イライラを抑える方法を学んで、ストレスフリーを目指そう

仕事やプライベートでうまくいかない事がある時や、ホルモンバランスが崩れている時は、どうしてもイライラしてしまいがちです。

イライラからくる失敗に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

何とかしたくて我慢するばかり、逆にイライラを爆発させてしまう人も多いです。

爆発してから自己嫌悪を感じてしまい、またイライラして悪循環…。なんて、悪夢の様な経験をしている人もたくさんいます。

毎日イライラに襲われていると、何とかコントロールできないものか、と思いますよね。

実は、イライラをはじめとしたネガティブな感情は、仕組みを知っていればある程度コントロールきるのです。

今回は、イライラを抑えるのに役立つ、感情のコントロールを行う方法をまとめました。


毎日イライラが収まらなくてつらい…。

上手くいかない事や体調不良等、イライラしてしまう原因はたくさんあります。イライラを抑えるには、イライラの仕組みを覚える事が大切です。まずはイライラしてしまうメカニズムを覚えましょう。

イライラに悩まされている人はたくさんいる

女性は年齢や職業に関係なく、イライラを感じやすい人が多いです。これは、精神的な原因に加えて、女性の体が持つ特徴によって引き起こされている場合があります。

  • 月経のサイクルによるホルモンバランスの乱れや貧血等の症状
  • 筋肉の少なさからくる体力不足

女性には多かれ少なかれ、この様な特徴があり、これらの特徴がイライラの原因になっている事があります。女性がイライラを感じやすいのは、ある意味しょうがない事なのです。

イライラを感じても、イライラする自分にさらに苛立ちを感じたり、負い目を感じたりする必要はありません。イライラしても、「ああ、自分はイライラしているんだ」と自覚する程度にとどめておきましょう。

実はイライラはそう長くは続かない

実は、イライラや怒りといった感情は、長く続かないようにできています。というのも、人がイライラをはじめとした感情を感じるのは、最長でも約6秒程度と、とても短い時間なのです。

しかし、イライラを感じると一日中イライラしてしまう、という人もいます。これは、イライラを意識するあまり、常にイライラした感情を新しく生み出している為に起こっているのです。

イライラを感じる時間を短くする事が出来れば、イライラをある程度抑える事も可能になります。

イライラする期間を正しく抜けられれば、イライラからの解放も夢じゃない

イライラする期間である6秒間を堪え切れる方法を学べば、イライラする時間を最低限に抑える事が出来るようになります。

感情は我慢してしまうと思わぬ所で爆発してしまいます。これを何とかしたいと考えている人も多いでしょう。これを何とかするには、イライラする期間を正しく抜ける方法を覚える必要があるのです。

次に、イライラを抑える為の方法を紹介していきます。

イライラを抑えるのにおすすめの方法

イライラを抑えるには、イライラを感じてしまう6秒間の間をやり過ごす必要があります。イライラをやり過ごす方法はたくさんありますが、こちらではだれでも、どこでもできる方法を紹介します。

その場から離れる

イライラを感じた時、移動に制限がなければその場から一度はなれるのがおすすめです。オフィスであれば、トイレ等に席を立つといいでしょう。

イライラを感じた場所から物理的に離れる事で、

  • イライラの原因を視界から外す事でイライラの持続を予防できる
  • 移動に集中する事で頭がイライラを感じるのをある程度防ぐ事ができる
  • 人がいない場所に行く事で、人に当たり散らすのを防ぐ事ができる

といったメリットがあります。

イライラすると他人に当たりそうになる人や、イライラの原因から目を離すのが苦手な人には、特に効果的な方法です。

単純な作業に集中する

イライラを感じる原因から離れられない時は、単純な作業に集中するのがおすすめです。掃除や雑務等、毎日こなしているような作業、特に終わった後ある程度成果を感じられる物を行うようにしましょう。

単純な作業をする事で、

  • 作業に集中する事で、イライラを一度頭の外に押し出せる
  • 雑務をこなす事で、後でやる事を少なくできる
  • 頭の切り替えができる

といった効果が期待できます。

単純作業に集中する事で、その場から離れられなくても気分の切り替えができます。これは、怒りからくるイライラはもちろん、不安感等のネガティブな感情からくるイライラにも効果的です。

深呼吸をする

どこでもいつでもできるイライラを抑える方法として、深呼吸があります。深呼吸にはイライラを抑え、リラックスを促す効果があるのです。

人はイライラすると好戦的になる交感神経が優位になり、攻撃的な行動をしやすくなります。深呼吸はこの交感神経の働きを抑え、リラックスを促す副交感神経の働きを優位にします。体の仕組みからイライラを抑えられるのです。

イライラから好戦的になっていると感じられる時や、緊張から来るイライラに悩まされている時は、深呼吸をしてみましょう。

イライラをある程度予防する方法

イライラを抑えるには、イライラを抑える方法を覚えるだけでなく、予防する方法も覚えておくとより効果的です。イライラをあらかじめ抑える方法を紹介するので、参考にして下さい。

イライラしやすい場面をチェックしておく

イライラは誰にでも起こる感情ですが、イライラする場面やタイミングは人によって違いがあります。イライラを抑えた後、どうして自分がイライラしたのかを考えてみましょう。

冷静になった時に自分がイライラした場面を思い出してみると、ある程度共通点を見つける事ができます。それが自分のイライラしやすいポイントです。イライラしやすい部分が見つかったら、それを避ける為の対策をしましょう。

寝不足や空腹に要注意

ライラが起こりやすい原因として、寝不足や空腹があります。毎日イライラを感じるようなら、寝不足や空腹になっていないかを振り返ってみましょう。

寝不足によるイライラは眠る事でしか解消できません。

  • 夜はしっかり睡眠時間を確保する
  • できるようなら、昼寝をする時間を設ける

といった工夫をするとイライラの防止ができます。

空腹は低血糖を招きますが、この低血糖の症状の一つにイライラしやすくなるというものがあります。普段の食事をしっかりとるとともに、ポケットなどに入る程度のおやつも用意しておきましょう。

ちょっとしたおやつを口に含むだけでも、空腹や低血糖によるイライラを抑える事が出来るようになります。

イライラを抑える方法を学んで、穏やかな日々を過ごそう

イライラを我慢しようとすると大変ですが、やり過ごす方法や予防法を駆使すれば、心に負担をかける事なく抑える事が出来るようになります。イライラを抑える方法をうまく活用して、穏やかな日々を過ごして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る