女性が一人で生きることは可能!今からできるおひとり様対策

最近は多くの人達が自分の生き方を決め、それに沿った生活ができるようになっています。いろいろなライフスタイルを選択する人達が増えているのです。そういった人達の中には、結婚をしないで一生を独身で過ごす、という選択をする人達がいます。

男女共に自分の力一つで生きていこうとしている人達がたくさんいるのです。

こうしたライフスタイルに触れ、一人きりの生活をしてみたい、それに備えた準備をしたい、と感じている人も多いです。そこで今夏は、女性が一人きりで過ごす方法をご紹介します。

一人きりの人生を選択したい人はもちろん、結婚しても自立した生活を送りたい人にも役立つ内容です。ぜひご覧下さい。

女性が一人で暮らす際、必要な物を知っておこう

女性が一人きりで説渇していくには、一体何が必要なのでしょうか。最低限必要な物はどんなものなのかを知っていれば、一人で生きていく為の計画を具体的に立てられるようになります。まずは何が必要になるのかを知りましょう。

健康

女性が一人で生きていく条件として、健康である事は欠かせません。生活の基盤を築くのが自分だけなのですから、当たり前と言えば当たり前です。

健康を損なえば働けなくなったり、必要なお金を稼げなくなったりします。病気になればその分人の手助けも必要になりますから、健康である事は一人で生きていく為には欠かせない要素なのです。

普段から

  • 食事
  • 睡眠
  • 体調管理

に気を付け、健康的な生活を送るようにしましょう。

住まい

生活するには、住む場所も必要です。その為、住まいの選択はとても重要になります。

住まいを探す時は

  • 立地
  • 賃貸の場合は家賃
  • 間取り

を大切にしながら選ぶようにして下さい。

自分が過ごしやすく、継続して管理・生活ができる物件を選ぶようにしましょう。

また、

  • 家やマンションを購入する場合
  • 賃貸で暮らしていく場合

でも、家の維持費や管理費はある程度かかっていきます。

築年数が進めば進む程、管理に必要なお金も大きくなります。住まいを選ぶ時は、こうした点にも注目しながら選ぶようにしましょう。

お金

一人で暮らしていくなら、お金はとても大切な要素です。

一人で生きるという事は、生活費を稼ぐには自分だけ、という事でもあります。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 保険料
  • 消耗品等の雑費

等の生活にかかる最低限のお金を全て自分で用意しなくてはならないのです。

国民年金を満額受け取れたとしても、最低でも10万円は生活するのにかかっていきます。不足分は自分の貯金を切り崩す事で補填していきます。一人で暮らしていくには、老後の対策も必要なのです。

具体的には、定年退職するまでに3000万円程の貯金が必要になるといわれています。もちろん、定年退職した後も働くつもりなら、必要な金額もそれに合わせて小さくなります。

とはいえ、お金はあればある程安心できるものです。若い内からしっかり老後のお金を対策しておきましょう。

一人暮らしに役立つ制度を知っておく

人間が一人でできる事は限られています。一人で生きていこうとしても、上手くいかない時もあります。こうした状態にできるだけ遭遇しないようにするには、一人暮らしを助けてくれる制度やサービスの存在を知っておくのが有効です。

  • 国や市のサービスや制度
  • お金やその支払いの仕組みや制度
  • いざという時に頼る事ができるサービスや制度

等を常に調べておく習慣を身に付けましょう。

この習慣を身に付けておくと、自分が困った事態に遭遇した時でも慌てずに必要な助けを正しいやり方で得る事ができます。

特に、

  • 病気や怪我で生活が困難になった時に頼れる制度
  • お金や仕事の事でトラブルが起きた時に頼れる制度

等は、若いうちからでもお世話になる可能性が高い精度です。

こうしたサービスや制度は、住んでいる市町村によって受けられる内容や、その手続きをする為の場所が違います。いざという時の為に、内容や手続きの場所を調べ、いつでもその情報を使えるように準備しておきましょう。

今からできる!一人暮らしに備える準備とその方法

一人で生きていく為には、その為の準備期間が必要です。今からできる準備をいくつか紹介しますので、参考にして下さい。

一生働ける仕事や、その資格を得る

お金を用意するには仕事をしなくてなりません。この仕事も、場合によっては見直しが必要です。

  • 年齢制限がある仕事
  • 体力が必要な仕事

は、ある程度の年齢が来ると仕事を続けるのが難しくなります。

現在の仕事を辞める必要はありませんが、高齢になってもお金を稼げるように準備をしておく必要があります。生活費を稼ぐ人は自分だけなのですから、その対策もしなくてはならないのです。

  • 高齢でもできる
  • 定年が来てもできる
  • 体力が無くてもできる

といった条件を満たす仕事や、その為の資格、技術を取得する等の対策を今からしておきましょう。

例えば、資格でいうと、一度取得すれば一生使い続けられるタイプの資格が有効です。

  • 宅地建物取引士
  • 公認会計士
  • 簿記2級
  • FP検定2級

等があります。

これらの資格は一度取得すれば一生使い続けられる資格です。仕事も全国にあるので、働く場所を選ばずに仕事が出来ます。この他にも、様々な資格や技術があり、それを活かせる仕事がたくさんありますから、自分に合ったものを選んでみて下さい。

長く続けられる趣味を持つ

意外と見落とされがちな要素に、趣味や生きがいがあります。

一生一人で生きると想像すると、どうしても生活の問題が浮かびがちです。しかし、一人で暮らしていくという事は、一人で過ごす時間が大半になる、という事でもあります。一人の時間を楽しむには、その時間を過ごす為の趣味が必要になるのです。

また、一人で家の中に閉じこもっていると、本当に人と関わる機会が失われ、孤独になってしまいます。一人で過ごすのが平気な人でも、完全な孤独の中で過ごしていると、生きる張り合いを無くしてしまいます。

これを避けるのにも、趣味は有効です。趣味を通じて友人を作る事ができれば、完全に孤独を避ける事ができるのです。

趣味は個人の好みが活かされる要素でもありますから、自分に合ったものを選ぶのが一番ではあります。

しかし、年齢を重ねていった時の事も考えて、

  • 体力が無くても工夫をすれば出来る趣味
  • 長く、マイペースで続けられるような趣味

等、体が衰えてもできるような趣味を持っておくのがおすすめです。

工夫が出来れば、女性でも一人暮らしはできるようになる

最近は色々なライフスタイルに合わせて社会も変化しています。女性が結婚しないで一生を送る事も、工夫をすればできるようになっているのです。

一人で生きていきたい人や、結婚しても自立した生活をしたい人は、今からできる準備をする事から始めてみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る