金を最優先にして仕事先を探す時は、手取り契約での契約ができる所を選ぶのがオススメです。

「額面」と「手取り」の違いは結構重要。違いを覚えておこう

額面と手取りの違いはかなり重要です。どちらの意味も正しく理解しておかないと、仕事探しの時や、雇用契約を結ぶ時に大きな損や誤解をしてしまう事が考えられます。違いを必ず覚えておきましょう。

また、額面から手取りを計算擦る方法や、目安となる金額のパーセントも覚えておきましょう。これは自分の給料について考える時はもちろん、お金に関係した発表や、調査結果を見る時にも役立ちます。

目の前の金額にばかり惑わされずに、どちらの意味で書かれている金額か、それで自分の生活をちゃんと支えられるのか考えるようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る