家事代行によくあるトラブル。嫌な思いをしないための対策

共働きの家庭において、家事に割く時間が少なくなってしまうのは無理のないことです。しかし、掃除が行き届いていない部屋にいるのは精神面だけでなく、健康にも悪影響を与えるもの。

分かってはいるけれど、休日は家事に追われることなくゆっくり休みたいと思うのも仕方がありません。

そういった悩みを解決してくれるのが、家事代行サービスです。共働き家庭の増加や高齢者の増加に伴い、家事代行サービス市場は大きく膨れ上がっています。現代では依頼内容もいろいろ選べて、リーズナブルなことから利用者も増えています。

利用者が増え、家事代行サービス業者も増えれば、トラブルも多くなります。どのようなトラブルが多いのか?そういったトラブルを避けるにはどうしたらよいか?家事代行サービスによくあるトラブルと対処法を紹介しましょう。


お互いの認識不足が原因?!家事代行によくあるトラブル

「もっときれいに掃除をしてくれると思った」「こんなことまで頼んでいない」といった作業内容に関することや、「見積りと違う」などの料金に関するトラブル。便利な家事代行サービスですがトラブルも少なくありません。どのようなトラブルがあるか、まとめました。

トラブルの中でも特に多い!作業内容に関すること

家事代行業者に依頼できる一般的な内容としては、

  • 水回りの掃除
  • 部屋の片づけ
  • 窓やバルコニーの掃除
  • 庭掃除
  • 植木や植物への水やり
  • 洗濯
  • アイロンがけ
  • ゴミの分別・ゴミ出し
  • 食事の作り置き
  • 日用品や食料品の買い物

といったものがあります。このよう日常的な家事を、業者のスタッフにお願いするわけですが、業者スタッフが依頼者の理想通りに仕事をこなしていない、というトラブルは多いようです。

例えば掃除に関する依頼は多く、依頼者としては「もっとピカピカにしてほしかった」という不満も。しかし、業者スタッフは手を抜いたわけではなく、「指示通りの場所は一通り掃除をしているが、依頼者の満足いくレベルまではできなかった」、ということが少なくありません。

それはスタッフの力量不足というよりは、

  • 時間が足りなかった
  • 掃除用具が壊れていた
  • 予想以上に汚れていた

などといった条件によることが多いもの。

依頼者は自分の家なので、掃除をする際もどうすれば効率的に掃除や料理をすればよいか、は分かっているものです。

しかし、スタッフは初めて訪れる家で、掃除用具も使い慣れたものではありません。依頼者なら30分できるものも、他の人では1時間以上かかることもあるでしょう。

認識や感覚の違いがトラブルの原因になることは多いもの。掃除の場合、依頼者は「簡単でいいので」と言っても、「簡単」というのがどの程度なのかは感覚によって異なり、それがトラブルにつながってしまうのです。

複雑な料金体系も多い!料金に関するトラブル

家事代行サービスの料金体系は、業者によっていろいろです。サービス内容やプランもさまざまで、柔軟に対応してくれるケースも多いでしょう。

というのも、キッチンの掃除一つをとっても、範囲や求められる質も違います。時間単位では必ずしも適切な作業と費用が提案できるとは限らないため、オリジナルで見積りを出すこともあります。

オーダーメイド料金で納得したうえで依頼できれば、まだトラブルも少ないのですが、時間単位のみや、範囲のみだけで依頼を決めてしまうと、作業内容に不満が出て、料金と見合っていない、ということに。さらに、追加料金やキャンセル料金などについてトラブルになることがあります。

家具などの破損、貴重品などの盗難トラブル

プロの仕事とはいえ、人間なので、掃除をしている時に物を落として壊してしまったり、家具を傷つけてしまったりすることもあります。

損害賠償などお金で解決できるものや、簡単に買い替えできるものであればまだいいのですが、お金では解決できないものを失ってしまうこともあります。

また、高級品や貴重品などがある家も多く、盗難に関するトラブルも発生します。業者では信頼できるスタッフを選んでいるとはいえ、依頼者にとっては見ず知らずの人であることに変わりはありません。

特に、家族を含め依頼者が不在のときの作業後、家の物が何かなくなっていれば、代行業者を疑いたくなるのも無理はないでしょう。もちろん、依頼者の勘違いもありますが、物がなくなればもめごとになります。

コミュニケーション不足!?担当スタッフとのトラブル

家事代行サービスを依頼する際、窓口となる担当スタッフと、実勢作業をするスタッフは別のケースも多いです。そのため、依頼者の要望がうまく伝わっていなかったり、連絡ミスがあったりすることも。

担当スタッフとの意思疎通がスムーズでないと、作業内容や料金などあらゆることに対してトラブルが起こりやすくなります。

依頼者側の配慮も必要。トラブルに対する対策

家事代行業者とはいえ、人のすることですから、うっかり物を落としてしまい壊してしまった、ということも仕方のないことです。そういったトラブルを避けるためには、ある程度、依頼者側が配慮することも大事。トラブルを未然に防ぐための対策について紹介します。

作業内容やレベルを把握。契約前にしておきたいこと

契約をする前に、作業内容や料金についてなど、しっかり確認することが大事です。数多くある家事代行サービス業は会社によって料金体系もサービス内容も異なるもの。できるだけ詳細をチェックしましょう。契約前に確認しておきたい項目をまとめました。

サービス内容や料金体系
作業の範囲や追加料金についてはしっかり確認しましょう。また、作業のレベルに関しても共通認識を持つことがトラブルを避けるポイントです。
作業に関する希望を伝える
トラブルが発生する原因の一つは、認識の違いです。漠然と「キレイに」と言っても、人によってキレイを感じるレベルは異なるもの。どの程度まで希望するのかをあらかじめ伝えておくことが大必要です。

さらに、優先順位や作業において注意してほしい点など、具体的に伝えるようにしましょう。

損害賠償について確認
家事代行業者のスタッフが作業中に起こした破損事故や、万が一の盗難などに対して、損害賠償はしてもらえるかを確認しておきましょう。ほとんどの業者は損害賠償保健に加入しているものですが念のためチェックしておくと安心です。
作業見積りの際には「普段通り」を見せる
作業見積りを出すために、スタッフが自宅を訪ねるのですが、その際には普段通りにしておくことです。

キレイに掃除をしてしまうと、「これなら短時間で済む」と作業時間を短く見積ってしまい、実際の作業では時間がかかってしまい、追加請求になることも。トラブルの原因となるので、見積りの際には掃除をし過ぎないようにしましょう。

貴重品などの保管・カメラの設置

信頼できる業者に依頼するとはいえ、知らない人を家に招き入れるのですから、「責任は業者にある」というスタンスではなく、自分の家は自分で守る、というスタンスでいることが必要です。

壊れやすいものや傷つけてほしくないものは片づけておいたり、その周辺は触らないようにしてもらったり指示を出しておきましょう。貴重品など高価なものはしっかり保管。留守にする場合は、カメラなどを設置しておくのも方法の一つです。

お試しプランを利用して業者を比較

家事代行を始めて依頼する場合は不安なもの。そこでそれぞれの業者が提供するお試しプランを活用してみましょう。

お得な料金でお試しができ、実際の作業の内容やレベルも把握できます。複数の業者を比較検討しやすくなるのでおすすめです。

家事代行サービス会社の選び方のポイント

お試しプランも便利ですが、時間がない、早く頼みたい、という場合はそうそう何社もお試しできませんね。大切な家に入り、作業をしてもらうわけですから、信頼できる業者に依頼したいもの。選び方のポイントとしては以下の点をチェックするといいでしょう。

  • 知名度があり大手の業者である
  • 料金体系が明確である
  • 損害補償がしっかりしている
  • スタッフへの教育が行き届いている
  • 「家事代行サービス認証」を取得している

特に、「家事代行サービス認証」は、経済産業省が日本規格協会に委託し創設したもので、

  • 安全性
  • 家事の品質
  • 接客サービス

における高い基準を満たしていることを証明するものです。「家事代行サービス認証」を取得している業者は、サービスや品質において客観的に認められているということ。取得には実績も必要なので、信頼できる家事代行サービス業者と言えるでしょう。

トラブルが発生したときの対処法

どんなに対策を立てても、予想できないこともあるものです。トラブルが生じてしまった時の対処法としては、まずは、スタッフを派遣している会社に連絡をして、指示を出してもらいます。

それでも解決できない場合は、地域の消費生活センターに相談してみるといいでしょう。webサイトには、家事代行サービスに関する相談内容について掲載されていますので、見ているといいでしょう。

また、契約をした後でもクーリングオフができることもあります。ただし、家事代行サービスは無理やり締結させられたものではない場合も多いものなので、適用するかどうかは分かりません。

契約書にはクーリングオフについて明記されているので、よく読んでおくことをおすすめします。

すべてお任せ、はトラブルの元。要望をしっかり伝える

家事代行サービスは働く女性にとっては非常に便利なものですが、依頼する件数も、業者も増えている現在ではトラブルも多くなっています。家がきれいになっても、盗難にあったり、大事なものを壊されたりするのは避けたいもの。

また、「期待通りにならなかった」と後悔する前に、スタッフが仕事をしやすいように、要望や指示をしっかり伝えておくことが必要です。そうすることで、トラブルを避け、期待通りの作業をしてもらえるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る