会社を休みたい時必見!休みを伝える正しい方法教えます

会社を休みたい時というのは、誰にでも起こる事です。病気や怪我といった自分の体調に関係する場合もあれば、一緒に暮らしている家族にトラブルがあり、その対応の為に休みたい、という事もよくありますね。

事前に休みたい日が分かればいいのですが、体調やトラブルは急に悪化する事が多いです。会社に行く当日になって休まなくてはならない、という場合も良く起こります。こんな時は、どうすればいいのでしょうか。

会社を休みたい時は、正しい連絡をしないと自分の評価を下げてしまいます。いざという時の為に、会社を休みたい時の正しい連絡方法を知っておきましょう。また、どうしても会社を休みたい、と感じている時に注意して欲しいポイントも解説します。


会社を休みたい時の連絡は慎重に行おう

会社を休みたい時の連絡は、正しいやり方で行わないと自分の評価を下げてしまいます。評価を下げない為の対策と、どうしても当日休みたい時の対応を覚えておきましょう。

緊急でない場合は、会社の手続きに沿って休みを取ろう

  • 確実に休まなくてはならない日が分かっている場合
  • 緊急ではないが、休まなくてはならない用事がある場合

は、会社の手続きに沿った形で休みを取っておきましょう。

同じ休むにしても、いきなり休むよりも、予定が分かっている状態で休んだ方が周りの人のも迷惑をかけません。

場合によっては、ただ休むのではなく、

  • 有給
  • 療養休暇
  • 介護休暇

等、会社の制度を使って休んだ方が良い場合もあります。

緊急でない限りは、休みは会社の手続きや制度を使って休みを取るようにしましょう。この時の休みも、出来るだけ会社が忙しくない時期を狙って取るようにすると、周りの人への迷惑を最小限にする事ができます。

その日に休みたい場合は電話連絡で

  • 朝から体調不良で仕事が出来そうにない
  • 緊急の用事で会社に出社できない

といった場合は、その日に休む連絡を会社に入れなくてはなりません。

この様な場合は、電話で会社に休みたい旨を伝えるようにしましょう。

  • 会社の規則で連絡用ツールが決まっている
  • 電話連絡を禁止されている

といった特別な事情がない限りは、電話で休みたい旨を伝え、その後の指示を仰ぐようにして下さい。

メール等のツールで連絡すると、連絡漏れが発生する可能性があります。また、メールで休みの連絡を入れる事にあまり良い印象を抱かない人も多いです。休みの連絡は基本電話で行いましょう。

休みたい旨を伝える時間と相手に注意

休みたい旨を伝える場合、気を付けて欲しいのが電話をする時間と相手です。

電話を入れるタイミングとして、自分の直属の上司が出勤する時間の少し前位がベストです。朝のあまり人がいない、バタバタしにくい時間に連絡しましょう。

就業時間の直前と直後は、朝礼や仕事の準備でバタバタしがちです。この時間に電話してもつないでもらえなかったり、通話するのが気まずい状況になったりしがちなのです。

電話連絡をもらった方も困ってしまいますから、避けるようにしましょう。

電話をする相手は、基本直属の上司に電話します。

同僚や他の人に休みたい旨を伝えてしまうと、上司に自分の事を伝えてもらう時に、

  • 伝え漏れ
  • 伝え間違い

が起こる可能性があります。これを防止するには、直接上司に伝えるのが確実です。

上司の心境としても、自分が直接管理しているのに、他の人を通して連絡されるのは気分が良くありません。自分の評価を下げる原因になってしまいますから、ちゃんと自分で、直属の上司に休みたい旨を伝えるようにしましょう。

どうしても会社を休みたい…。そんな時に注意して欲しいポイント

病気や怪我、アクシデントといった理由が無くても、会社をどうしても休みたい、と考えてしまう時もあります。そのような時、気を付けて欲しいポイントを解説していきます。

解説していく内容を読んで、少しでも心当たりがある場合は、適切な対処を取るようにして下さい。

どうして会社を休みたいのか

休みたい理由が明確ではない場合、どうして会社を休みたいのかを考えた方がいい場合もあります。

病気や怪我、自分や家族のアクシデントといった、休まなくてはならない理由がないのに休みたい場合、仕事や職場環境が深く関わっている事が多いのです。

  • 仕事内容
  • 仕事量
  • 人間関係

等、仕事をするのが嫌になってしまう理由はたくさんあります。なんとなく休みたい、と感じている場合、これらの要素がその気持ちの原因になっている可能性が高いです。

仕事や職場環境は自分一人で改善するのは難しいですが、周りの人の手を借りていけば、改善できる場合もあります。

  • 仕事内容や仕事の量に大変な部分があれば、サポートを受ける
  • 自分の仕事について、上司や同僚にアドバイスを受ける
  • 職場の人間関係に問題があれば、上司や相談窓口となっている所に相談する
  • 仕事に関連した人達だけでなく、家族や友人のサポート等も受けてみる

悩みによって頼る人は変わっていきますが、誰かの手を借りれば何かしら改善の糸口を手に入れられます。

仕事を休みたい、と感じているなら、まずは自分の仕事のどこが嫌なのかを明確にしてみましょう。それによって、休みたい気持ちを解消できるかもしれません。

休みたい気持ちが続く時は要注意

  • 仕事を休みたいという気持ちが長く続いている
  • 特に理由はないのに、仕事を休みたいと感じている

場合は、注意が必要です。

仕事を休みたい気持ちが長く続いている場合、

  • ストレスがかなり溜まっている
  • 内臓等、体の機能に問題が生じている
  • 自分でも気が付かない内に疲労がたまっている

可能性が高いのです。

心と体が出すSOSが「休みたい」という気持ちになっている、という訳です。この状態を放置してしまうと、心や体の病気を引き起こしてしまいます。不調によるミスや事故の可能性も高くなっているので、そういった意味でも危険です。

少しでも心当たりがある方は、仕事を休み、医師の診察を受けるようにして下さい。休むのが難しいなら、病院に行く事を休む理由にしましょう。

会社を休みたい時の対応は慎重に。場合によっては理由を良く考えよう

会社を休みたい時は、慎重な対応をしなくてはなりません。他の人がかかる迷惑を必要最小限に抑えられるような形で休みを取るようにしましょう。

また、休みたい理由が見つからない時や、休みたい気持ちが長く続く場合は、自分の心と体を見直して、異常がないか確認するようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る