二日酔いになったら仕事はどう乗り切る?起きた時の対処が肝心!

いつもよりお酒を飲んでしまって、起きたら二日酔い。あまりのだるさで仕事を休みたいけれど、休むわけにはいかないこともあります。

つい飲んでしまったと後悔する時間を二日酔い対処の時間に充てましょう。この記事では、二日酔いになっても仕事を乗り切る方法をご紹介しています。

二日酔いはアルコールによって肝臓が弱っている証拠。アルコールから分解された有害物質が血液内に出ているため、頭痛や胃の不快感も起こります。これを改善させるために薬品以外にも水分を多く飲む、フルーツを食べるなどの方法があります。

二日酔いだけど仕事へ行かなければという方はもちろん。二日酔いを早く治したいと思っている方に読んでいただきたい記事です。


不快感を持ったら二日酔い。目覚めから出勤までの対処

二日酔いは飲み過ぎによる頭痛や胃痛、吐き気、胃の膨張感、胸やけなどが特徴です。前日お酒を飲み、起きた時にこのような症状があったら二日酔いを疑いましょう。

二日酔いの原因はアルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒド。有害物質の一種で、これが肝臓で処理しきれない状態になると、胃もたれや頭痛などを引き起こします。

緑茶やコーヒー、ビタミンを含んだ果実を摂取する

お酒による利尿作用で脱水症状が起きやすくになっています。起きたら水分を必ず取り、体外にアルコールを出すのが有効です。

水以外にも、

  • スポーツ飲料で体内吸収を促す
  • 胃の粘膜を修復するタンニンを含んだ緑茶を飲む
  • アルコールの分解を助けるビタミン類を摂取する
  • コーヒーのカフェインでだるさや頭痛を抑える

という方法があります。ビタミン類はリンゴやオレンジなどの果物で、摂取しやすいようにジュースを選択すると良いですね。

また、コーヒーは二日酔いで傷んだ胃に刺激が強く、量が多いと頭痛を悪化させます。ミルクを入れたり薄めて飲むのがおすすめです。二日酔いになった日はいつもより多く水分を取ることを意識してみましょう。

間違ってもアルコールは飲まないように。「迎え酒」は二日酔いの症状が和らぎますが、感覚が麻痺しただけなので逆効果。時間が経つと再び症状が出ます。

シャワーを浴びて、気分やカラダをスッキリさせる

二日酔いはカラダのダメージだけでなく気分も落ち込みます。ブルーな気分で出勤すると、仕事にも手がつかきません。

シャワーを浴びて身も心もスッキリさせてから出勤の準備をしましょう。歯磨きやブレスケアなどの準備も忘れずに。

カラダの状態に合った薬を服用する

水分をいくら飲んでも辛さが収まらない。その場合は薬の出番。飲み過ぎによる胃痛や吐き気に対応した、医薬品を服用しましょう。肝臓の機能を助け、胆汁の分泌を促すウコンの摂取もおすすめ。

二日酔いを克服する。業務開始から1日の終わりまで

何事もなく無事にオフィスに着いても、帰るまで気が抜けません。胃痛薬を常備し、水分を多く摂取。いち早く改善するように心掛けておきます。

いつもより明るく振る舞う。気持ちが上がり改善することも

上司や同僚に「二日酔いで参っています」と言える状態であれば気持ちが落ち着きます。しかしなかなか言い出せず、顔色で相手に察される場合が多いです。

笑顔を多く出して気持ちを前向きにしてみましょう。余裕があればキビキビと作業をして、自分のブルーな状態を変えてみるのも手。次第に明るい気持ちに引っ張られて、カラダの調子も戻っていきますよ。

場所移動の多い業務は控え、適度に休む

二日酔いは体力を削られている状態。頭痛があれば動く度に頭がガンガンしてしまいます。

できるだけカラダを安静にできる環境に身をおくようにしましょう。休憩時間中に眠る場合は、寝過ごし防止のためタイマーをかけておくと安心です。

二日酔いと言わずに、少し調子が悪いことを伝えたり、風邪気味であることを伝えて乗り切る方法もアリ。業務に支障が出るほど症状が悪い場合は、早退も考えましょう。

食事は内蔵をいたわるものを選択。就寝は早めに

カラダのだるさで食べ物が入らないかもしれませんが、栄養を補給しないと調子は改善されません。タンパク質が欠乏しているため、肉や卵などを食べるようにしましょう。バナナや魚などのビタミンB6を取り入れるとさらに良いです。

油ものは控えてあっさりとした料理を食べ、疲れた内臓を食事でいたわりましょう。胸やけや吐き気がある場合は無理に食べようとせず、水分補給を行ってください。

そして、一日が終わったら早めの就寝を心掛けます。二日酔いが治まっていても、食べ過ぎを避けて体内の毒素アセトアルデヒドを出し切るために、飲酒は控えましょう。

一番の対処法は飲み過ぎない。適度に水分をとること

ここまで二日酔いになった際の仕事の乗り切り方を紹介してきましたがいかがでしたか?一番の対処法は、お酒を飲んでいるときに適度に水分を飲むこと。

そして、寝る前にも水分を飲むことです。これだけでも二日酔いの症状が起きにくくなります。無理をせずお酒と上手に付き合っていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る