働きながら転職活動をするメリットとデメリット、テクニック

転職活動をする場合、働きながら行う人もいます。働きながらの転職活動にはメリットとデメリットがあり、働きながら転職活動をしたい場合は、それぞれの特徴が自分に向いているかどうかを検討する必要があります。

また、働きながら転職活動をする場合、現職の企業にも、応募先に企業にも迷惑が掛からないような工夫をする必要があります。この工夫を行わなくては、転職活動を成功させる事は難しいです。

そこで、働きながら転職活動をしたい人の為に、メリットとデメリットをまとめました。成功させるための工夫についても解説しています。これから転職をしたいと考えている方は、ぜひご覧下さい。

働きながら転職活動をする場合に生まれるメリットとデメリット

働きながら行う転職活動には、メリットとデメリットが存在しています。それぞれの特徴を自分の状況に照らし合わせてみましょう。これにより、どの様な形で転職活動をすべきかが分かるようになります。

働きながら転職活動をするメリット

働きながら転職活動をする場合のメリットをまとめると、以下の様になります。

  • お金への心配が少ない
  • 転職活動が上手くいかなくても保険がある
  • 転職活動に力を入れやすい
  • 辞める・辞めないの水掛け論を防ぐ事ができる

この様に、働きながらの転職活動には就活を有利に進められるメリットがたくさんあるのです。

働きながら転職活動をしていると、働いている内は給与をもらう事ができますから、仕事を辞めてから転職活動をする場合よりも、お金への心配が少なく済みます。

また、万が一転職活動が上手くいかなくても、現職で働き続ける事も可能です。

今働いている企業を辞めたい、という気持ちが強いなら、働きながらの転職活動は転職を後押しするメリットにもなります。働いていると何かと制限を受けますが、それが転職活動を効率的に進める為の材料になるのです。

新しく就職する先が決まっていると、現職も辞めやすくなります。退職する時に辞めるかどうかで揉めるケースがありますが、転職先を決めていると、企業側も何も言えなくなりますから、その分トラブルを防止する事ができるのです。

働きながら転職活動をするデメリット

働きながら行う転職活動には、メリットだけでなくデメリットも存在しています。

  • 転職に使える時間に制限がある
  • 現職に時間や労力を引っ張られて、上手く活動できなくなる可能性がある
  • 退職の準備に手間取ってしまい、転職先に迷惑をかける可能性がある
  • 転職活動をしている事がバレてしまうと、現職にいられなくなる可能性がある

等がそれに当たります。

働きながら転職活動をしていると、どうしても現職に

  • 時間
  • 労力

等が取られてしまいます。

  • 志望動機等を考える時間
  • 応募書類を作成する時間

等、活動を始める際に重要な作業時間が減らされるのはもちろん、

  • 面接試験に参加する時間
  • 転職先の企業で行う手続きの時間

等、時間が決められている活動に参加するのも難しくなる可能性があるのです。

時間だけでなく、労力も取られますから、現職で体力を使い切ってしまい、転職活動に力を入れられない、という状態になる事態も考えられます。また、転職活動が現職に悪影響を与える可能性も、忘れてはいけません。

複数の作業を同時にやるのが苦手な人は、働きながら転職活動をする際は時間や労力の配分にいつも以上に気を付けるようにしましょう。

また、

  • 退職トラブル
  • 転職活動が現職にバレる可能性

も十分考えなくてはいけません。

退職時の手続きをしっかりしていないと、退職トラブルを起こし転職先に迷惑をかけてしまう可能性があります。

また、現職に転職活動をしている事が知られてしまうと、

  • 就業規則違反で解雇
  • 居心地が悪くなり、自主退職

等の事態に追い込まれてしまう場合もあります。

転職活動は現職と転職先の2つの企業に迷惑をかけないように活動する必要があります。働きながら転職活動をする場合は、デメリットの発生とそれによってかけるかもしれない迷惑についてもよく考えるようにしましょう。

働きながら転職活動を成功させるには、工夫がいる。注意して欲しいチェックポイント

働きながら転職活動を成功させるには、工夫が必要です。どの工夫も転職活動中にちょっと気を付ければいいだけの、簡単な工夫です。働きながら転職活動をしている場合は、以下のポイントに注意しながら行うようにして下さい。

現職の引継ぎをしっかりと

働きながら転職活動をする際、怖いのが現職との退職トラブルです。これを防ぐには、現職の引き継ぎをしっかりしておく必要があります。転職活動と並行して、引き継ぎマニュアル等を作成しておきましょう。

転職先が決まると少しでも早くそちらの企業に移りたくなりますが、だからといって引き継ぎが不十分な状態で辞めるのはいけません。引き継ぎは余裕を持って、業務内容に漏れが出ないようにして引き継ぎましょう。

転職エージェントを活用しよう

働きながらの転職活動は、想像以上に大変です。自分の力だけでやり遂げようとするよりも、使えるサポートは全て使ってやった方が成功しやすくなります。

転職の際は転職エージェントに登録し、転職活動をサポートしてもらいましょう。転職活動で困った時は、エージェントに相談すれば解決方法やアドバイスを受ける事ができます。

転職における希望だけでなく、現職の不安や不満等について話しておくと、より良い転職先を見つける手助けもしてくれます。

  • 面接の日程調整
  • 内定後の給与交渉

等も手職エージェントは行ってくれます。働きながら転職活動をする際は、転職エージェントを活用しましょう。

応募先に現在働いている事を伝えよう

現職だけでなく、応募先の企業にも工夫をしましょう。

現在働きながら転職活動をしている事を、応募先に企業に伝えるようにして下さい。

  • 採用試験に参加する為の時間
  • 退職や引き継ぎの手続きにかかる時間

等の制限がある事を伝えましょう。

転職活動をする人の中には、退職してから活動を始める人もいます。応募先の企業からすれば、現在働きながら転職活動をしているかどうかというのは分からない事なのです。

働きながら転職活動をしている場合、どうしても時間的な制限を受けます。企業側に働いている事を伝えれば、それについて考慮してもらえる可能性もあります。

働きながら転職活動をしている場合は、

  • 履歴書の個人希望欄等にその旨を記載する
  • 応募時の質問や面接試験等でその旨を伝える

等、自分が働きながら転職活動をしている事を応募先の企業にしっかり伝えるようにして下さい。

働きながら行う転職活動を成功させるテクニックを覚えておこう

働きながら転職活動をする事には、メリットとデメリットがあります。また、成功させるには工夫も必要です。

メリットやデメリットが自分に合っているか、工夫をしながらの転職活動ができるかどうか、しっかり検討してから取り掛かるようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る