彼がプロポーズしてくれない理由…彼と結婚へ進むためには?

彼と付き合ってある程度の時間が経過。信頼関係もそれなり、年齢も年齢だからそろそろ結婚へ進みたい…

なのにまだプロポーズされていない…結婚意思を彼に聞きたいけれど、彼に重いと思われたらどうしよう?逆プロポーズして嫌われて逃げられてしまうのも怖い…

正直、女性はかなり不安ですよね?しかし、結婚の話をできない相手は今後プロポーズしてくれる可能性は低いかもしれません。

出産もしたいと強く願う人ならなおさら結婚意思を明確にしたいですね。

なぜ、男性たちはプロポーズしてくれないのでしょうか?男性には男性なりの理由があるようです。

この記事では、プロポーズしてくれない理由や男性の結婚相手の理想などを紹介していきます。

彼に聞けない…彼がプロポーズしてくれない理由は何か?

彼に本音を聞くのがベストですが、直接聞くことは難しいですね。

すべての男性に当てはまるとは言えませんが、彼がプロポーズしない理由をいくつかあげてみます。参考にしてみてください。

結婚する年齢ではない

女性と違い男性は結婚適齢期が少々遅い傾向にあります。

【平成23年 平均初婚年齢】

  • 男性 30.7
  • 女性 29.0

※参考 厚生労働省

それに加えて、全体的に晩婚化しているため、結婚に対する意識が低く、プロポーズしない男性が増えていることが理由のひとつです。もしかしたら、彼がプロポーズしない理由も年齢かもしれません。

まだ自分の時間を大切にしたい

男性はひとりの時間を大切にする人が多いですね。結婚すると、ひとりの時間を確保するのが難しく、さらに子供が生まれるとより難しくなる…

結婚して子供が生まれると自分の時間をちとることが難しいと知っているからこそ、若いうちは自分の時間を思う存分大切にして、落ち着いた頃にプロポーズしようと思っているようです。

彼の仕事に対する姿勢はどうでしょうか?

お金が少ない

結婚すれば、男性は妻になる彼女を養っていかなくてはいけません。さらに、子供ができればゆくゆくは学費なども含めて費用がかかります。

参考までに子供が幼稚園から大学まで通ったとしてかかる金額は以下の通りです。

【幼稚園~高校】

  • 公立 500万
  • 私立 1700万

【大学】

  • 公立 600万
  • 私立 750万

最近は共働きがふつうになっている家庭も多く、金額は細かく気にしないと言っているものの0円はやめてほしいという声が上がっているようです。

収入が結婚するにまで至っていないと彼が判断している場合、プロポーズはしない可能性が高くなります。

もっと結婚に向いてそうな女性がいるかもしれない

これは本当に女性側からするとショックが大きいことですが、男性は結婚に向いているか?向いていないか?を見ているようです。

もっというのなら、付き合っている女性と結婚は別と考えている人も…

彼の態度をシビアに見つめることで、プロポーズの可能性を見極めることにも繋がります。
このような男性は真剣に女性と付き合っているのではなく、都合良く利用している傾向があるので気をつけることが必須です。

タイミングが今ではない

結婚したい気持ちはあるけれど、家庭の事情なので今はプロポーズをするタイミングではないという場合もあるようです。
例えば、「家族が大きい病気で治療に専念している」「オペをした」など、大きな何かがあると家族に安静にしてもらうために結婚式を挙げるタイミングではないと思っているかもしれません。

それに加え、出費もあるので親に負担をかけられないと思っている人もいるかもしれませんね。
また、妻になる女性に負担をかけたくないと思ってる男性もいるかもしれません。

このようにシリアスな状況の彼は安易にプロポーズできないケースが多いようです。

今は仕事に専念していたい

仕事が好きな彼や仕事で目的を持っている人はまだプロポーズする気はないと思っている人が多いようです。

「仕事で目的達成したい」「好きな仕事を軌道に乗せたい」など、仕事のがんばり時は今と考えているため、プライベートは後回し。「プロポーズは仕事の目的を達成してから」「年収が上がってから」と考えているため、プロポーズをしてこない傾向にあります。

彼にプロポーズしてもらうにはどうすればいい?理想の女性像はこれ

彼の都合もあるけれど、もしかしたら私の至らなさにある?そう感じた人はぜひ結婚したい理想の女性像を参考にしてみましょう。

ずっと好きでいてくれる

結婚したいと思う時にもっとも女性が大切にする感情ですが、男性側も「好き」という気持ちを大切にしているようで、愛してくれる女性にプロポーズをするようです。

彼も自分をずっと好きでいてくれる女性を求めているのです。そのため、結婚後に不倫や浮気をするような女性とは結婚を避けたいと思っています。

彼を安心させるためにも好きという気持ちはわかるように表現し続けておきましょう。

母性のような優しさを持つ

男性は心から癒されるような女性を求めています。

仕事から帰宅した時にうるさい女性が家で待っていると思うと非常に疲れます。プロポーズしたことを後悔しそうですね。癒しを持つ柔らかい女性だったらどうでしょう?家族のために1日がんばった甲斐があるというもの。

がんばってきた彼に「お疲れ様」の一言を心を込めて贈ってみましょう。

家事が得意である

結婚すれば、女性が家の中を守るカップルがほとんどです。「仕事で帰宅したら家の中がかなり散らかっている…」「ごはんも作られていない…」では彼も「なんでプロポーズなんてしてしまったのだろう…」と結婚した意味を見出すことが難しくなります。

「結婚を決心させるためには胃袋を掴め」という言葉があるように、料理上手な妻がいる家には帰宅する傾向があるようです。料理はある程度はマスターして、栄養満点なごはんを作れるようにしておくといいようです。

部屋もできるだけキレイな状態をキープしておきましょう。

共働きであったり、時間に余裕があるなら2人で家事をこなすのも楽しいかもしれませんね。

明るい家庭がつくれる

家庭をつくる上で必要なのが『家庭内が明るい』ということです。

いつもケンカばかりな家庭をつくろうと思っている男性はいないはずです。仕事から帰宅して疲れた心をパッと明るくするような自然な笑顔や明るい話題、言葉を発することのできる女性に彼はプロポーズしたいと思うようです。

育児で疲れていたとしても文句ばかり言うのではなく、疲れているけれど子育てを楽しめるような女性の方が彼もプロポーズをしたくなるようなので、恋人の時から愚痴や文句ばかり言っているような女性になるのは避けておきましょう。

最低限の常識やマナーがある

結婚すると、夫婦セットで見られることが多くなります。男性の友人や仕事仲間と会った時に最低限の常識がないと彼が恥をかいてしまいます。プロポーズをしたいなんて到底思わないことでしょう。

結婚した彼を立てられるか?恥をかかせるか?は女性にかかっています。

【嫌われる行動】

  • 言葉遣いが汚い、流行り言葉
  • 挨拶ができない
  • 不愛想
  • 図々しい
  • 高圧的
  • 上から目線
  • 会話の内容が汚い
  • ネガティブな話が多い

結婚する前に彼と付き合っている今から変えることができる内容ばかりです。小さなことから変えて素敵な女性になって、彼の様子を見てみましょう。

どのような状況でも気丈に乗り越えてくれる

結婚して男性側にも何が起こるかわかりません。何らかのアクシデントがあった時に、文句を言ったりするのではなく一緒に気丈に対応してくれる女性は男性からすると心強く、プロポーズしたいと思う1つの条件になるようです。

家庭のことを男性だけに任せる依存的な女性ではなく、一緒に考えて協力してくれる女性と家庭を築きたいと思っています。

2人で乗り越えていけるような女性ならプロポーズをしてくれるかもしれません。

彼に結婚に興味あるのか?ないのかまずは確認してみてから決断

まずは彼が結婚に興味があるか?ないか?を知ることが必要です。結婚に興味がない男性と付き合っていてもプロポーズしてくれる可能性はほぼ0に等しいと言えるからです。

結婚に興味ある彼ならタイミングもあるかもしれないので、自分自身を磨きながら待つのも1つの方法です。

付き合っている彼が結婚に興味があるか?ないか?を見極めて、プロポーズを待ってみるのはいかがでしょうか?

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る