仕事が頑張れない事がつらい。そんな人に贈るやる気回復術

仕事をしたいのに頑張れない…。働いている女性なら、一度は経験した事のある気持ちですね。このような気持ちになってしまうと、1日中憂鬱な気持ちで過ごす羽目になってしまいます。

仕事を頑張れない気分を生み出す原因は、その人によって違います。精神的な理由がある人もいれば、肉体的な部分に原因があって、その様な気持ちが引き起こされている事もあるのです。

仕事を頑張れない理由を知れば、自分がどの様な状態になっているかも分かるようになります。それによって、仕事に対するモチベーションを回復させる事もできるのです。

今回は、仕事を頑張れない理由の探り方と、それに合わせたモチベーション回復術を紹介します。最近仕事に身が入らない、と悩んでいる方は、ぜひご覧下さい。


仕事が頑張れないのは、今まで頑張ってきたから

仕事を頑張れないのは、一体どうしてなのでしょうか。とりあえず言える事は、今まで頑張って仕事をこなしてきたからこそ、その様に感じる、という事です。

まずはこれまでの頑張りを認めてあげて、どうして頑張れないのかを考えてみましょう。

仕事を頑張れない、と悩むのは、今まで努力したからこそ

仕事を頑張れない、と悩む多くの人が忘れている事があります。それは、今まで仕事を頑張っていたという事実です。

仕事に力を入れず、適当にやっていたなら、この様な事で悩んだりしません。仕事を頑張れないと悩むという事は、今まで精一杯仕事に打ち込んでいた事の証拠なのです。

まずは、今まで仕事を頑張っていた自分を認めてあげましょう。これ以上頑張れない、という位仕事に力を注いでいた自分をほめてあげるのです。これだけでも、仕事に対するモチベーションをアップさせる事ができます。

仕事で頑張れない理由を探ろう

頑張っている自分を認めてあげても、仕事を頑張れない、モチベーションが上がらない場合もあります。そのような場合は、仕事を頑張れない理由があるはずです。その理由を明確にしてみましょう。

仕事を頑張れない理由は人それぞれ違いますが、多くの場合以下の2つが当てはまります。

  • 仕事に関係した悩み
  • プライベートで悩みや問題を抱えている

この2つの悩みのどちらかによって、仕事を頑張る気持ちが失われてしまうのです。

仕事に関した悩みの具体例としては、

  • 仕事内容に飽きている
  • 仕事がスムーズに進まない
  • 仕事が終わらない
  • 仕事でミスを連発した
  • 自分の希望する仕事じゃない
  • 職場環境に不満がある
  • 職場の人間関係が良くない

等が当てはまります。

プライベートの悩みの場合だと、

  • 友人や彼氏、家族と関係が上手くいっていない
  • 家族に問題があり、解決できない
  • お金等、普段の生活に関わる要素に不安がある
  • 精神的な問題を抱えている

等があります。

モチベーションがどうして回復しないのか考える際には、これらの問題が無いか確認してみましょう。メモに問題になりそうな事を箇条書きに書き出すだけでも、現状を理解するのに役立ちます。

一見問題になりそうにないような事でも、小さな問題が積み重なっていると、精神に負担を与えます。この様な小さな問題を明確にするだけでも、精神の負担を軽くできます。まずは自分の問題を明確化してみましょう。

理由が分からない場合は、他の原因がある場合も

問題を具体的にしても、

  • 仕事を頑張れない理由が見つからない
  • そもそも問題が無い

場合もあります。

この様な場合、精神的な原因ではなく、肉体的な原因が関係している可能性があります。

  • 肉体的な疲労
  • 病気
  • 怪我

等が原因で、仕事でミスを連発したり、モチベーションが低下したりする場合もあるのです。

精神的な原因で頑張れない理由が見つからない時は、肉体的な理由で頑張れない原因が無いか、探してみましょう。

  • 仕事の日程やシフトを見直して、無理をしていないか確認
  • 疲れが取れない日が続いていないか振り返る
  • 立ち眩みや熱等、明確な症状が出ていないか確認
  • 今までで病気や怪我をした記憶が無いか振り返る

この様に、肉体的に疲れるような環境にないか、普段と違う症状は無いかも忘れずに振り返ってみましょう。

仕事を頑張れない時に試してほしいモチベーション回復術

仕事を頑張れない時は、理由に沿ったモチベーション回復術が有効です。仕事が頑張れない理由は人によって違います。モチベーションの回復方法もそれによって違うものですが、ここでは多くの理由で役立つ回復方法を紹介します。

意識的に休みを取る

  • 仕事を頑張れない気持ちが強い時
  • 理由は特にないけど頑張るのが辛く感じる

という場合は、意識的に休みを取るのがおすすめです。

  • 仕事が忙しくない時等に、長めの休みを取る
  • お休みの日は休む事に集中し、仕事の事を考えないようにする
  • 「この時間は休む」と決めたら、体力回復やストレス発散に集中する

この様に、休む事を意識しながら休暇や休憩を取ると、仕事に対するモチベーションを回復できます。この方法は、仕事を頑張れない理由が明確な場合でも、モチベーションの応急処置として活用できます。

仕事に集中した状態で長期間過ごしていると、精神的・肉体的な疲労をため込みがちになります。頭が仕事の事で一杯になり、煮詰まった状態になってしまうのです。これは、普段から悩みを抱えている場合も同じです。

脳が疲労した状態だと、モチベーションの維持も難しくなります。しっかり休んで脳に溜まった疲労を回復させてあげましょう。

仕事のやり方を見直す

仕事関係の悩みによってモチベーションが上がらない場合、

  • 仕事のやり方が間違っている
  • もっと効率的なやり方がある

可能性があります。

普段の仕事を振り返り、いつもの仕事に改善点が無いか探してみましょう。仕事を見直す時は、広い視野で、客観的に見直すのがポイントです。自分がやった仕事を、他の人がやった仕事として、評価するような目線で確認するのです。

これにより、自分がやっている仕事の新たな面を発見できるようになります。仕事の仕方に改善点を見つけられれば、モチベーションアップだけでなく、

  • 仕事のクオリティをアップできる
  • 短時間で仕事を片付けられるようになる

といった効果も期待できます。

仕事関係の問題でモチベーションの低下を感じている場合は、ぜひ試してみて下さい。

場合によっては医師の診察を受けた方がいい場合も

  • 休んでもモチベーションが上がらない、疲れが取れない
  • 理由はないのに仕事の能率が悪い
  • 最近体調の変化があった
  • 悩みが頭から離れなくて困っている

といった場合は、医師の診察を受けた方がいい可能性があります。

仕事を頑張れない理由はたくさんあります。その中には、心身の病気が関係している場合もあるのです。

  • 頑張れない理由が見つからない
  • モチベーションを回復させる手段を取っても変わらない

といった場合は、医師の診察を受ける事も検討しましょう。

モチベーション低下の原因が病気だった場合、放っておけばおく程症状が悪化してしまいます。最悪の場合、仕事を手放さなくてはならない可能性もあります。少しでも異常に思い当たったら、医師の診察や検査を受けるようにして下さい。

仕事が頑張れない、と悩むのは頑張っていた証拠。たまには違う事にも力を入れてみよう

仕事が頑張れない、と感じるのは、普段から仕事を頑張っていた証拠です。今までの頑張りを認めてあげましょう。

お休みの時は、仕事や悩みの事は一旦忘れて、別の事にも力を入れてみて下さい。これだけでも、仕事を頑張れない、という気持ちから離れる事ができますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る