さり気なく笑顔で気配りできる花形職『ホールスタッフ』仕事内容

オシャレなカフェやバー、素敵なレストラン、格式高いホテルで働くホールスタッフたち。笑顔でスマートでさり気ない気遣いもできる…見ていてとても素敵ですよね?

おいしいまかないは食べらると聞くし、楽しそうにお客様とお話している、スタッフ同士も仲良しで楽しそう。メリットが多そうで働くのが楽しそうに見えますね。

外から見ると素敵で楽しく、楽々仕事をこなしているように見えるホールスタッフですが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では、ホールスタッフの仕事内容、身だしなみ、言葉遣い、向いている性格、体験談などを簡単に紹介していきます。

コミュニケーション上手になり、女性としてのスキルアップも叶うかもしれません。


ホールでお客様と接することがメインの仕事。笑顔や気配りは必須

花形のホールスタッフの仕事はお客様中心の接客がメインです。

主な仕事内容

お客様対応に加えて、料理を運ぶ、店内をキレイに保つのもホールスタッフの仕事です。常にお客様が快適に過ごせるかに意識を向けることが大切です。

【仕事内容】

  • お客様のご案内
  • オーダーを伺う
  • メニュー内容を把握
  • 料理を運ぶ
  • キッチンとコミュニケーションを取りながらお客様の要望に応える
  • テーブルを片づける
  • クリンネス
  • レジでの清算
  • 感じ良く笑顔で対応

重要なのはお客様の要望に上手に応えなくてはいけないため、どこまでOKで、どこからがダメなのかボーダーラインを知っておくことです。臨機応変に対応しつつ、ダメなことはダメとしっかり不愉快のないように断るのも仕事のひとつです。

オーダーではミスのないように聞くために復唱することが大切です。間違った料理を持っていってしまうと、お客様の時間を奪ってしまうことになるため、お客様によってはトラブルになることもあります。急いでしまうこともありますが、ポイントポイントで一度立ち止まり、丁寧に確実にこなすことが必要です。

清潔感のある身だしなみが必須

ホールスタッフの身だしなみはシンプルでお客様に安心を与えることができる清潔感が重要です。

【基本の身だしなみ】

  • ベーシックなヘアカラー
  • 清潔感のある何もつけていない爪
  • 短い爪
  • シンプルなメイク
  • 装飾品は外す
  • ヘアスタイルは料理に入らないように束ねる

基本中の基本がみだしなみです。料理を運ぶ役割があるので、清潔感があるような身なりでなくてはいけません。

「派手なネイルで料理を運んだ不機嫌な顔をされた」「髪をおろしていて料理の中に入ってしまった」「爪が長くて料理やおつりを渡す時に傷付けてしまった」などということが起こってしまっては、お店の信用問題に関わってしまいます。

トラブルがなく、快適にお客様に料理を提供できるような身だしなみを心掛けるのが重要です。ファッション志向の人や自分をかわいく魅せることが譲れない人など不向きです。そのような人でもオンオフを上手に分けられる人が向いています。

丁寧な言葉遣いと話し方

仲良くなったお客様がいたとしても、ホールでは親しみやすすぎる言葉遣いや話し方は禁物です。他のお客様が見ていて不愉快にならないような丁寧な言葉遣いと話し方が基本です。

基本的な正しい敬語を覚えておくと、フランクにならずに対応することができます。

間違った言葉遣い  正しい言葉遣い
よろしかったでしょうか? よろしいでしょうか?
どちらにいたしますか? どちらになさいますか?
○○円からお預かり致します  ○○円お預かり致します
了解です 承知しました・かしこまりました
お待ちいただく形になります   お待ちいただきますが、よろしいでしょうか?

間違っている言葉遣いをよく聞くことがありますが、お店の雰囲気が変わってしまうので正しい言葉遣いを覚えておきましょう。また、教育が行き届いていないと誤解を与えてしまいます。正しく使えると、女性としての品性もアップします。

特にホテルのホールスタッフは品格や礼儀、マナーが重要になります。正しい言葉遣いも含まれているので、覚えておくと便利です。

ホールスタッフは忙しい時間や時期になると慌ただしくなりがちですが、どのような状況でもゆっくりと落ち着いた話し方をするように心掛けると良い印象を残すことができます。加えて、笑顔があるともっといいですね。

ちょっと華やかなホールスタッフの給料はどのくらい?

ホールスタッフの給料は働く先によって少々ことなります。

【平均時給・募集時間帯】

  • 950円~1300円
  • 早朝・昼・夕方・深夜

※参考 タウンワーク・indeed・マイナビ

ホテルのレストランなどは時給が高い傾向にあります。また、深夜にかかる居酒屋やバーなども深夜料金が加算されることもあり高めになります。

募集時間は、早朝~深夜まで幅広く、お店によっては4時間からOKというところもあるのである程度シフトに自由があるようです。

どのような性格の人が向いている?ホールスタッフは体力勝負

ホールスタッフは、フロアを歩くことが多いため体力勝負です。また、いろいろなタイプのお客様と接するので人と接することが好きな人が向いています。

  • 体力がある
  • 笑顔でいられる
  • 人と接するのが好き
  • 明るい
  • コミュニケーション上手
  • 料理に興味がある

お客様とが何を望んでいるのか?を会話の中でキャッチし、望んでいることが対応できるか?お客様の要望をスタッフにすぐ確認できるコミュニケーション上手な人だとスムーズに仕事ができるでしょう。

ホールスタッフはチームワークで仕事をしているので、コミュニケーション上手だと円滑に進みます。

また、そのお店の料理に興味があると試食や社員割引で実際に食べたりしてお店を「知る」ことに繋がります。お客様から質問された時にすぐに回答できるなど、仕事に活かすことができるので、メニューに興味がある人は仕事を覚えるのも早いでしょう。

実際にホールスタッフで働いたことのある人たちの声はどう?

実際にホールスタッフとして働いてきた人たちの声は、「やりがいがある」などさまざまでした。

【メリット】

  • 想像以上に大変だったけど、気づけばメニューを全部覚えていて記憶力が良くなっていくのを実感
  • 子供から老夫婦まで来るので接客が楽しい
  • 達成感がある
  • まかないがおいしい
  • 人見知りが直った

人と接するのが当たり前の仕事のため、いつの間にか人見知りが改善されていたという声があることに驚きます。人と接するのは好きだけど、積極的になれないような性格の人もチャレンジするとポジティブな対応能力が身につくかもしれませんね。

まかないやメニューを社員割引で食べれるのはホールスタッフの特権ですね。おいしくいただいて、メニューを覚えるのもやはりひとつの仕事のようです。

【デメリット】

  • フレンチの作法を覚えるのが大変だった
  • 足が痛い
  • わがままなお客様対応が面倒
  • 手が荒れた

立ち仕事なので足が痛くなったり、むくんでしまうことがあるのは避けられません。次の日に残さないように自宅でのセルフケアやリフレッシュしてあげるとより楽しめそうです。

同じように手荒れも悩みのひとつのようです。消毒を頻繁にしたり、手を洗う回数も多いため、手荒れが気になりますね。ひび割れにならないように、ハンドクリームを休憩中につけておくとひどくならずに済むようです。

真剣に向き合えば、女性としてのスキルもアップできる仕事

ホールスタッフの仕事は、気遣い・おもてなし・丁寧さ・言葉遣いなど洗練された女性になるために必要とする要素がたくさん含まれています。

さらにホテルのホールスタッフを選ぶとマナーが身に付き、プライベートでも楽しめる幅が広がっていくことでしょう。ホールスタッフの仕事は真剣に向き合い、仕事をこなすことで女性としての成長も叶うことが期待できます。

仕事しながら磨きをかけられるなんて素敵ですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る