非公開求人に応募するには。非公開にする理由と非公開の中身

転職情報を探していて、「非公開求人」て何だろう?と思ったことはありませんか。

求人情報を載せて人を採用しようとしているのに、「非公開」にするのは何故なのでしょう。

また、非公開求人にはどのような求人情報があるのか、どうやったら応募できるのかということも気になりますよね。

そこで今回は、非公開求人は何故非公開なのか、どうやって中身を知ることが出来るのかなど、非公開求人について詳しく説明します。


非公開求人とは?普通の求人との違い

非公開求人とはその名の通り、一般的には公開されていない求人情報のことです。

だから、普通にネット検索をしていても見つけられませんし、企業の採用ページにもハローワークの情報にも載っていません。

条件の良い仕事が揃っている

企業側が「こういう優秀な人が欲しい!」と細かく条件を指定している上、マネージャー色など管理職の求人が多いのも非公開求人の特徴です。

即戦力としてすぐに結果を出せるような人を求めていることが多いので、当然ながら条件面でもいい仕事が揃っています。

やりがいのある仕事であることはもちろん、給与の面でも自分の理想に近いものが見つかるのではないでしょうか。

大手企業の求人がたくさんある

大手企業はただでさえ人気があるので、公開求人にしてしまうと応募が殺到します。

履歴書に目を通すだけでも膨大な時間をとられてしまうことから、公開求人をしていない企業が多いのです。

大手の有名企業の仕事を探したい!と思う人は、非公開求人を探した方が目指す企業の情報を見つけやすいと思います。

実は公開求人より求人数が多い

転職エージェントが扱っている求人の8割は非公開求人だといわれます。つまり、公開求人よりも条件のいい求人がたくさんあるということ。

誰でも見られる公開求人よりもたくさんの求人情報を探すことが出来るんです。

自分の適性に近いものが探せる

非公開求人は、転職エージェントに登録すれば「全ての非公開求人が閲覧できる」というわけではありません。

これまでの経験やスキルなどを登録しますから、それに見合った求人情報を紹介してもらうことになります。

スキル的に難しいであろうという求人情報までは見られないのです。

ということは、条件面だけでなく、より自分の適正に近い情報を紹介してもらえるので、向いている仕事が見つかる可能性は高いといえるでしょう。

採用のハードルが高くなる

仕事もやりがいがある内容で、条件面も恵まれている仕事となると、当然ですが求められるスキルも高くなります。

これだったら私は誰にも負けない!というようなスキルを持っているか、自信を持ってアピールできる経験、経歴があるか。これは重要なポイントです。

最初からいい条件を提示してくるのですから、即戦力として活躍できるだけの能力がないと、なかなか採用されるのは難しいでしょう。

自分の方向性が決まっていない人には向いていない

非公開求人は、企業側も

  • こういう人が欲しい
  • こういう仕事を任せたい

と条件を絞ってきていることが多いです。

ですから、転職はしたいけどどんな仕事がやりたいのかなど方向性がまだ決まっていない人は、非公開求人よりも公開求人を見て、どんな仕事があるのかを幅広く見た方がいいかもしれません。

また、今とは全く違った業界で働いてみたいと思っている人も、公開求人で探した方がいいと思います。

企業は何故非公開求人にするの?非公開にするメリット

たくさんの人に見てもらった方が応募もたくさん来て、企業にとっては嬉しいことのように思えます。

それなのに、何故企業は求人を非公開にするのでしょうか。

緊急で人材確保の必要があるから

突然の退職などにより、早急に人員を確保して欠員を補充しなければならない場合があります。

そんな時、公開求人をしようとすると、転職サイトに情報が掲載されるまでに数週間かかることも。

また、元々予定のない採用である場合は、広告を掲載する予算も確保していない場合が多いです。

それなら転職エージェントを利用して非公開求人で募集をかけた方が、いい人材が最短の時間で確保できるのです。

欲しい人材だけと会いたいから

たしかに公開求人ならたくさんの人が応募してきます。

大量の採用が必要なときならそれでもいいのですが、「こういう人材が欲しい!」ということがピンポイントで決まっている場合にはかえって面倒なことに。

応募書類をふるいにかけたり、たくさんの人と面接しなければいけなくなる上に、本当に求めている人がそこにいるとは限りません。

未経験の人をこれから育てていくために大量に採用したい時はいいのですが、即戦力の管理職などを採用したければ、公開求人は面倒が増えるだけ。

それよりは転職エージェントを利用し、細かく条件を指定して、欲しい人材に最短距離でたどり着けるようにした方が、企業としてはメリットが大きいのです。

他社に採用情報を知られたくないから

誰でも見られるところに公開しておくと、この企業はこんな人を求めているんだなということが、競合他社にもわかってしまいます。

中身によっては「この企業は今どんな方向に進もうとしているのか」なんてことまでわかってしまうかもしれないですね。

不必要に情報を流さず、優秀な人材を集めたいので、企業は転職エージェントを利用して非公開求人にするのです。

広告費を抑えたいから

求人の広告費用はバカになりません。私も以前会社で採用を担当しておりましたので、優秀な人を採用するために広告を出そうと思ったのですが、あまりの金額に断念しました。

その金額を出してもいい人がくるとは限りませんし、広告が掲載できる期間も短いと1週間くらい、長くてもせいぜい1ヶ月。コスパがいいとは言えません。

非公開求人にすれば、人材を紹介してもらうだけでは費用が発生しない場合が多く、採用して初めてお金を払えばいいのです。

企業としては「この人だ!」という人が現れるまでお金を払わず採用を検討できるのですから、メリットは大きいですよね。

非公開求人の中身を知りたい!どうしたら応募できるのか

非公開求人にはどうやったら応募できるのでしょうか。

まずは転職エージェントに登録する

非公開求人はネットを検索しても出てきません。まずは転職エージェントに登録して、仕事を紹介してもらう必要があります。

登録するにあたって費用はかかりませんし、利用料や紹介料などもかかりませんので安心して登録してみてください。

転職エージェントは色々ありますが、

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • doda

など大手のところだと非公開求人もたくさん情報が来ていると思います。

情報を探して自分で応募する

転職エージェントに登録すると、自分の年齢やスキルにマッチした求人情報を見ることが出来るようになります。

希望する条件の仕事が見つかったら、積極的に応募してみましょう。

スカウトが来たら応募する

自分から情報を探すのとは別に、あなたのプロフィールなどを見てエージェントが「こういった求人はどうですか」と提案してきたり、企業側からオファーが届くこともあります。

自分のスキルとのマッチ度も高い情報が来ることが多いので、これも積極的に応募してみるといいでしょう。

非公開求人を利用して転職の可能性を広げてみよう

本気で転職をしようと思うなら、非公開求人を利用しない手はありません。

私も以前、3つほど転職エージェントに登録していましたが、40代でもちゃんとスカウトが来ましたよ。

公開求人はよりも条件は良かったと思います。

登録に当たっては費用も一切かかりませんし、スカウトが来たからといって希望する職種でなければもちろん応じる必要もありません。

登録しておけば様々な情報に触れることが出来るので、転職したいという気持ちがあるならいくつか登録しておくことをおすすめします。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る