会社の面談は怖くない!個人面談をスムーズに終わらせる方法

会社の方針によっては、定期的に開催されている事もある個人面談。毎回あるのにいつも慣れない、と感じている人はたくさんいます。

個人面談の内容によっては、自分の評価に関連する面談もあり、自然と緊張してしまう事が多いです。

内容を伝えられないまま、いきなり面談があると伝えられる事もありますから、どうしても慣れない人が多いのも頷けます。

そんな厄介な会社の面談ですが、

  • 何の為に個人面談は行われているのか
  • どの様な心構えを持って面談に挑むべきなのか

が分かれば、今よりは緊張しなくてすむかもしれません。

そこで今回は、会社がどうして面談をするのかという、根本的な疑問を取り上げつつ、会社の面談に挑む時の心構えをまとめました。会社の面談が苦手な人は、必見です。


個人面談をしたいと上司に言われた。どうすればいい?

個人面談がしたいと上司に言われると、ドキッとしてしまいますね。そもそも、この会社の個人面談というものは、一体どの様な目的で行われているのでしょうか。面談に対する苦手意識を低下させる為にも、まずは面談の目的を知りましょう。

会社や上司が個人面談をする主な理由

会社が面談を定期的に設けたり、上司が個人面談の時間を作ったりする理由は、2つあります。

  • 社員の本音を聞きたい
  • 面談を通してコミュニケーションを取りたい

この2つを目的として、会社の個人面談は開かれています。

これは、査定面談等のある程度内容が分かっている面談はもちろん、面談内容を伝えられなかった場合の面談でも変わりありません。

面談を通して、

  • 社員がどの様な考えを持っているのか
  • 仕事において、何か問題や改善した方が良い事は無いか

を知ろうとしているのです。

まずは面談の内容を確認しておこう

面談の目的は、内容が分かっている場合でも、分かっていない場合でも、コミュニケーションや意思の確認の為に行われている事が分かりました。面談の時間を目的が分かれば、それに合わせて対処ができるようになります。

面談に対する対処法として、面談をすると言われたら、まずはどの様な面談をするかを確認してみましょう。

面談の内容が分かっていると、それに合わせて自分の話したい事や話すべき内容をある程度絞り、それに合わせた対策が取れるようになります。

これにより、

  • 面談の時間を最低限にまで抑える事ができる
  • 面談時に自分の伝えたい事をしっかり伝えられるようになる

といった効果を得られます。

面談シートがある場合は、詳しい記載を

  • 査定面談
  • 定期面談

の様に、面談内容があらかじめ知らされているタイプの面談だと、面談前に面談シートを配られる場合があります。

面談シートは、

  • 面談をする際に使う情報
  • 面談を受ける側が話したい事

をある程度まとめておくための資料です。

面談シートがある場合、シートに記載された内容に沿って面談が行われます。面談内容の核とも言える資料なのです。面談シートを使って面談をする場合は、出来るだけ細かく記載をしましょう。

面談シートをしっかり記載しておけば、面談時にされる質問の量をある程度少なくする事ができます。面談時の会話もシートを軸に進められるので、ある程度話題を用意しておく事も可能です。

面談シートに記載がないと、

  • どうして記載が少ないのかと質問される
  • 記載がない内容に関する確認

が発生する事もありますので、面談シートはしっかり記載するようにしましょう。

会社の面談はこう挑め!個人面談の心構え

会社の面接の意味や対処法を知っても、面談に対する苦手意識が変わらない、という方も多いかと思います。そんな方に伝えたいのが、面談の心構えです。

面談に向かう際は、2つの心構えをして挑むと、面談に対する不安感や、精神的なダメージをある程度軽減できます。ぜひ試して下さい。

アドバイスやフィードバックは素直に受け止める

面談では仕事に関するアドバイスやフィードバックを受ける場合があります。自分の仕事に関する欠点や至らない部分を指摘される訳ですから、嫌な気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、アドバイスやフィードバックを受けるという事は、その分自分の仕事に成長できる部分があるという事でもあります。それを知る事で、より良い仕事ができるようになるのです。

アドバイスやフィードバックは、上司や会社が自分の悪い点を責める為に行っている訳ではないのです。自分の成長を期待して伝えてくれている事なのですから、素直に受け止め、自分の成長に活かすつもりで受けましょう。

不安な場合は自分の業務を振り返ろう

面接の準備をいくらしても、どうしても不安になってしまう人も多いです。そんな人にしてほしいのが、自分の業務を振り返る事です。

普通に会社で仕事をしていれば、何かしらの成果を出しているはずです。

たとえ小さな事でも構いませんから、

  • 自分が普段からしている仕事
  • 自分がやった仕事

を振り返り、どれだけの業務をこなしているか確認してみて下さい。

会社に行って他の人とおしゃべりばかりしたり、仕事に関係ない事ばかりしたりする人は滅多にいません。まじめに働いていれば、何かしら会社に貢献した事が出て来るのです。

会社に貢献したことは、多かれ少なかれちゃんと評価されています。自分がどれだけ貢献したかを確認すれば、自信を持った状態で面接に向かう事ができるようになりますよ。

また、貢献した内容をまとめた物は、面接時にも活用できます。

  • 自分がやった事を上司にアピールできる
  • 仕事の振り返りをする時に、確認する手間を防ぐ

この様に、面接をスムーズに進める手助けをしてくれるのです。

面接時に必要以上ビクビクした態度で挑んでしまうと、マイナスイメージを持たれてしまう事もあります。普段の自分を振り返って、少しでも自信を回復させておきましょう。

会社の面談は自分にも役立てられる貴重な時間。上手く利用しよう

会社で行われる個人面談は、上司や会社そのものだけでなく、自分自身の仕事をアピールしたり、仕事に関する質問をしたりする事もできる場です。

上手く面接の場を活用できれば、今以上に良い働きができるようになります。

会社の個人面談といわれると嫌なイメージが付きまといますが、嫌なイメージに振り回されないようにしましょう。

面談の時間を有効に活用できるよう、下準備や心構えをしっかり持って挑むようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る