話すスピードで印象は変わる!会話スピードを使った仕事術

人に影響を与える要素の一つに、話すスピードがあります。話すスピードによって、相手に与える印象にも色々な影響があるのです。

その為、話すのが苦手な人の中には、このスピードに気を付けるだけで、ある程度話しやすくなる事もあります。

話すスピードは、プライベートではもちろん、仕事でも重要な要素です。

  • プレゼンや、商品の紹介
  • 打合せや契約の説明

等、話すスピードが深く関わる場面はたくさんあります。

話すスピードによって変わる相手の印象や、それを利用した仕事術を覚える事が出来れば、より仕事を有利に進める事ができるのです。今回は、話すスピードによって違う印象と、それを利用した仕事術を解説します。


人は話す速度によってもイメージが変わる。それぞれのイメージを知っておこう

人は話す速度によって受ける印象が違います。これを仕事に活かすには、それぞれの印象を覚えておく必要があります。まずはそこから学んでいきましょう。

話すスピードが遅い場合

話すスピードが遅い人は、一般的に

  • おっとりしている
  • のんびりしている

というイメージを持たれやすいです。

また、実際に話すのが遅い人が会話をすると、

  • 返事が遅い事が多い
  • 慎重な物言いが多い

という傾向があるといわれています。

  • イメージが与える印象
  • 実際に話してみてから分かる印象

が絡まり合うと、その人の印象となり、それがそのまま評価につながる事があります。

その為、話すスピードが遅い人は、

  • 慎重な考え方をする
  • 頼りにならない

といった評価をされてしまう事があるのです。

それぞれの印象が良い印象を作る事もありますが、悪い印象も作られてしまう事もあります。良い印象や評価を持たれやすくするには、話す速度にも適度な速さが必要なのです。

話すスピードが速い場合

では、逆に話すスピードが速い人はどの様なイメージを持たれるのでしょうか。

話すスピードが速い人は、

  • 決断や考えが速い
  • 落ち着きがない

といった印象を持たれがちです。

実際の場合でも、

  • 決断が早く、周りよりも早く活動する事が多い
  • 落ち着きがなく、騒がしい事が多い

という傾向があるといわれています。

その為、話すスピードが速い人は、

  • テキパキしている
  • いつも慌てている

といったイメージを抱かれやすいです。

迅速な動きが求められる場所ならあまり気にならないかもしれませんが、慎重な判断が必要な職場では、マイナスのイメージを持たれる可能性が高くなります。また、確認ミス等があった時にも、疑われてしまう事があるようです。

話すスピードが速い場合も、遅い場合同様、適切な速さで会話する事が自分の評価やイメージをアップさせるポイントとなります。

では、適切なスピードはどれ位?

話すスピードは遅くても、速くても適切ではありません。では、適切な会話スピードとはどれ位なのでしょうか。

一般的に、会話のスピードは1分間で300~350文字程度しゃべる程度の速さといわれています。

具体的に例を挙げると、

会話を構成する要素はたくさんありますが、その中の一つである会話のスピードは、相手に自分がどの様な人かという印象を与える重要な要素です。

会話スピードは遅くても、速くてもあまり良い印象を与えません。適切な速さとテンポで話す事が重要になります。

会話のスピードはその時によって適切な長さも存在しています。基本の長さである1分300~350文字程度という要素を守りつつ、その時に合った速さやテンポで会話する必要があるのです。

会話によって速度やテンポを変えていく、と聞くと難しいように思えますが、実際のテクニックは少し意識すればできてしまう、とても簡単な物が多いです。

会話スピードやテンポを利用した仕事術を覚えて、自分の仕事をより有利に進めてみましょう。

これ位の量となります。

これを大体1分程度で説明する位が、丁度いい会話スピードとなります。自分の会話スピードがどれ位か調べてみたい人は、ストップウォッチで時間を測りながら、この文章を音読してみましょう。

実際に時間を測りながら読む事で、自分の会話スピードを調べ、調節する事ができますよ。

話すスピードを仕事に活かそう。あえてスピードを変えて話す会話術

話すスピードによって人は与える印象が違います。この話すスピードは適切な範囲を守って使いこなす事が出来れば、自分の仕事を有利に進めるのにも役立てられるのです。あえて会話スピードを変える仕事術を説明します。

大切な話はゆっくりと、分かりやすく

  • 契約等のクロージング
  • 重要事項の説明
  • 面接等、話す事が重要になる場面

では、少しゆっくり目に、はっきりとしゃべるようにすると、自分の話を理解してもらいやすくなります。

具体的には、

  • 発音をはっきりと、丁寧に話すようにする
  • 言葉が口の中にこもらないよう、言葉を前に出すようなイメージでしゃべる
  • 文章だと句読点が入る部分は、一拍置く

という事を意識して話す形になります。

この様に、少しゆっくり目に、はっきりと発音してしゃべると、普通に話す時よりも聞き取りやすくなります。聞き取りやすい話し方をするだけでも、相手の話を聞く姿勢を整える事ができるのです。

適切な速度を意識しつつ、話しやすい発音やテンポを心がけて話すと、

  • 落ち着きのある人
  • 責任感のある人
  • 自信がある人

といった印象を持ってもらえます。

相手を説得したい場合は、あえて早めに

  • プレゼン
  • 商品等の説明

等、相手を説得したい場合は、あえて早めに話すようにすると、説得力を持たせる事ができます。

基本の速さは守りつつ、

  • 文章でいう、句読点の所に置く間は半拍程度にする
  • 重要なポイントは通常よりも少し大きめの声で話す
  • 早めのスピードで話していても、発音ははっきりとさせる

といった話し方を心がけてみるのです。

分かりやすさを保ちつつ、速い会話スピードで話す事ができると、

  • 頭の回転が速い
  • 説明したい内容をよく理解している

というイメージを持ってもらえます。

こうしたイメージがあると、自分の説明に自然と説得力が付いていきます。

  • 商品の説明や解説
  • 相手を説得する

といった場面では、聞き取りやすさに気を配りつつ、少しスピードを上げて会話してみましょう。

話すスピードによっても人の印象は変わる。うまく仕事に活かそう

話すスピードによって、自分の評価や印象は大きく変わります。会話のスピードやテンポを正しくつかめれば、それを微妙に変える事で仕事に活かす事も可能です。まずは自分の会話スピードを理解する所から始め、そこから調節してみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る