女性警備員の魅力とは、その魅力と仕事内容、給料について

警備員といえば男性の仕事だと印象が強いですよね。それは、警備員には体力が必要ですし、いざというときには身の危険が伴うからです。

また、周囲に威圧感を与えるためには男性の適職だと考えられるのでしょう。しかし、時々は女性の警備員を見かけることがあります。

企業によっては書生警備員を積極的に採用する動きも見られるほどです。ここでは、女性警備員の魅力や強み、メリットなどについて詳しく解説していきます。

施設警備や交通整理、多岐にわたる警備員の仕事

警備員の姿を見かける機会は多いものの、実際にどんな仕事をしているのかわからない点も多いですよね。ここでは、警備員の主な仕事について紹介していきます。

施設警備業務

ビルやショッピングセンターに出向いたとき、警備員の姿を目にする機会が多くあります。警備員の主な仕事のひとつに施設警備業務があります。

出入り管理
ビルの出入り口に常駐し、不審者の侵入防止、不審ぶちの持込みを制限します。
巡回
施設内や外を巡回し、不審者がいないかどうか、施設内の設備や建物に異変がないかを確認します。
設備管理
監視カメラのモニターチェック、防犯センサーの確認など、警備システムに不備がないか点検することも仕事の一環です。

施設警備業務では不審者のチェックなどでは集中力を求められますし、巡回では歩き回る、立ち続ける作業がほとんどであるため、体力を要します。

運搬業務

盗難の危険性が高い物を運搬するときの業務です。

  • 現金
  • 貴金属
  • 骨董品

といった値段の高い物を運搬するときにそれらを警備するのが主な仕事です。特別な輸送車を用いて、警備員もヘルメット防弾チョッキ、護身用の杖など装備を固めて業務につきます。

身辺警護

ドラマなどでも扱われたことから、知っている人も多いでしょう。主に政府の要人やセレブなど、身辺警護を必要とする人を守るのが主な仕事です。

  • テロ行為
  • 自然災害
  • 火災
  • 交通事故

などあらゆる危険から対象人物を守ります。

交通誘導

工事現場やイベント会場にて、自動車や歩行者の誘導を行うのが主な仕事になります。必要に応じてマイクを使ってアナウンスを行い、スムーズな誘導を促すことがあります。

親しみやすさが魅力!女性警備員として働く魅力

不審者に対して威圧感を与えるためには、男性警備員のほうが適していると思うでしょう。

しかし、女性だからこそ、警備員に向いていることもあるのです。ここでは、女性警備員のメリットについて解説していきます。

親しみやすい

たとえば、道を訪ねたいときや迷子がみつかったとき、男性警備員よりも女性警備員のほうが話しかけやすいと思いませんか?

女性のほうが、物腰がやわらかで親しみやすい雰囲気を与えますので、通行人や利用者が話しかけやすいのです。

特に小さい子供や高齢者は、女性のほうが話しかけやすいと思います。

クレームが少ない

交通整理などを行っていると、その不便さに対してクレームをつけてくる人が出てくるものです。

しかし、女性警備員のほうが、そういったクレームが少ないという報告が多いのです。

女性向け設備の巡回が行いやすい

施設内などでは、主に女性が専用で使う設備に不審者が現れやすくなります。しかし、男性の警備員がそれらの施設を巡回するのは難しいでしょう。女性警備員なら、利用者がいても巡回や警備が適切に行えます。

  • 女性トイレ
  • 授乳室

といった設備の巡回には、女性警備員が適しています。

年齢に関係なく働ける

仕事によっては年齢による制限を受けます。また、定年を設けているところがほとんどだと思います。警備員の場合、年齢に関係なく採用を行っているところが多いのです。

その年齢層は広く、18歳から80代の人まで活躍しているほどです。長く働くこともできますし、定年後に健康やお金のために働くこともできるでしょう。

経験が問われない

転職するときや、新たに仕事を探す時は経験を問われることがあります。その点、警備員の場合は未経験からでも応募することができます。

実際に女性警備員の就業状況を調べてみると、全体の5.8%を女性が占めています。しかも、30歳未満に限っては15%と、若い女性の警備員が増えているのです。

正社員登用や待遇アップも期待

警備員として働く場合、年収が気になるところです。警備員の年収や雇用形態や勤務先によっても変わってきます。平均年収は230〜270万円です。

  • 警備員指導教育責任者
  • 機械警備業務管理者
  • 警備業務検定

といった資格を取得することで、正社員登用や給料アップも夢ではありません。

大型商業施設など、女性警備員が活躍できる職場

警備員の仕事もさまざまですが、女性だからこそその強みを活かせる職場があります。女性警備員が活躍しやすい職場について紹介していきます。

イベント警備

花火大会やコンサート、といった大勢の人が集まるイベント会場では女性警備員が活躍します。

  • 高齢者や子供
  • 酔っ払い
  • 地理に不慣れな人
  • 不安な人

など、さまざまなタイプの人が集まってきます。

女性警備員のほうが声を掛けやすいため、来場者に安心感を与えられます。また、クレームやトラブルも女性警備員のほうが起こりにくいのです。

大型商業施設

大型商業施設やレジャー施設は女性の利用者も大勢います。特に授乳室や女性用トイレなどは、女性の利用者がいるときに巡回をすることもあるでしょう。

そのような場所でも、女性警備員のほうが警備をしやすいと考えられます。

ホテル、オフィスビル

場所によってはあえて女性警備員を配置しているところがあります。それは、威圧感を和らげて、清潔感を与えるためです。

また、特定の場所に出入りするときは不審物の持込みを懸念して、荷物チェックや身体チェックを行うことがあります。

その際も、女性警備員のほうが、荷物を見せるのに抵抗が少ないというメリットがあります。

長く働けるなどメリットも多い!警備員は女性にとって魅力的な仕事

警備員は体力や威圧感などの観点から、男性向けの仕事だと思っている方が大勢います。しかし、調べてみると若い世代を中心に女性警備員が増えているのです。」

それは、女性だからこそ活かせる仕事も多いからです。また、経験を問われないことやステップアップも可能であることなど、女性が働きやすい環境が整っています。仕事を探しているなら、女性警備員も選択肢のひとつとして考えてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る