彼氏と会う頻度で将来が分かる?別れないためのベストな頻度

付き合い始めの頃は、大好きで毎日でも会って顔を見たいという思いが強いため、頻繁に会うカップルがほとんどと言われています。

最初の頃は毎日会っていても楽しくて、いろいろと話すことがあっても、年数が経つに連れて話す内容が減ってきてマンネリ化してくることがあります。

マンネリ化が続くと、今している恋愛を続けていて楽しいのかという疑問が出てきて、別れに繋がってしまう可能性があります。

大好きな彼氏とずっと仲良く一緒にいたいという場合、どのくらいの頻度で会うのがベストなのでしょうか。

年代や男女によってベストな頻度が違うと言われているため、年代別・男女別で紹介します。


Contents

全て同じではない!彼氏と会う頻度は年代によって違ってくる

彼氏ともっと会いたいと思う気持ちは年齢を関係なく誰でもあります。しかし、年代やお付き合いをしている状況によって会う頻度は違ってきます。

平均的にどのくらいの頻度で会っているカップルが多いのでしょうか。

20代でも社会人の場合は仕事もあるため「週1~2回」

20代でも学生と社会人では会う回数は違ってきます。

学生の場合は、毎日会うという人もいますが、社会人の場合はまだ仕事を始めたばかりで覚えなくてはいけないことも多いため、頻繁に会うというカップルは少ないようです。

  • 仕事の休み
  • ノー残業デー
  • 仕事に支障が出ないようにする

上記のようなことを考慮し、週1~2回会うというカップルが多いようです。

頻繁に会いたくても、会うことで仕事に支障が出ないように考えている人がほとんどです。

仕事が充実し始める30代は「2週間に1~2回」

30代になると、仕事も充実してきて責任のある仕事を任せられることも増えてきます。

また、出世して上司になることもあります。そうなると、頻繁に彼女に会うことができなくなります。

また、女性も30代になると職場の人との付き合いや趣味などを通して仲良くなった人との付き合いなども出てきます。

若い時のように、休日は必ず彼氏・彼女と過ごすということも減ってきます。そのため、2週間に1~2回会うのがベストというカップルが増えてきます。

会うのは2週間に1~2回ですが、こまめに連絡を取り合っているので不安は感じないという人がほとんどです。

仕事の付き合いが多くなる40代は「月1~2回」

40代になると、男性は役職に就く人も増えてきます。女性も後輩の指導をしたり男性と同じように役職に就く人もいます。

そのため、30代に比べると仕事でのお付き合いが増えてきます。

また、仕事が忙しいと自分の体のメンテナンスも必要となるので休日はしっかりと体を休めるという人がほとんどです。

そのため、40代になると月1~2回会えればいいというカップルが増えています。

社会人なりたて・新しい就職先カップルは週1回会えればいいと思っている

年代関係なく、社会人になりたてのカップルや転職で新しい職場で働きだしたというカップルの場合、週1回会えればいいと思っている人が多いようです。

新しい環境になると仕事終わりに会うというのが難しく、まずは仕事を優先にするために休日の週1回会ってデートをしているというカップルが多くなっています。

女性と違う!?男性がベストだと思っている彼女と会う月の平均回数

女性は大好きな彼氏に頻繁に会いたいと思っていても、男性がどう思っているか分からないという女性も多いようです。

男性は、どのくらいの頻度で彼女に会うのがベストだと思っているのでしょうか。

その1.1番多いのは休みとの兼ね合いで「週1~2回」

男性で1番ベストだと思っている回数は、週1~2回と言われています。

その理由には、次のようなものがあります。

  • 休日と平日の仕事帰り1回がちょうどいい頻度
  • お互いの仕事のことを考えると1~2回がベスト
  • 頻繁に会うと仕事の愚痴を言いそう

仕事が忙しいと、どうしても頻繁に会うと仕事に支障が出るし仕事の愚痴を彼女に話してしまいそうだから、週1~2回会うぐらいがちょうどいいという声が1番多いようです。

その2.多すぎず少なすぎずの「2周間に1~2回」

男性の中では、毎週会うのは多すぎると感じる人も多いようで、2週間に1~2回(月3回程度)がベストだとしている人も多いようです。

その理由には、次のようなものがあります。

  • 頻繁に会うと会話が続かなくなる
  • 時々会うから相手への気持ちが盛り上がる
  • 男友達との時間も大事にしたい

男性は彼女も大事ですが、男友達との関係も重要視する人が多いようです。

彼女のせいで友達との付き合いが悪くなったと言われるのも嫌なので、休みの日は男友達との遊びにも使いたいという声も多くなっています。

その3.プライベートも充実させたいので「月1~2回」

彼女とデートをしたいという気持ちもあるけれど、自分のプライベートも充実させたい。

自分だけではなく彼女にも友達との付き合いや趣味などに費やす時間が必要なため、月に1~2回会うのがベストだと思う男性もいます。

また、彼女だけを特別扱いしたくないという男性も多く、他の友達も月1回会えば多い方なんだから彼女もそれで充分だと思っているという男性もいるようです。

その4.仕事の都合があるので会う頻度は決めない

どのくらいの頻度で会うか決めていたけれど、仕事が忙しく約束が守れなくなってしまったという男性は会う頻度を特に決めていないという人も多いようです。

  • 仕事に余裕ができた時
  • 彼女に連絡をして時間が合いそうな時

上記のような、一区切りができた時にゆっくりと会う方が切り替えもできるし彼女に対しても時間をしっかりと作ることができるという声が多いようです。

その5.遠距離恋愛なので互いの負担を考えて「半年に1回」

付き合っていても、常に会える環境ではないという人も多くいます。

特に遠距離恋愛の場合、頻繁に会うのは金銭的にも時間的にも余裕がないと不可能です。

そういう場合、男性は互いの負担を考えて半年に1回会うというルールを作っている人もいるようです。

半年に1回でも時間を取って会うためそれで満足という男性も多く、彼女が会う回数が足りないと言っても我慢してもらっているというパターンが多くなっています。

その6.顔を見るだけでもいいから「毎日会いたい」

男性の中には、顔を見るだけでもいいから毎日会いたいという人もいます。

女性の方が「会いすぎでは?」と言われても、毎日少しの時間でいいから会おうとする男性もいます。

  • 好きだから毎日顔を見たい
  • 彼女がモテるから毎日会わないと不安
  • 彼女なんだから毎日会うのが当たり前

上記のように彼女に毎日会うのが当たり前と思っている男性もいます。

女性としては毎日会いたいと思われるのは嬉しいのですが、忙しい時でも会おうとする男性に鬱陶しさを感じるという女性もいます。

会う回数と比例している!?長続きさせるためのベストは頻度

今付き合っている彼氏とずっと一緒にいたい。そのためには、会う頻度なども関係してくると言われています。

今の関係を長続きさせるには、どのくらいの頻度で会うのがベストなのでしょうか。

長続きさせる回数はない!?ベストと思われているのは「週1~2回」

実は、会う回数で関係が長く続くかどうかは決められないと言われています。それは住む環境や仕事の状況などカップルによって様々だからです。

その中で、「長続きするためには」と聞くと、1番多いのが週1~2回と答えるカップルが多いようです。

休みの日は会いたいという声が多く、週1回でも会えればお互いの状況が分かるため安心するという女性もいます。

会う頻度より「会えない理由」を重視する

「好きなら会う頻度が多いはず」と思っている人は多いと思います。

頻度が多ければ愛されているというイメージがありますが、仕事や互いが住んでいるところの距離などで会う頻度が少ないこともあります。

どうしても会う頻度を重要視しますが、会う頻度よりも「会えない理由」が重要になってきます。

  • 仕事が忙しく会えない
  • 遠距離だから会えない
  • 自分のプライベートも大事したいから会えない

上記のような様々な理由があります。理由の中には、会えないではなく「会わない」と思わせるような理由もあります。

  • デートが面倒
  • 頻繁に会うと話すネタがなくなる
  • お金がかかる

上記のようなものは、会えない理由ではなく会わない理由に近いものです。

会わない理由が多いと、いくら会う頻度が多くても長続きはしません。

会う頻度ではなく「会う時間の長さ」が大事

会う頻度が多くても、1日10分程度しか会えない。週1回だけしか会えないけれど、1日を自分のために使ってくれる。

この2つだと会う回数は上記の方が多いですが、自分に費やしてくれる時間は週1回だけしか会えない後者になります。

毎日会うのはとても嬉しいことですが、時間が短いと密な時間を過ごすことはできません。

週1回しか会えないと悲しむのではなく、どのくらいの時間を自分に費やしてくれているのかを考えると頻度にもこだわらなくなります。

会う頻度の満足度にズレができると別れに繋がる

女性と男性では会いたいと思う頻度も違ってきます。

お互いが納得できるように、会う頻度は決めておくことが大事ですが、その会う頻度に満足しなくなり互いにズレが出てくると別れに繋がることがあります。

  • もっと会いたいのに話を聞いてくれない
  • 時間が短くてもいいから毎日会いたい
  • 週1回でもいいから1日時間を作って欲しい

上記のような不満が出てくる前に、お互いに話し合うことが大事です。会える頻度や時間は、その都度によって変わってきます。

その都度話し合ってどのくらい会えそうなのか、時間がどのくらい取れるのかなどを確認しておくことで、長続きするカップルに一歩近づきます。

会う回数が少ない!?会えない気持ちを埋める方法

自分たちは合う頻度が少ないと感じると、不安になってきます。

もっと会える機会を増やしたいと思っても自分だけが会いに行っても相手の都合などがあります。

彼氏と会えない気持ちを埋めるにはどんな方法があるのでしょうか。

その1.会いたい気持ちを正直に相手に伝える

自分だけが会いたいと動いても、相手に迷惑をかける可能性があります。

もっと会いたいと思った時は、自分だけの心に留めるのではなく会いたい気持ちを正直に相手に伝えることが大事です。

もしかすると、彼氏ももっと会いたいと思っているかもしれません。

また、ちゃんと伝えることで会う時間を作ってくれることもあります。

ただ相手にも予定や都合があります。それなのに会いたいとばかり伝えていると、鬱陶しいと思われる可能性があるので1度伝えて様子を見るようにしましょう。

その2.SNSを使って常時に連絡を取り合う

彼氏と会えないと、「もしかしたら他に好きな人がいるのでは」とマイナスなことばかり考えてしまいます。

仕事が忙しかったり、遠距離恋愛だと頻繁に会うことは難しいです。そういう時はSNSを上手に利用するようにしましょう。

忙しいと電話をかけても出られないことがあります。SNSだとメッセージを送って相手がチェックすると既読が付くので分かりやすいのもメリットです。

彼氏の今の状況が分かるだけで、気持ちも安心してきます。

その3.会う回数より会う時間を重要視する

好きなのに毎日会えない。少しの時間でも毎日会いたいという女性はいます。

毎日5~10分会うのと、回数は少ないけれど1日時間を作ってくれるのではどちらが満足するかを考えてみましょう。

会える日を自分のために時間を費やしてくれる方がいろいろなところに外出もできますし、一緒にいる時間も長くなります。

会う回数を重要視する人がいますが、会う時間の長さを重要視することで回数も気にならなくなります。

会う頻度で将来が決まるわけではない!頻度と時間を上手に使う

会う頻度が減ると、どうしても「このまま別れてしまうのでは?」という不安になってしまいます。

そのため、相手が仕事の都合で会えなくなった時も「浮気しているのでは」などといったマイナスなことばかり考えてしまいます。

会う頻度も大事ですが、大人のカップルになればなる程、会う時間が重要になってきます。

毎日会っていても、10分程度であれば顔を見るだけしかできません。それでも互いに満足しているのであれば、そのカップルはうまくいきます。

もっと会いたいけれど週1回程度しか会えないというカップルの場合、その会った時にどれくらの時間を自分に費やしてくれたかを考えてみましょう。

頻度にこだわるのも大事ですが、会ってくれる時間にも少し注目すうることで満足度も変わってきます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る