経理事務ってどんな仕事?仕事内容と一般事務との違いを解説

事務というお仕事には、色々な種類があります。経理事務もその一つです。経理、と付くので、お金に関係した仕事をする事務、というのは、誰でも予想が付くかと思います。

しかし、具体的にどのような仕事をするのか、と聞かれると、詳しくは答えられない人が多いのではないでしょうか。経理事務は一般の事務とは少し違った特徴があります。事務の仕事を探しているなら、押さえておきたい知識です。

今回は、経理事務という仕事がどの様な仕事なのか、一般事務との違い等、経理事務の仕事内容を中心に解説していきます。実際に行っていく作業にも触れていきますので、就活や転職活動等の、仕事探しの参考にして下さい。


経理事務の仕事と、一般事務との違いを知ろう

経理事務はお金に関わる仕事です。その為、一般事務とは少し違う業務をこなす場合もあります。経理事務の社内での役割や、一般事務との違いを解説していきます。

経理事務とは

経理事務とは、経理に関わる作業の中でも、事務作業や、それに近い作業をこなしていく仕事です。作業によって仕事の範囲は違いますが、お金に関連した作業をやる仕事、というのは変わりません。

経理の仕事を簡単に解説すると、毎日起こる取引やお金の出納を記帳・管理し、決算書等のお金に関する書類を作成する仕事です。経理事務はこの作業の内、事務作業を主に行う事になります。

具体的には、

  • 伝票の整理・管理
  • 決算書等の書類作成
  • 経理スタッフの補佐

等が主な作業となります。

しかし、会社の規模や規則によっては、

  • 経理スタッフがいない
  • 資格取得や勤務年数によって経理スタッフに昇格される

等、経理事務としての仕事だけでなく、経理スタッフとしての作業をこなさなくてはならない場合もあります。

経理事務になるのに、特別な資格は必要とされませんが、簿記の資格を持っていると就職や昇格の際に有利になる事が多いです。この他、経理ソフトを扱う必要があるので、パソコンスキルも求められます。

一般事務との違い

一般事務との違いは、仕事内容に大きく表れています。

一般事務の場合、会社全体の事務作業を行う様な、総合的な仕事が多いです。

  • パソコン作業
  • 電話対応
  • 資料等のファイリング

等、経理事務でも行う作業はありますが、内容は多岐に渡ります。

一方で、経理事務の場合は文字通り、経理に関わる事務作業を行います。

  • パソコンで経理ソフトの操作
  • 製品の受注電話対応
  • 伝票整理や管理

等、一般事務よりも専門的な作業が多いです。

また、残業が発生するタイミングにも、違いが発生している場合があります。

一般事務の場合、会社の繁忙期等、残業が発生するタイミングは会社全体が忙しくなるタイミングが多いです。

経理事務の場合、経理に関する書類や報告書を作成するタイミングがあります。

小さい企業だと、経理事務がすべての経理作業を担当する事が多い為、他の企業よりは残業が発生しがちですが、大きい企業だと残業のタイミングがある程度分かりやすい状態になります。

多くの場合、

  • 決算書作成等が発生しやすい月末・月初め
  • 決算書を作成しなくてはいけない月

等に残業が発生しています。

残業する時期以外は基本提示で帰れることが多い為、残業する期間とそうでない期間がはっきりしています。スケジュール管理がしやすいのも、経理事務の特徴です。

経理事務の仕事は大きく分けて3つ。それぞれの仕事内容を解説します

次に、具体的に経理事務が関わる事になる仕事について解説していきます。企業の規模によっては、この作業そのものに関わるというよりは、事務的な補佐をする、という場合もあります。

それでも、仕事の流れを知っておく事はとても大切です。しっかり覚えておきましょう。

給与計算

給料は社員全員が同じ、という訳ではありません。

  • 役職
  • 手当

によって、一人一人違う場合もあります。

社員一人一人の情報を基に、給与額を正確に算出するのは、経理の主な仕事の一つです。経理事務の場合、規模が大きければこれに関わるデータ入力等を担当する事が多いです

給与計算は、

  • 勤怠項目
  • 支給項目
  • 控除項目

等、複数のデータから正確に計算する必要があります。

項目によっては個人個人で細かな違いがあるので、間違いが発生しないよう気を付けなくてはなりません。

売掛金や買掛金の処理

経理の専門用語の中に、

  • 売掛金
  • 買掛金

というものがあります。

売掛金は、会社が商品やサービスを提供した際に、その代金を回収できていない場合に発生するお金の事です。買掛金はその逆で、商品を購入した時や、サービスを受けたが、支払いが済んでいないお金の事を指します。

経理事務は、この売掛金と買掛金の処理にも関わります。

  • 請求書の発行
  • 売掛金の回収
  • 売掛金が入金された際の確認
  • 売掛金の滞留分析
  • 買掛金の支払い
  • 経理ソフトに伝票入力

たった2つの項目ではありますが、作業自体はかなりの量があります。

売掛金や買掛金の管理は企業のお金の流れを正しい状態に保つ為の、大切な仕事です。経理事務は、毎日この作業を正確にこなしていく仕事でもあります。

月次決算書の作成

企業は経営状況を確認する為に、定期的に決算書を作成しています。事業の損益をまとめ、今の経営方法に無駄がないか、ちゃんと利益が出ているかを確認するのです。

月次決算書は、月ごとに作成された決算書の事で、これを作成するのも経理の大切な仕事です。企業の経営に直結する、とても重要な仕事になります。

決算書は月次報告書だけでなく、一定の時期に作成される物もあります。

  • 四半期
  • 半年
  • 1年

等、会社によって作成するタイミングは違いますが、必ず1年に1回は作成しなくてはいけません。

この企業の決算の総まとめ、ともいえる大きな決算書の作成も経理事務が行う、又は補佐する仕事の一つです。

経理事務はお金に深く関わる事務。他の事務との違いを知っておこう

経理事務は企業のお金に深く関わり、お金の流れが正常に行われるようにする仕事の一つです。他の事務とは仕事内容に細かい違いがあるのです。企業の規模によっては、企業全体のお金の流れを管理する立場になる場合もあります。

経理事務の仕事を正しく理解するには、経理という業務そのものの知識も大切です。他の事務との違いだけでなく、経理という業務がどの様な仕事なのかもしっかり把握しておくようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る