ホールスタッフの仕事内容はコレだ!活かせるスキルも紹介

アルバイトの求人から正社員まで、必ずと言っていい程見かける仕事内容の一つに、ホールスタッフがあります。

よく耳にする事が多いホールスタッフという仕事ですが、具体的にどのような事をやるのか、と聞かれると、答えられない人もいます。身近で、よくある仕事ではありますが、細かな内容まではあまり知られていないようです。

今回は、ホールスタッフという仕事の仕事内容と、それによって身に付けられるスキルや経験について解説していきます。これからアルバイトを検討している人や、接客業でのキャリアアップをしたいと考えている人は、ぜひご覧下さい。

ホールスタッフとはどんな仕事?仕事内容を知っておこう

ホールスタッフは接客業の代表的な仕事です。耳にする事も、実際にその仕事に就いている人を見かける事も多い仕事だといえます。そんなホールスタッフの、具体的な仕事内容を解説していきます。

ホールスタッフの主な仕事内容

ホールスタッフは、飲食店等でオーダーを取ったり、料理等を運んだりする仕事です。主な仕事内容はお客様に接客する事ですから、接客業の中でも特に身近な仕事と言えるでしょう。

オーダーを取ったり、料理等を運んだりする以外の仕事では、

  • 店内の掃除
  • 店内の備品・マシン等のメンテナンス
  • レジ業務

等も行ったりします。

ホールスタッフはそのお店の雰囲気を作り出す重要な仕事です。人によっては、ホールスタッフの接客によってお店を選んでいるような人もいます。

身近な仕事ですが、お店の雰囲気を作るという、飲食店では重要なポジションを占めている仕事でもあります。

様々な所にいるホールスタッフ

ホールスタッフは様々なお店で見かけます。

  • レストラン
  • カフェ
  • バー
  • 居酒屋
  • ホテル
  • パチンコ店

等、業種は主に飲食店が多いですが、例外もあります。

お店によって行う業務も細かく違いがあります。基本は接客業ですが、お店によって求められている接客の仕方が違う為、お店によって合う・合わないがあるのです。

ホールスタッフとして成功するには、自分と相性のいいお店を選ぶ事が重要になります。

ホールスタッフのキャリアアップ

ホールスタッフのキャリアアップの方法としては、ホールスタッフを何年か経験した後に、その上の役職に就く、というのが一般的です。

ホールスタッフのいるお店では、

  • マネージャー
  • サブマネージャー
  • 店長

等がいますが、こうした役職に就くのがキャリアアップとなります。

アルバイトやパートからこれらの役職に就く事もあれば、

  • 正社員登用制度
  • 一度退職し、正社員試験に挑戦する

等の形を取り、正社員となる場合もあります。

キャリアアップの仕方はお店によって違います。アルバイトから正社員になりたい場合は、正社員登用制度のあるお店でキャリアアップを目指した方が良いでしょう。

また、お店で接客の修行を積み、その経験を活かして独立する人もいます。これも成功すればキャリアアップといえます。

ホールスタッフで働く際に、必要なスキルと身に付けられる経験

ホールスタッフとして働く場合、求められるスキルがあります。また、働きながら身に付けられるスキルや経験もあります。それぞれの能力や経験を見て、自分に向いている仕事なのか、自分の欲しい力が付くのかどうかを考えてみましょう。

ホールスタッフに求められる能力

ホールスタッフとして働く場合、3つの力を求められる事が多いです。

  • 体力があり、常に元気でいる事
  • 明るく、コミュケーションやホスピタリティに優れている事
  • アドバイスや指導に素直に、性格に従える事

それぞれの能力について説明していきます。

ホールスタッフは接客業ですが、かなり体力を使う仕事です。立ち仕事な上に、職場によっては昼勤と夜勤が入り混じる場合もあります。お客様の申し出にすぐ反応・対応できるような瞬発力も求められます。

また、接客の基本として、明るく、元気な対応を求められる事が多いです。ホールスタッフは働く間安定した身体能力を維持する力が必要になります。

働くお店によって対応の仕方は違いますが、多くの場合、

  • 明るい態度
  • 積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢

が求められます。

ホールスタッフはただオーダーを取ったり、料理を運んだりすればいいという訳ではありません。

お店の雰囲気作りも重要な仕事です。接客業ですから、お客様とコミュニケーションをとる可能性が高い為、コミュニケーションに抵抗がない人が求められます。

ホールスタッフは実際に働いてみると、たくさんの作業をこなす仕事だという事が分かります。その為、指導やアドバイスも他の仕事よりも多い傾向にあります。

アドバイスや指導をたくさんもらうのが苦手な人だと、ホールスタッフは上手く働けません。ホールスタッフで働く場合、アドバイスや指導、指示に対して、素直に、性格に対応できる力が求められるのです。

ホールスタッフとして働く事で身につくスキルや経験

体力が必要な上に、人としての振る舞いも要求されるホールスタッフですが、その分身につくスキルや経験は大きなものがあります。

ホールスタッフとして求められる力は、そのまま自分のスキルや経験として活かす事ができます。

接客業の基本となる力ですが、この力はどこで働いていても役立つ力です。ホールスタッフとしてこれらの力を得られれば、将来のキャリアに役立てる事ができます。

また、ホールスタッフはお客様の要望を読み取り、時には先回りして対応する必要がある仕事です。ホールスタッフとしての力が身につくと、お客様や周りの人が何を求めているかを判断する洞察力も身に付けられるようになります。

この力は接客業だけでなく、事務等の周りをサポートするタイプの仕事でも求められる力です。ホールスタッフとしての経験は、他の仕事に就いた時にも活かせる力となります。

また、ホールスタッフは他のスタッフと協力して作業をする事が多いです。その為、接客の基礎力だけでなく、チームワークを構築・維持する力も身に付ける事ができます。お客様だけでなく、一緒に働く人と付き合う力も身につくのです。

ホールスタッフの経験は一生活かせる経験となる。挑戦してみよう

ホールスタッフの仕事内容は、細かく、体力や精神力を使う事が多いです。大変ですが、力を身に付ける事ができれば、幅広い仕事でその力を役立てる事ができます。興味があれば、ぜひ挑戦してみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る