家事のストレスは工夫で減らそう!家事のストレス軽減法

どんなライフスタイルの女性でも、一度はぶち当たるのが家事のストレスです。

一人暮らしでも家族と暮らしていても、「もういや!」と叫びたくなってしまう時がありますよね。こんな時は、一体どうすればいいのでしょうか。

この家事のストレスを軽減するには、家事ストレスに対するテクニックを覚えるのが有効です。このテクニックを覚えれば、忙しい毎日で感じる家事のストレスを最小限に抑えられるようになります。

家事に対するストレスを軽減するための考え方と、実際に活かせるテクニックをまとめました。家事のストレスを何とかしたい人はもちろん、家事を効率的に行うヒントが欲しい方は是非ご覧下さい。


毎日の家事でストレスが溜まる…。

ほぼ毎日行う必要のある家事は、どうやってもストレスが溜まります。気分よくこなしたいけど、疲れている時やこなさなくてはならない家事の量が多いと、どうしても気分が落ち込みます。

こんな時は一体どうすればいいのでしょうか。

家事のストレスは仕方がない事

家事を負担に思ってしまう理由は人それぞれです。

  • 家事をこなさないと家族の迷惑になる
  • こんな事もこなせない自分が嫌になる
  • きれいな家やおいしそうな料理の画像や話を聞くと、普段の自分と比べてしまう

様々な理由で、家事に対するストレスを感じてしまう事があります。

家事はほぼ毎日何かしら行わなくてはならない物です。時によっては趣味の時間や休みたい時間にもこなさなくてならない場合もあります。ストレスを感じてしまうのは、仕方がない事なのです。

家事に対してストレスや負担を感じても、それに対する罪悪感を深める必要はありません。誰だって、家事をするのが嫌な時はあるのです。

誰でも家事が嫌な時はある

世の中には

  • 家事が趣味で、楽しんでやっている人
  • 料理や掃除等、家事と関係している分野のプロ

等、普通の人に比べて家事の負担を感じないように思える人達がいます。しかし、そんな人達でも、家事が嫌になる時はあるのです。

ある料理人さんの場合、料理は仕事なので家ではやりたくない、と言っていました。家に帰って、自分以外の人が作った料理を楽しむのが何よりの楽しみなのです。

この人の様に、一見家事に抵抗を感じないように思える人でも、嫌に思ってしまう時はあるのです。家事に対して思い入れがない、むしろ苦手意識がある人が家事にストレスを感じてしまうのは、当然の事でしょう。

家事のストレスを軽減するテクニック

誰でも感じてしまう家事のストレスには、一体どうやって対応すればいいのでしょうか。家事のストレスに対応するには、家事に対するモチベーションや家事そのものを簡単にするテクニックが有効です。

こちらで紹介するテクニックを駆使して、家事に対するストレスを軽減させてみましょう。

まずは自分の好きな家事と嫌いな家事を認識する

まずは、家事に対するモチベーションを保つテクニックです。

家事が嫌い、と感じた時に、

  • 好きな家事や、するのに抵抗を感じない家事
  • 嫌いな家事や苦手な家事

をそれぞれ思い浮かべて下さい。

ある程度思い浮かべると、それぞれの特徴が分かるようになり、カテゴリー化できます。

例えば、

  • 料理は得意だけど、後片付けが嫌い
  • 洗濯をするのに抵抗は無いけど、洗濯物をたたんで仕舞うのが苦手

といった場合、料理や洗濯そのものよりも、

  • 食器や調理器具をしまうのが嫌い
  • 洗濯物をたたんだり、仕舞ったりするのが苦手

という事が分かります。そして、これにより、整理整頓に関わる家事が苦手である事が分かるのです。

この様に、好きな家事と苦手な家事について考えていくと、最終的に自分が苦手な家事のジャンルが分かるようになります。後は、この苦手なジャンルにかかる手間や時間を短縮できるテクニックを習得していけばいいのです。

家事の手抜きはテクニックの一つ

家事にストレス感じてしまう原因として、

  • 全てを一気に終わらせようとする
  • 一つの家事を完璧にこなそうとする

といったものがあげられます。

この様なやり方で毎日家事をこなしていると、体力や時間も奪われるようになります。家事に対する負担が大きいので、その分ストレスを感じるようになるのです。

これを避けるには、家事の中に手抜きを入れていく事が大切になります。手抜きというと嫌なイメージを感じてしまう人もいますが、この場合の手抜きとは、

  • 家事全体の完成を1週間や1か月等、長い目で見て行う
  • 便利グッズや買い置き等を活用し、負担を最小限に抑える

事を指します。

こうした効率的な手抜きを行いながら家事をしていけば、家事に対する負担を自然と軽減でき、家事に対するストレスも抑える事ができるのです。

いらない物や邪魔な物はどんどん捨てよう

家事、特に掃除が嫌になる原因の一つに、いらない物によって家事がやりにくくなる、というものもあります。

  • 普段よく通る場所に障害物になる物がある
  • 箪笥やクローゼットの中に、使わない物がある

この様に、普段の生活の邪魔になる物や使わない物があると、家事をする時にも邪魔になったり、必要な物を入れるスペースを圧迫したりします。家事の負担が増えてしまうのです。

家事の負担が増えればストレスも増えます。いらない物や邪魔な物がある場合は、どんどん捨てましょう。捨てる事に抵抗がある場合は、フリマアプリやリサイクルショップで引き取ってもらうのがおすすめです。

どうしてもやりたくない時は人の手を借りる

どうしても家事をやりたくない場合は、家事代行サービス等に頼るのがおすすめです。こうしたサービスに事前に登録しておき、家事をやりたくない時は代わりにやってもらえるようにしておけば、その分家事に対するストレスを軽減できます。

また、こうしたサービスに登録しておくと、家事が苦手でも頼れる人がいると感じられるので、家事に対する不安や苦手意識を軽減してくれます。

代行サービスや派遣される人のスキルによっては、

  • 一週間分のご飯の作り置き
  • レンジやエアコン等の清掃

等、普段やりにくい家事もこなしてくれる場合もあります。こうしたサービスを求めて登録している人もたくさんいるのです。

家事でストレスが溜まるのは当たり前。積極的に手抜きをしよう

家事でストレスが溜まってしまうのは、誰でもある当たり前の事です。効率的に手を抜くテクニックを習得して、家事に対するストレスから解放されましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る