ハローワークはパート探しでも利用可能!賢いハローワーク利用法

ハローワークには、学生さんや転職を考えている人、就職の際に相談事がある人が行く所、というイメージが強いです。そんなハローワークですが、実はパート先を探している時にも活用できます。

ハローワークの使い方やメリットを理解しておくと、パート先を賢く探せるようになるのです。

また、パートをする時や、パートで働き始めた時にも、相談したり講習を受けたりする事も可能です。問題の内容によっては、専門家による相談やカウンセリングを受けられる場合もあり、働く女性の強い味方になってくれるのです。

今回はそんな、パート探しや、パート先の相談をしたい時の、ハローワークの使い方を紹介します。


ハローワークはパートでも利用できる。ハローワークのメリットを知ろう

ハローワークには職業の形態を問わず、働く人の味方になってくれる施設です。ハローワークのメリットを学び、パート探しや採用の味方になってもらいましょう。

ハローワークはパートの相談も乗ってくれる

ハローワークでは、正社員だけでなく、パートタイムの募集要項も取り扱っています。正社員でなくても、募集の閲覧や、職員に相談も可能です。パート先を探している時はもちろん、現在働いている人の相談も受け付けています。

ハローワークと聞くと、正社員として働きたい人の為の施設、というイメージがあるかと思います。しかし、実際は雇用形態に関係なく、全ての働く人、働きたい人の為の施設なのです。

自分の地域にある職場探しに強い

ハローワーク最大のメリットとして、ハローワークの担当している地域の職場探しに強い、という点があります。募集内容も職員がある程度チェックしているので、安全性の高い職場が多いです。

  • 地元、出来るだけ家の近くで働きたい
  • 安全性の高い職場で働きたい

という人は、ハローワークでのパート探しをおすすめします。

何かあった時には相談も可能

ハローワークでは、職探しだけでなく、労働に関する相談も受け付けています。

  • 働きたいけど、心身に問題があり、ちゃんと働けるか不安
  • 無職状態だった期間が長い
  • 子供がいるので、そうした点に配慮のある職場がいい

といった、就職に関する不安や要望について相談し、それに合わせた配慮や就職先のあっせん、場合によっては講習や職業訓練の受講が出来るのです。

就職後も、

  • 転職を考えている
  • 離職後の雇用保険の手続き
  • 職場の労働環境が悪い、困っている
  • 実際に働いた際の内容が、募集要項と明らかに違っていた

等、様々な理由で相談をしたり、手続きをしたりする事ができます。

万が一、

  • 職場がブラックだった場合
  • ハローワークに提示された内容と明らかに違う場合

があっても、その旨を伝えれば適切な処理をしてもらえます。

ハローワークは、働く前はもちろん、働いた後も困った事があれば助けてくれるのです。賢く利用できれば、自分の働く環境をより良い状態にする事ができます。積極的に使っていきましょう。

パート探しにハローワークを利用してみよう!ハローワークの使い方

パート探しの際にも力を貸してくれるハローワークですが、利用前にはいくつか準備が必要です。ハローワークの使い方を解説していきます。しっかり準備して、スムーズに利用できるようにしておきましょう。

まずは自分の地域にあるハローワークの場所を調べる

ハローワークは地域によって管轄があります。自分の地域はどこのハローワークの管轄になるか、先に調べておきましょう。

ネットで

  • 自分の住んでいる市町村
  • ハローワーク

の2つの項目で検索すれば見つける事ができます。

自分の市町村を管轄しているハローワークを見つけたら、住所や自宅からの行き方も調べておきましょう。

ハローワークに足を運ぶか、ハローワークのサイトを利用しよう

ハローワークにある募集情報は、

  • 実際にハローワークに足を運び、パソコンを使って探す
  • ハローワークのサイトから探す

の、2種類の方法から調べる事ができます。

初めてハローワークに足を運んだ時、

  • 自分の基本情報
  • 探している仕事の条件

等、仕事探しの時に使う基本情報を記載した、ハローワークカードを作る事になります。

ハローワークカードには、

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢、生年月日
  • 住所
  • 最寄り駅
  • 電話番号、FAX番号
  • 家族構成
  • 介護や育児等、考慮してほしい内容

等を記載します。

これに加えて、

  • 学歴や職歴
  • 免許や資格
  • 公共職業訓練の受講歴
  • 経験した主な職種

等も記入していきます。

見ての通り、かなり細かい内容を記載していく事になります。ハローワークに実際に足を運ぶ際は、

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 免許や資格の基本情報

を用意しておきましょう。

これらの基本情報に加え、労働条件についても細かく記載できる項目があります。

労働条件ですが、あまり細かく記載してしまうと閲覧できる求人に制限をかける事になりますので、どうしても譲れない条件のみ記載しておく事をおすすめします。条件は求人を検索する時に加えられますから、その時に追加しましょう。

ハローワークカードに必要な記載が終了し、登録が完了すると、

  • ハローワークカード
  • 登録番号

をもらえます。このカードと番号をもらえたら、登録は完了です。

登録後は

  • ハローワーク内のパソコンで求人を探す
  • 就職相談を受ける

等ができるようになります。

ハローワークが持っている求人情報の中には、ハローワークで登録番号をもらった人限定で公開されている物もあります。より多くの求人から自分に合った物を選びたい場合は、一度ハローワークに足を運んで探す方がおすすめです。

  • 近くにハローワークが無い
  • ハローワークに行きたいけど、時間が無い

という人でも、ハローワークのサイトを利用すれば、ハローワーク内にある求人を探す事ができます。

ハローワークのサイトは、全国のハローワークにある求人情報を検索できます。条件の指定も細かくできるので、自分の状況やライフスタイルに合った求人を探す事も可能です。

どうしても時間が取れない人は、ハローワークのサイトを利用する事から始めてみましょう。

ハローワークは働く人の味方。パートを探す時にも利用してみて

ハローワークは、職業の形態を問わず働く人の味方になってくれる施設です。パートを探す時も、就職したい仕事や、就職の際に相談したい悩み等を、相談員に相談する事ができます。

相談内容によっては、ハローワーク側が求人募集を出している企業に連絡を取ってくれたり、国の制度を紹介したりしてくれる場合もあります。パートだから、と遠慮しないで積極的に活用しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る