ハイスペック男子とは?その特徴や好みの女性、恋愛攻略法を紹介

一昔前、結婚相手の男性には「高身長」「高学歴」「高収入」という条件を求めるのが一般的でした。

そのような男性と付き合い、結婚できたとしたら、周りの女性からうらやましがられたものです。

最近はモテる要素を兼ね備えた男性のことを「ハイスペック男子」と呼びます。そんな、ハイスペックな彼と付き合うことができたら、周りにも自慢したくなりますよね。

もちろん、そんなハイスペックな人と付き合うためには、激しい競争を勝ち抜かなくてはいけません。

しかし、ハイスペックと一口に言っても明確な基準があるわけではなく、求める条件は人それぞれ異なります。

ここでは、一般的なハイスペック男子の条件と、ハイスペック男子と付き合うためのテクニックについて紹介していきます。

ルックス、職業、収入など、ハイスペック男子の条件

ハイスペックとはもともと電子機器用語からきています。ハイスペック男子とは全体的に優れた男性のことを指します。ここでは、ハイスペック男性と呼ばれるための条件についてみていきましょう。

高学歴

学歴の高さはモテる要素になります。誰もが知っているような有名大学を卒業しているような男性は、周りからも一目置かれる存在です。

しかも、高学歴でありながら頭の良さをひけらかさない、機転がきいているとなおさら女性からの人気も高まります。

逆にどんなに高学歴でも、頭の良さをひけらかす、人を見下すような人は女性からも嫌われてしまうでしょう。

年収が高い

男女平等になってきたとはいえ、女性は男性に対して経済力を求めます。そのため、年収が高い男性はモテるのです。

また、高学歴な男性は高収入を得られる職に就いている可能性も高く、学歴と収入はセットで見なされることが多いのです。

参考までに、ハイスペック男子に多い職業は以下の通りです。

医者
高収入の代名詞と言える職業です。専門性の高い仕事で知性が感じられます。
弁護士
昔ほど高収入は見込めなくなったとはいえ、まだまだ女性からの人気が高い職業です。頭が良いだけでなく、話術にも優れた人が多く、それが女性を惹きつけるのです。
公務員
不安定な世の中だからこそ、男性に安定と求める声は少なくありません。公務員を結婚相手に選ぶ女性も多いでしょう。

公務員といってもいろいろな職業がありますが、特に国家公務員は年収も高く安定していることから、人気があります。

商社マン
有名な総合商社に勤務していると、エリートで高い年収が期待できます。また、商社マンと結婚すれば海外在住も夢ではありません。
経営者
IT企業のように自分で会社を経営している人もモテます。
外資系企業
実力主義のイメージから、デキる男の印象を持ちます。また、外資系企業は日本企業よりも年収が高い点も魅力です。
SE
IT系は今後も成長分野であることから、比較的安定しています。

他にも、有名企業に勤務しているサラリーマンも安定と高収入が期待できることから人気です。

高身長

近ごろの日本人女性は、背の高い人が多くみられます。自分と付き合う男性は、自分よりも身長が高い人を希望する人も多いでしょう。

身長が高い男性はスタイルが良く見えて、かっこよく見えます。ルックスが普通、もしくはそれ以下だったとしても背の高さである程度カバーできるものです。

イケメン

容姿が整っている人は、一般的にモテます。人間顔じゃないとはいいますが、それでもルックスの良さに惹きつけられる人は少なくありません。

おしゃれ

スーツ姿はかっこよかったのに、私服をみたらダサくてがっかりしたということもあるでしょう。

女性はおしゃれに敏感な人が多く、付き合う男性に対してもある程度のセンスを求めます。

洋服や持ち物のセンスが良いと、ルックスをさらに引き立ててくれますのでモテるのです。

清潔感がある

今どきの女性はワイルドタイプの男性よりも、清潔感にあふれる男性を好みます。

  • ヒゲをきちんとそっている
  • 肌がきれい
  • すっきりと整ったヘアスタイル

といった要素は、清潔感を与えてくれます。

料理上手

最近の男性は家事ができないとモテません。実際に婚活支援サービスなどでは、料理や家事を教えてくれるところもあるほどです。

料理上手な男性は、結婚してからも家事を手伝ってくれそうなイメージがあります。結婚後も女性が安心して働けるようにサポートしてくれると思えるのでしょう。

仕事とプライベートの両立

仕事ができる男性はもちろんかっこいいのですが、プライベートも充実しているとデキル男だと思われます。

いろいろなことをマルチにこなせるからこそ、ハイスペックだと言えるという意見も聞かれます。

複数の魅力を併せ持つのがハイスペック男子

他にも、人によってはハイスペックだなと感じる要素があるでしょう。女性でもいえることですが、全ての点において優れている人はほとんどいません。

しかし、ハイスペックと呼ばれるためには、複数の長所を持ち合わせていることが大切です。

自立した女性が好み!ハイスペック男子に好かれるには

一昔前は、女性は結婚したら家庭に入るのが一般的。そこで、女性はこぞって条件の良い男性を求めたのです。

今どきのハイスペック男性は、女性の選び方も違います。ハイスペック男子は自分に依存してくる女性よりも、自立した女性を好むのです。

ハイスペック男子が好む女性

ハイスペック男子はモテます。言い寄ってくる女性も多いので、ある程度は好みの女性を選ぶことができるでしょう。ハイスペック男性が好む女性の特徴をまとめてみました。

頭の良さ
ハイスペック男子の条件の一つに頭の良さが挙げられます。そして、ハイスペック男子は付き合う女性にも頭の良さを求めるのです。

頭の良い女性は仕事の話をしても理解してくれますし、時には役立つアドバイスもしてくれます。

頭が良いといってもただ有名大学を卒業しているだけでなく、自分にはない専門分野や知識を持っているとさらにポイントが高くなります。

精神的に自立している
ハイスペック男子は高収入ですが仕事が忙しい人がほとんど。デートの約束をしていても、時間に遅れる、デート自体がキャンセルになってしまうこともあるでしょう。

そのような立場を理解してくれず、自分中心でないと気が済まない女性は好みません。

デートができなくてもLINEの返信がなくても責めない、精神的に自立した女性を好みます。

経済的に自立している
ハイスペック男子の周りには、高収入目当てに近づいている女性も少なくありません。

お金目当てと知っただけで、ハイスペック男子は引いてしまうでしょう。自分で働いて自立している女性を好むのです。

気遣いができる
ハイスペック男子には大勢の女性が言い寄ってきます。時には女優やモデルのようなルックスの持ち主から言い寄られることもあるでしょう。

だからこそ、女性を見る目が肥えています。一緒にいて居心地が良いのは、ルックスではなく気遣いができる女性です。

聞き上手であること
ハイスペック男子に限った話ではないですが、男性は自分の話を聞いてくれる女性に好感を持ちます。

仕事などで日々忙しくしているからこそ、好きな女性と合っているときは心を開いて何でも話してしまうのです。

何でも聞いてくれるような雰囲気を作ってくれる女性は、ハイスペック男子から好かれるでしょう。

家事が得意
ハイスペック男子がこの人と付き合いたい!結婚したいと思うには、家事が得意であることも重要ポイントです。

家事全般が苦手という人は、今からでも家事スキルを上げる努力をしましょう。

ハイスペック男子に興味を持ってもらうためには、ルックスを磨くだけではダメなのです。

ハイスペック男子と付き合うには自分磨きが大切

ハイスペック男子の条件はいくつもあり、その複数を併せ持つのが特徴です。一昔前は好条件の男性から選ばれるためには、ルックスの良さや家事力が求められたでしょう。

しかし、時代は変わっています。自立していることや内面を磨くことも、重要な要素となってきています。

ハイスペック男子と付き合いたいのであれば、自分磨きにも力を入れましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る