仕事に追われる人の特徴とは。追われないための5つの解決方法

首も回らないほど毎日多忙だ。または忙しいことが当たり前になっていて、仕事に追われていると感じているかもしれません。この追われている感覚をなくすために、解決策を試してみませんか?

この記事では仕事に追われる人の特徴と、追われないための5つの解決策を紹介していきます。追われている人は要領が悪いというだけでなく、目標が遠いなどの特徴もあります。

仕事に追われていると、焦りからかミスも多くなってしまいます。じっくりと仕事に対する自分の心構えを見直してみましょう。

実際に仕事に追われていると感じている方以外にも、作業が遅れがちになってしまうなど悩みのある方、作業をもっと効率化させたいと思っている方にも参考できる内容です。


なんでもこなそうとしてる?仕事に追われる人の特徴5つ

ではさっそく、仕事に追われている人の特徴5つを上げていきます。たくさん当てはまるほど、仕事に追われやすい人の特徴です。あなたはいくつ当てはまりますか?

目標が曖昧、または遠すぎてしまっている

作業が難航して、目標を立ててモチベーションを上げようとしている場合、

  • 「今月は40くらい資料を作る」
  • 「とにかく仕事を消化する」

など目標が曖昧であったり遠すぎてはいませんか?

目標が遠いと、毎日同じ仕事の繰り返しに感じてしまい、仕事に追われているのが当たり前になってしまいます。集中力も持続できなくなってしまうので、せっかくモチベーションを上げようとしても下がっていってしまうばかりです。

手当たり次第に手を付けている

あれもこれもと同時進行で作業を進めていて、時々混乱してませんか?または同僚や上司に頼まれた仕事をなんでも引き受けてしまっていませんか。

マルチタスクにこなせるのはとても効率が良いように感じますが、不慣れであると効率はあまり上がりません。むしろ余計に時間がかかってしまいます。

仕事を頼まれて断りきれず、なんでもかんでも引き受けてしまうと、自分に任された仕事を的確にこなすことができず、ミスも多くなってしまうでしょう。

適度な休みがない。または少ない

勤務中休みなくひたすら業務をこなし続けていたり、休みの日でも仕事のことで頭がいっぱいになったりしていませんか?

気を張り詰めたままでいると、精神的にも身体的にも弱っていってしまいます。集中力持続や、仕事を冷静に見直すためには休みも必要です。

時間にルーズになっている

適度な休憩をしないのと反対に、時間管理の仕方がルーズになっていませんか?

  • 「もうすこし休んだら始めよう」
  • 「始めようとしたけどやる気がでない」
  • 「まだ大丈夫」

などが口癖になっていると、仕事に追われてしまいます。

  • 「のんびり作業しすぎて気がついたら終業時間に」
  • 「周りを見たら作業を終えている人が多く、自分だけ焦っている状況」

などがある場合も特に注意が必要です。

作業の効率や要領があまり良くない

作業効率の上げ方は人それぞれですが、「何から手を付けていいか分からない」など、どこから始めればいいか常に悩んでいるような状態はありませんか?この状態では作業効率が上がらず、集中力もモチベーションもいまいち上がりません。

「とにかくやらなきゃ」と、何も考えずに目の前の仕事に手を出してしまうと、さらに仕事に追われるようになってしまうのです。

仕事と上手く付き合っていく5つの解決策!

5つ特徴が確認できたところで、そのままにしてはいけません。これから5つの解決策をご紹介していきます。仕事に追われないために心掛けてみてくださいね。

優先順位を決めたりして作業効率を上げるようにする

目の前の作業に取りかかる前に、まずは優先順位を決めましょう。

  • 自分に科せられた作業なのか、他人に頼まれた作業なのか
  • すぐに終えられる作業はあるか
  • 作業量はどれくらいで、何時間あれば終えられるか
  • 納品期限が近いものはあるか

など、自分の能力を基準にして、優先するべき仕事、後回しでも大丈夫な仕事と分別してみてください。

メモに優先順位を書いていくと、視覚化されて分かりやすくなります。慣れてくると素早く判断ができるので、作業効率も自然に上がっていきますよ。

目標は小さく、細かく決める

どんなことでもいいので、とにかく目標を細かく立てるようにしましょう。

  • 「今日は2つ仕上げて止める」
  • 「資料の半分を終えたら休憩を挟む」

など、事前に決めておきます。こうすることで、仕事を終えたというスカッとした気持ちを作り、新たな気持ちで次も作業に取りかかることができるのです。

また、「今日は2つ仕上げるって言ったけど1つでいいや!」と妥協したくなる時もあるかもしれませんが、後々のことを考えておきましょう。一時の妥協が後悔として返ってくることもありうるからです。

忙しいときはNOと言えるようにする

これ頼める?とたとえ上司に仕事を任されたとしても、自分が本当に忙しいときはNOと言えるような心持ちを持ちましょう。

「断ると悪い気がするし、逆らえない」と引き受けてしまうと自分の今行っている仕事がおろそかになってしまうでしょう。

それでも引き受けたい気持ちがある場合は、今抱えている作業を改めて確認してください。「いつまで仕上げれば大丈夫ですか?」と聞いてみたり、「この仕事が終わってからでも大丈夫でしょうか?」など、交渉したりしてみましょう。

気を張りすぎず、休むようにする

適度な休憩やストレッチは、カラダや精神面を開放して新たな活力となります。ひと仕事終えたら、疲れたら腕を上げて伸びをするだけでも心地良いものです。

また、休憩時間になったら完全に頭を休ませるため、好きな音楽を聴いたり、仲間と会話を楽しんだりなど、仕事とは全く関係のないことを楽しみましょう。

時間を決めて作業をこなしてみる

時間にルーズだと感じる場合は、「今から1時間集中する。終わったら15分休む」など、細かく時間を指定していきます。

また、時間をもっと有効的に使いたい場合は、ミーティングの合間や、通勤列車の中など隙間の時間を利用するのもアリ。この隙間時間で作業の優先順位を考えたり、メール対応などすぐに終えられそうな作業を探していきましょう。

仕事に追われるより追いかけるのを心掛けて

ここまで仕事に追われるう人の特徴やその解決策をご紹介してきましたが参考になりましたか?

仕事に追いかけられる日々より、余裕をもって仕事を付き合い追いかける方が心もカラダも安定します。自分なりの仕事効率化を見つけてみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る