フリーランスの確定申告!知っておきたい必要な書類と手続き

フリーランスの方が悩む、年に一度の確定申告。フリーランスの確定申告には、白色申告と青色申告があります。自分はいったいどちらなのか?と悩んでいる方も多いはず。

そもそも確定申告って何?という方ももちろんいます。確定申告は、所得税や住民税などを納めるために必要な手続きで、会社員とは違い、フリーランスは自分でしなければなりません。

そんなフリーランスの確定申告における必要な書類と手続き方法をご紹介します。

フリーランス(個人事業主)に必要な確定申告とは

確定申告とは、所得税や住民税などを納めるために必要な手続きで、会社に勤めているサラリーマンの場合は、毎月の給与から所得税が厳選徴収され、年末に年末調整を行うことで、会社が納税を行ってくれていますが、フリーランス(個人事業主)の場合は、それを自分で確定申告を行うことが必要となります。

毎年、前年の1月1日~12月31日までの一年間に得た所得を税務署に申告し、払いすぎた税金を還付してもらったり、納め足りなかった税金を納付したりします。

簡単な白色申告と、届け出が必要な青色申告の違い

確定申告には白色申告と青色申告があります。どちらで確定申告をしなければならないのか分からない方も多いはずです。

事前に把握しておくことのひとつとして、大きな違いが、青色申告は、開業してから2カ月以内か、その年の3月15日までに税務署へ申告したかどうかです。

特に何もしていなければ白色申告になります。

白色申告

白色申告は、特別控除は無く、決算書の種類が収支内訳書の簡易で、専従者給与(家族への給与が必要経費となる)が、配偶者が最大86万円、配偶者以外が最大50万円までとなり、赤字の繰り越しと減価償却資産の特例がありません。

青色申告

青色申告は2種類あり、帳簿のつけ方により、特別控除が10万円と65万円に分かれます。

特別控除10万円は決算書の種類が損益計算書になり、帳簿は簡易簿記です。

特別控除65万円は、決算書種類が、損益計算書、賃借対照表が必要になり、複式簿記という帳簿のつけ方で、一定レベルの経理知識が必要になります。

共通しているのが、専従者給与は全額制限なしで経費になります。そして、赤字の繰り越しが3年繰り越せます。これは「純損失の繰り越し控除」と言われるもので、その年の事業の上が地を翌年以降3年間に発生した事業黒字と相殺できる制度です。

そして30万円未満の固定資産が全額経費になる「少額減価償却の特例」があります。この、少額減価償却の特例とは、パソコンや、カメラなど、1年以上利用する備品で10万円以上のものは、試用期間にわたって経費に計上する原価償却を行うものを、30万円未満であれば、全額経費にすることができます。

確定申告で必要な書類と手続き方法

確定申告で必要な書類は税務署で入手できるものと、自分で準備するものがあります。

税務署で入手できる確定申告書にはAとBの2種類あり、フリーランス(個人事業主)が使用するのは確定申告書Bになります。

この確定申告書AとBは税務署のホームページからダウンロードすることも可能です。
白色申告 青色申告
確定申告書 B 確定申告書 B
各種控除関係の書類 各種控除関係の書類
源泉徴収票 源泉徴収票
収支内訳書 青色申告書

そして、確定申告の際に、社会保険料や生命保険料を支払った証明書を添付することで控除を受けることができます。

主な控除が

社会保険料控除・小規模企業共済等掛金控除
健康保険や年金、企業共済などの国民の福祉に貢献する施策で、その保険料や掛け金が全額控除されます。
生命保険料控除
民間の生命保険や民間の個人年金などの年間支払い額を支払保険料によって控除されます。
医療費控除
年間10万円以上の医療費を使った世帯に、10万円を超えた部分の医療費を最高200万円まで控除されます。
地震保険料控除
損害保険等の地震等損害部分の保険料を支払った場合に受けることができます。
雑損控除
天災や火災、盗難や横領の被害額を控除できます。
寄付金控除
国や自治体、特定NPO法人などに寄附(特定寄附金)をした場合、ふるさと納税や寄附金控除をされる。

などです。証明書が手元にあるか必ず確認をし、きちんと控除を受けましょう。

白色申告に必要な収支内訳書

その年の、

  • 売上
  • 仕入れ
  • 人件費
  • 旅費交通費
  • 通信費

などの経費をすべて記入し、その年の所得を計算します。それを確定申告書とともに提出します。

青色申告に必要な青色申告決算書

事業の収入と経費を計算する書類で、全4枚で構成されています。

  • 1枚目「損益計算書」
  • 2枚目、3枚目「損益計算書の内訳」
  • 4枚目資産や負債の状況を記載する「貸借対照表」

これらを作成し、所得税の確定申告書とともに提出します。

源泉徴収票

源泉徴収票は給与や年金、または退職金などの支給があった場合に原本を提出する必要があります。

手続き方法

確定申告の書類を揃え、記入したら、提出期限内提出をします。提出期限は、毎年2月16日~3月15日です。

確定申告はWEB(e-Tax)でもできます。わざわざ税務署に行かなくても国税電子申告・納税システム(e-Tax)で手続きをすることができます。

これには事前に準備が必要です。まず、電子証明書を取得します。これはオンラインによる申請・届出等に際して、本人であることを電子的に証明するもので、マイナンバーカード(個人番号カード)に格納されています。

そして、納税地を所軸する税務署に電子申告・納税等開始届出書を提出すれば、国税電子申告・納税システム(e-Tax)での届出書作成と提出が可能になります。一度登録をすると翌年からも簡単にできるようになります。

フリーランスの確定申告は事前準備と知識が大切!

今までは会社がやってくれていた納税もフリーランスになればすべて自分で行わなければなりません。そのためにはまず、事業として白色申告か青色申告で行くのかなど決めなければならないことや、知識が必要になります。先に知識をインプットしておき、確定申告の時期になって慌てないことが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る