男性が結婚したいと思う女性の特徴・条件。女性とは考えが違う!

結婚適齢期辺りにもなると自然と今付き合っている彼との結婚を意識するようになりますね。

女性側からプロポーズすることも出来ますが、やはり男性からプロポーズしてもらうのが理想。

でも、一体どうすれば彼からプロポーズしてもらえるのでしょうか。

そこで今回は男性が結婚したいと思う女性の特徴についてご紹介します。

今付き合っている彼と結婚したいと思っている方、また、自分の魅力を高めたい方、必見ですよ!


一生一緒にいたい!男性が結婚したいと思う女性の条件・特徴とは

彼にも結婚を意識してもらうには結婚したいと思うきっかけが必要となります。男性側から見て結婚したいと思う女性の特徴とは何なのでしょうか。

以下を見て、自分は当てはまっているかチェックしてみて下さいね。

外見・ルックスが好み

結婚は恋愛とは違うとは言いますが、見た目で結婚相手を選ぶ男性も多いのも事実です。

美人でなきゃいけないの?と思われる方もいるかもしれませんが、別に美人でなくても、その男性のタイプであったら良いのです。

また、見た目で選ばれたとしても全く気に病む必要はありません。年齢を重ねてもタイプであることは多いです。

見た目に自信がなくても結婚するとなれば相手の家族や知人に挨拶することになるため、最低限、清潔感と身だしなみは整えておくようにしましょう。

話を聞いてくれる

男性は話を親身になって聞いてくれる女性と結婚したいと思っています。

どちらかというと話を聞くより話を聞いてもらいたいと思う女性の方が多いかと思います。それは男性であっても同じ。

生きていれば楽しいことも辛いこともあります。そんな時に話を聞いてもらえるのはやっぱり嬉しいですよね。

話を聞いて欲しい女性よりも話を聞いてあげられる女性の方が少ないですから、それが出来るだけで大きな強みとなりますよ。

浮気しない

男性は浮気をしそうな女性とは結婚したいとは思いません。

派手な女性は付き合うには良いですが、結婚相手となると地味で大人しめの女性が好まれます。

大人しめの女性の方がしっかり家庭を守ってくれそうですし、浮気をする心配が少ないからです。

交際関係が派手な人は男友達や職場の同僚との付き合いは一線を引くことも大切です。

価値観が合う・考えを尊重出来るか

結婚するということは人生のうち何十年も一緒に暮らすということ。かなりの時間を一緒に過ごすことになるため、そもそも価値観が合わないとやっていけません。

付き合う時も価値観が合うかどうかは重視されますが、結婚の場合は一緒に過ごす時間が遙かに多くなるため、すべての考えが一致するなんてことはまずあり得ません。

そんな時に大事になってくるのがお互いの考えを理解しあえるか、なんです。

お互いを尊重し合い、譲れるところは譲る、これが出来なければ結婚生活は苦しみになってしまうでしょう。

一通りの家事が出来る

日々の生活の中で必要不可欠な家事。

今は共働きの夫婦が増えてきているため、女性だけが家事をするわけではありませんが、それでもやはりある程度のことが出来ないと結婚生活は難しくなります。

また、男性の中には家事が出来なかったり、いまだに家事は女性がやるものと思っている人もいるのが現状です。

そういった男性からは家事が出来ないと結婚相手にふさわしくないと思われてしまう可能性があります。

家事が苦手でも、せめて最低限のことは出来るようにしておきましょう。

料理も、何もオシャレなものを作れる必要はありません。ハンバーグやカレーなどの家庭的な料理が作れれば良いのです。

特に彼好みの料理が作れれば大きなポイント。美味しく作れればそれだけ彼に「結婚したい」と思ってもらえるきっかけとなります。

家事はいきなり出来るものではありませんから、あらかじめ練習しておくと良いでしょう。

手料理を作る機会などがあれば家事上手をアピール出来るチャンスですよ!

周りに紹介出来る

結婚するとお互いの両親はもちろん、上司や友人などに奥さんを紹介する機会が出てきます。

そんな時に周りに紹介しても恥ずかしくない奥さんかどうか男性は気にします。特に

  • 常識がある
  • 協調性がある
  • 周りに気を遣える
  • 普通の金銭感覚を持っている

など、最低限のマナーを身に付けている女性は周りの目から見ても素敵。そんな女性と結婚したいと思う男性は多いです。

普段から言葉遣いや態度、友人との付き合い方を見られていることも多いので、気を付けましょう。

また、彼にとってはそんなに気にならなくても彼の家族や友人から「付き合いを考え直した方が良い」と言われてしまうことも場合によってはあります。

常識やマナーは今日明日で身につくものではないので、日頃からしっかりと心掛けていきましょう。

男性を立てられる

昔は女性は男性を立てるもの、という考えが浸透していました。

時代が変わり、女性が男性を立てることは少なくなりましたが、それでも男性にとっては男を立てられる女性は大好きです。

というのも、男性はプライドが高く、尊敬されたい願望を抱えているので、男を立てられる女性とは一緒にいたいと思っています。

男を立てられる女性といればプライドは守られます。たまには人前でさりげなく褒めてあげましょう。

自分の家族と仲良く出来る

結婚は家同士の結びつきでもあるので、お互いの家族と仲良く出来るかが大切となってきます。

男性は自分の両親とも仲良くできる人と結婚したいと思うでしょう。

自分を今まで育ててくれた家族を大切に出来ない女性との結婚は想像できないものです。

また、嫁姑問題などに巻き込まれるのも彼にとっては大変ですから、義両親と仲良くできる女性はありがたい存在。

付き合っているときに彼の実家に行く機会があったらきちんとした挨拶を行い、好印象を残せるようにしましょう。

子供好き

多くの男性は結婚したら子供を持ちたいと思うもの。そのため、子供が好きな女性だと子供が出来た時に育児の面でも安心です。

また、子供好きには優しいイメージもあるので、温かい家庭を築けると思ってもらえます。

中には子供が苦手な人もいるかもしれませんが、今から少しずつ慣れていくと良いでしょう。

明るい・穏やかな性格

結婚生活では楽しいことばかりじゃありません。時には辛いことや悲しいこともあります。

そんなときに明るい性格の女性がいれば、前向きな気持ちになれますし、また明日から頑張ろうと思えます。

また、明るい性格の女性と一緒なら毎日楽しく過ごせるので、家に帰りたいと思う男性は多いです。

反対に、いつも愚痴を言っていたり、怒っているなどの感情の起伏が激しい女性とは一緒にいたいとは思いません。

明るい性格に加えて、笑顔にも癒される男性は非常に多いので、なるべく笑顔でいることを心掛けましょう。

ずっと明るいままでいるのはさすがに難しいですが、感情に起伏があっても精神的に安定していられるのが理想と言えます。

彼女といれば前向きになれる!と思えるような女性を目指しましょう。男性は家では穏やかで楽しい時間を過ごしたいと感じているのです。

辛い時にそばにいてくれる

体調が良くない時、仕事で失敗した時、忙しい時など、何かと気持ちが弱っているものです。

そんな時に看病をしてくれたり、優しく話を聞いてくれたりする彼女の存在は大きいです。

自分を支えてくれる存在が近くにいることで男性は辛いことがあっても頑張れます。

言葉で支えることも大事ですが、ただそばにいるだけでも男性は嬉しいと思いますからそっと寄り添ってあげてください。

ほど良い距離感がある

男性には一人でいたい時間もあります。お互い大事な存在ではあるけれど、結婚生活ではほど良い距離感を保つことも時には大事です。

彼が一人でいたそうだったら、そっとしておいてあげましょう。結婚してもほど良い距離感を保てることが円満な夫婦生活を送るには必要不可欠なのです。

特に気を付けたいのが好きすぎるゆえの束縛。強い束縛は相手を息苦しくさせるため、最悪の場合浮気されてしまうこともあります。

嘘をつかない

嘘を付く人とは信頼関係を作れません。一度嘘を付かれると「これも嘘なんじゃ…」と疑わなければならなくなります。

そんなことが続けば疲れてしまいますし、嘘を付く人とは一緒にいたいと思わなくなってしまいます。

男性にも言えることですが、結婚する上で求められるのは正直で誠実な人柄ですね。

自分を信頼・理解してくれる

結婚を決める上で大事となってくるのが自分を理解してくれること。これは結婚したいかそうではないかを決めるうえで非常に大事となってきます。

いくら家事が出来て、金銭感覚がしっかりしていても、自分の趣味や仕事、人付き合いなどを理解できない女性とは結婚したいとは思えないでしょう。

また、彼は浮気をしない人だと信じている、将来成功する人だと信じている、というように彼に対して信頼を出来ることも結婚生活では重要です。

結婚すれば一生一緒に生活することになるため、ずっと自分を否定され続ければいずれ息苦しくなってしまいます。

ただ、なんでも噛んでも彼を肯定するのもかえって良くありません。彼が間違ったことをしたときはきちんと注意出来ることも大切。

その上で彼の一番の理解者になってあげて下さい。

一緒にいて安心できる

女性は男性に対してときめきを求める傾向にありますが、男性は結婚相手には安心感を求めます。

結婚すれば毎日一緒にいることになりますから、ドキドキするよりは安心感が欲しいのです。

お互いのダメなところを補える

人間には長所もあれば短所もあります。この短所を補える関係が結婚生活では理想です。

結婚生活が長くなれば相手に対して不満も出ることもあるかと思いますが、それを知らず知らずのうちにあなたが埋めてあげているのです。

また、反対にあなたの苦手なことなどを相手が埋めてくれてもいるのです。

お互いのダメなところを補える人は彼にとって大切な人となるはずです。

生活リズムが同じ

結婚する上で生活リズムが同じであるかどうかを重視する男性もいます。

せっかく結婚してもすれ違いの生活が続き、夫婦の時間がなければ、最悪の場合離婚ということにもなりかねません。

忙しくても生活リズムが同じであれば朝起きて、一緒に食事したり、一緒に出勤することも出来ますし、また、夜に家に帰ってきて、少しでも一緒に過ごす時間を確保出来ます。

ですが、生活リズムが違えば夫婦の時間が取れないことが続いてしまいます。

そのため、生活リズムが同じ女性の方がより充実した結婚生活を送れるんだろうなと想像できるのです。

自立している

一昔前は女性は結婚すれば家で夫を支えるものという考えが根底にありましたが、現代では共働きの夫婦も珍しくありませんし、女性も経済的な面で自立が必要になってきています。

男性が高収入の場合は自立していなくても構いませんが、最近ではそういった男性は滅多にいないと思っていた方が良いでしょう。

安定した収入やある程度の貯金が出来ていれば、結婚しても安心だと男性に思ってもらえます。

また、自立が必要なのは経済的な面だけではありません。

常に親や友達、彼にべったりであったり、頼らないと物事の判断が出来ない女性はいくら仕事が出来ていても、自立しているとは言えません。

そんな女性とは結婚生活が思い描けない男性も多いでしょう。

経済的な面もですが、精神的な面でも自立している女性が男性にとっては理想なのです。

適度に節約出来る

結婚生活の中でやはりお金はかかるもの。そんな中で散財をするような女性は結婚からは遠ざかってしまいます。

また、付き合っている当初はブランド物を買ってくれた彼も結婚すれば様々な出費がかさみ、高価なプレゼントを買ってくれる回数も減ってしまうかもしれません。

そんな時に付き合っている時と同じ感覚で高価なものをねだられたらたまったものではありません。

たまには贅沢をするのも良いですが、普段はスーパーの安売り食材を買いに行くなど、抑えられるところは抑えることが出来る女性が理想です。

ただ、過度にケチケチしてしまうのも良くありませんから、メリハリを付けられると良いですね。

いくら男性がお金持ちであっても、デート中に毎回男性におごらせている場合も要注意。男性はデート中もよく女性のことを見ていますから、お金を出せる時は出すようにして下さい。

いつまでも女性らしさを忘れない

付き合い始めはあらゆることに気を遣っていても時間が経つにつれ、気を抜きがちになります。

メイクをしっかりしていたのにスッピンが多くなったり、今まではフェミニンな服装が多かったのにティーシャツにジーンズが多くなったり…。

そうすると彼のテンションも下がり、女性としての魅力を感じなくなってしまいます。

男性は彼女にはいつまでも綺麗でいて欲しいと思っているのです。

ある程度付き合いが長くなればどうしても気を抜きがちになりますが、最低限女性でいることは忘れずにいることを心掛けましょう。

時には運動などを行い、体型維持に努めることも大事。

また、外見だけでなく、同時に内面の美しさを磨くことを忘れないで下さいね。

そうすれば彼の目には魅力的に映るので、結婚への近道となりますよ。

インテリアの趣味が同じ

結婚して一緒に住むとなればインテリアも同じものを使うことになりますよね。

この時、インテリアの趣味が同じであるかどうかも結婚生活では重要になってきます。

例えばですが、奥さんは鮮やかな色のインテリアが好みなのに、旦那さんはシックなデザインのものが好み。

このような場合、どちらかの趣味に合わせるともう片方はせっかくの安らぎの空間である家でもあまり落ち着くことが出来なくなってしまいます。

そのため、インテリアの趣味が同じであった方が結婚してからも衝突することが少ないのです。

男性が結婚したいと思う女性は他人を思いやれる女性

いかがでしたでしょうか。結婚は一生をその人と過ごすことになるため、交際とは大きく違ってくることがわかります。

また、女性同様に男性も結婚相手選びは慎重になっているということ。どんな奥さんになりそうかを普段から良く見ているのです。

結婚すれば一緒に過ごす時間が増えますし、それだけ相手の良い面も悪い面も見えてきます。

やはりそんな中でいかに相手を思いやれるかが一番大切なのではないでしょうか。

現在恋人がいる人もそうじゃない人も周りの人を思いやれているかどうか、今一度振り返ってみてください。

それだけでも自然と結婚したいと思われる女性に近付きますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る