グループディスカッションのコツを覚えて、高評価を得よう!

新しい面接の形であるグループディスカッション。今までの面接とはまた違った形の面接であり、いまいち対策が練りにくいと悩んでいる人も多い試験です。

グループディスカッションは、その目的と評価ポイントを覚え、それを刺激できるコツを知っておく必要があります。このコツを上手く取り入れ、本番で発揮できるようになるには、このコツを知った上での練習が効果的です。

グループディスカッションの目的や評価ポイントから分かるコツを解説していきます。これらのポイントを押さえるようになれば、より具体的にグループディスカッションの対策が取れるようになります。ぜひご覧下さい。

グループディスカッションの目的を知り、正しく行動できるようになろう

グループディスカッションのコツを理解するには、その目的や評価ポイントを知っていなくてはなりません。まずはグループディスカッションの目的や評価ポイントを覚えましょう。

グループディスカッションの目的

グループディスカッションは、就活生を数名集め、テーマを基にディスカッションしてもらうタイプの選考です。最終選考に多い試験で、ハイレベルな対応を求められています。

グループディスカッションでは、通常の面接では見落としがちな、

  • チームワーク
  • 積極性
  • 論理的思考力

等を見極める為に行われています。

グループディスカッションは、実際の会社で行われている会議の形で進行されます。これにより、実際に働いている時にどの様な発言や考えで会社に貢献してくれるのかを調べる事ができます。

より実際に働く時に近い状態での発言を見極め、企業にとって必要な人材であるかどうかを判断する為の試験なのです。

グループディスカッションの評価ポイント

グループディスカッションは、以下の評価ポイントで合否を判断されています。

  • 協調性
  • 積極性
  • コミュニケーション能力
  • 理論的思考力

等です。

会社で実際に仕事をするには、協調性、つまりチームワークが大切になります。一人で黙々と仕事をするというよりは、複数の人と協力して仕事を進める事の方が多い為です。

その為、

  • グループディスカッションなのに、一人だけでしゃべっている・目立っている
  • ほかの人の意見を闇雲に否定するが、代案は出さない

この様な態度を取ってしまうと、どんなに良い意見を言っていてもマイナス評価を付けられてしまうのです。

グループディスカッションでは、

  • 他の意見に何も考えずに賛同・否定する
  • 自分の意見を言わない

という状態は、マイナス評価を受けてしまいます。

仕事をする場合、ただ仕事をもらえるのを待つだけではいけません。自分から仕事をもらいに行ったり、仕事に関する意見を発言したりできるようになる必要があります。積極的に意見が言えるかどうかも、評価ポイントとなるのです。

グループディスカッションでは、意見を言うだけでなく、ほかの人の意見を聞く事も大切です。

  • 発言力
  • 傾聴力

の2の力をバランス良く持った、コミュニケーション力の高い人ほど、高評価をもらえると思っておきましょう。

ただ意見を聞き、言うだけでなく考える力もチェックされています。発言を聞き、それについて理論的な思考が出来ているかも、評価の対償なのです。その為、発言の際はしっかり考えた意見を出すようにしなくてはなりません。

グループディスカッションでは、様々な能力を試験中に細かくチェックされます。それぞれのチェックポイントを理解した上で、コツを押さえるようにしましょう。

グループディスカッションのコツは3つ。それぞれのコツを押さえよう

グループディスカッションの評価ポイントをバランス良く得るには、以下の3つのコツが大切です。一見するとあまり関係ない様に思えるコツにも、ちゃんと理由があります。それぞれのコツがどうして大切なのか、という理由についても解説します。

時間配分をしっかりと

グループディスカッションを始める際、真っ先に決めなくてはいけないのが時間配分です。

グループディスカッションは、

  • テーマをもらう
  • 自己紹介
  • テーマについて話し合い
  • 意見をまとめる
  • 意見を基に、面接官に発表する

という流れを決められた時間内で全てこなさなくてはなりません。

どんなに良い発言をしていても、これを時間内に終わらせていなければ不合格になってしまうのです。

試験中にもらった時間をそれぞれの作業に必要な時間を決め、分配する時間分配は適切に行わなくてはなりません。まずはこの時間配分をテキパキと決められるよう、協力し合う所から始めましょう。

役割分担も忘れずに

グループディスカッションには役割が存在しています。

  • 司会
  • 発表者
  • タイムキーパー
  • 書記

の4つが主な役割になります。

この中でも、必ず決めておくべき役割が、

  • タイムキーパー
  • 書記

の2つです。

司会は文字通り、進行役をする人です。時間配分に従い、試験に参加している人達の意見をまとめます。意見を言っていない人に意見を求めたりする場合もあるでしょう。

発表者はテーマによってはそれぞれの人が発表者となる場合もあります。発表者という役割名通り、自分の意見を言います。人の意見を聞いて思った事を発言する事もあります。

発言者の発言を基に、グループディスカッションは進んでいくのです。

タイムキーパーは、時間配分をチェック・管理し、グループディスカッションの進行を助ける係です。時間が押し迫っている場合はそれを伝える等、時間配分を正しくこなせるようにするのが仕事です。

書記はグループディスカッションの意見を紙にまとめる係です。どの段階でも正しく意見を聞き、それをまとめる作業をします。書記がしっかり仕事をしていないと、後のまとめ段階が上手くいかなくなります。

役割を見ると分かる通り、最低でもタイムキーパーと書記がいないとグループディスカッションで合格をもらうのは難しくなります。練習の際はこの2つの役割になった時の練習もしておくといいでしょう。

グループディスカッションでは、どの役割でもしっかり評価されます。

  • 役割分担をテキパキと決め、余計な時間をかけない
  • 自分の役割を正しく理解し、全うする

この2つがグループディスカッションで良い評価をもらう為のコツです。どの役割でもこなせるようにしておきましょう。

発言は適度に、失礼な話し方はNG

グループディスカッションでは、

  • 適度に発言をし、相手の意見を聞く
  • 失礼な話し方をしない

という所も大切です。

発言をしないのも、ほかの人の意見を遮ってまで発言するのもよくありません。

  • テーマ
  • 他の人の発言

等を踏まえた上で、適切な意見を言うようにして下さい。

  • 的外れな意見
  • 自分の考えとは全く違う意見

を聞くと、馬鹿にしたり、明らかに不機嫌になったりする人がたまにいます。

当たり前ですが、こうした態度はマイナス評価になります。発言や態度は礼儀正しく行うようにして下さい。聞く人が不快になるような言葉を選ばないようにしましょう。

グループディスカッションは、コツを押さえれば乗り越えられる。正しい発言を心がけよう

グループディスカッションは、その目的や評価ポイントを覚え、それによって生まれたコツを押さえれば乗り越えられます。

難しい事が多いですが、出来るだけ多くのテーマや役割をこなせるよう、良い発言ができるように心がけながら挑むようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る