会社を休むべき時はいつ?会社を休む時の理由と使い方

社会人になると、学生の頃に比べて休むのは容易ではなくなります。どうしても休みたい時があっても、休むのに抵抗を感じてしまう人も多いでしょう。また、学生のころと違って、休むべきタイミングが分からない、という声も聞きます。

自分の体調や家族が関係無くても、

  • 会社に行きたくない
  • どうしても会社を休みたい

と感じる時はあるでしょう。

こんな時、どうすればかかる迷惑を最小限にして休む事ができるのでしょうか。

どうしても会社を休みたい時は、休む理由にちょっとしたコツが必要になります。今回は、会社を休んだ方が良い場合と、どうしても会社を休みたい場合に使える休む理由を紹介します。

こんな時は会社を休んで。会社を休んだ方が良い理由

まず、会社を休んだ方が良い理由について解説していきます。会社に行くのは多くの社会人がしなくてはならない事ですが、場合によっては、会社に行こうとする方が迷惑になる事もあるのです。

これを知っておくと、休むべきかどうかを判断できるようになりますし、どうしても休みたい理由を考える時、自然な理由を思いつけるようになります。頭の片隅に入れておくようにしておきましょう。

仕事が出来ない程辛い症状や、周りに迷惑をかける病気

会社を休むべき理由で一番分かりやすいのが、仕事が出来ない程の体調不良です。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 動けない程の痛み(筋肉痛や関節痛、腹痛等)

等がこれに当たります。

  • 症状の影響で動けない
  • 症状が強く出ている為に、仕事をするのが困難である

と感じる場合は、それが分かった段階で会社に連絡を入れましょう。

また、症状の特徴や、病気が流行る時期によっては、感染力の高い病気にかかっている可能性のある症状が出る事もあります。

病気によっては、出勤を禁じられているような病気もあります。この様な病気が疑われる場合は、通勤してしまうと通勤中や会社内で病気をまき散らしてしまう事になります。結果的に、周りの人に迷惑をかけてしまう事になるのです。

朝起きて仕事をするのが困難な症状に見舞われた時、特に感染力の高い病気の疑いが強い時は、会社を休みましょう。

出来ればその後、病院に行ったり、救急センターの救急相談窓口等に相談したりする等、病気の回復をする為の処置をして下さい。

大きな災害や事故が起きている

最近の日本では、大規模な災害や事故が多発しています。

  • 台風(豪雨)
  • 豪雪
  • 地震
  • 大規模な火事

等、災害が起きていて、外に出るのが危ないような状況に遭遇する事も、十分考えられます。

また、自然災害が関係無い場合でも、電車や道路で大規模な事故が起きている為に、通勤が不可能な場合もあります。

これらの場合に該当した時は、まずは会社に通勤が難しい、又は不可能な旨を伝え、指示を仰ぐようにして下さい。出勤に不安を強く感じた場合はそれについても伝えるようにしましょう。

家族の病気や付き添いなど

  • 家族の病気や怪我
  • 家族の用事にどうしても付き添いをしなくてはならない

といった場合も、休むべき理由の一つとされています。

特に、急な病気や怪我、トラブルに巻き込まれた時は、出来るだけ早く会社に連絡をするようにしましょう。

家族の年齢や状態によっては、本人だけでは済ませられない用事が発生する場合もあります。こうした場合も、休む理由としては認められています。

しかし、注意して欲しいのが、理由によっては事前に対策をしておく必要があるという事です。

例えば、家族の中に高齢者がいて、介護サービスを受けるために付き添いが必要になった、という場合、手続きに必要なタイミングをある程度調節できる可能性もあります。

このケースの様に、ある程度調節が効く様な内容で休みを取る場合は、事前に会社に相談し、休む火を決めてから休むのが常識となります。

家族の病気や怪我、トラブルの対応、付き添いなどは、休む時に正当な理由として認められる事ではありますが、内容によってはあまり良い目で見られない場合もあるという事を忘れないようにしましょう。

冠婚葬祭

自分や家族、友人が深く関わる理由としては、冠婚葬祭も同じ様に休む理由として認められている事です。

しかし、突然の休みとして認められているのは、お葬式だけです。結婚式等、日時が予め決まっている式は、当然認められません。

お葬式に参加する場合も、忌引休暇を使える場合はその処理が必要になります。処理の仕方や休める日数等は就業規則で決められていますから、それに従って休みを取り、処理を行うようにして下さい。

悪用厳禁!どうしても会社を休みたい時に使う理由と使い方

休むべき理由が無くても、どうしても会社を休みたい時というのは誰にでもあります。最後に、奥の手としてどうしても会社を休みたい時に使える理由と、それがバレない方法を紹介します。

こちらの方法はあくまでも奥の手です。多用したり、悪用したりすると自分の信用を落とす事になります。どうしても休みたい時のみ活用して下さい。

体調不良等は症状を具体的に言う

休む時、一番使いやすい方法が仮病です。

ただ、仮病を使う際でも、

  • ただの風邪だという
  • 深刻な病気や、移る可能性の高い病気を伝える

等は、後々バレる可能性が高くなります。

仮病を使う時は、症状は具体的に伝えるが、病名ははっきりとは伝えないようにしましょう。

  • 熱が出てフラフラしている
  • 腹痛や頭痛で立っているのもつらい

といった感じで伝えるのです。

仮病を使う際、具体的な病名を言うと、会社によっては診断書を提出するように言われる可能性があります。特に、インフルエンザの様に、感染力の高い病気はその可能性が高いです。

  • 病気は何か分からない
  • でも、仕事をするのは難しい

といった状態が相手に伝わるような症状を選び、伝えるようにしましょう。

ただ、仮病は使えば使うほどバレる可能性が高くなりますし、バレなかったとしても、何度も休む人は必然的に低い評価を付けられる事になります。多用しないようにしましょう。

家族に協力してもらえる場合

もし、家族に協力を得られるなら、家族が病気や怪我をした、という方法も使えます。家族が病院に行かなくてはならないのだが、自分の付き添いや看病が必要だ、という形で休みを取るのです。

この方法を使用する場合、バレてしまうと自分だけでなく家族の評判にも影響が出てしまいます。

また、仮病と同じく、使えば使う程バレる可能性も高くなります。場合によっては、家族からの信頼にも影響を与えるでしょう。いくら家族が協力してくれるからといって、多用するのは避けましょう。

会社を休む時は理由に気を付けよう。仮病で休むのは最終手段で

会社を休むべき理由は、ある程度内容が決まっています。出社や通勤が困難になる可能性が高い時は、無理をせずに休むようにしましょう。

また、どうしても会社を休みたい時、仮病等を使いたい時もあるかもしれません。仮病ははっきり言ってリスクがある行為ですから、最終手段として考えるようにして下さい。

あまりにも会社を休みたい時が続いたり、仮病を使っても会社に行きたくない、と感じたりする時は、心身に異常が起きている可能性が高いです。こうした状態になった場合は、医師の診察を受け、異常が無いか確認するようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る