結婚前と結婚後、転職するならどっち?タイミングとポイント

めでたく結婚、となったとき、転職を考える人も少なくありません。結婚すると生活スタイルが変わります。引っ越しをすることも多いでしょう。現在勤めている会社は、出産する際には辞めなければならないケースもあるでしょう。

そこで悩むのが、結婚前に転職をするべきか、結婚後の方がいいのか、といった点ではないでしょうか?

どちらでも同じでは?と思っているかもしれませんが、どちらかを選ぶことで人生が変わるといっても過言ではありません。

結婚前と結婚後、それぞれの転職をする際のメリットとデメリットについて見ていきましょう。


転職を失敗しないためには結婚前?結婚後?メリットの多いタイミング

結婚をきっかけとした転職は、よく考えてから実行したいものです。ベストなタイミングはどちらか、それぞれのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

結婚前に転職をする際のメリットとデメリット

結婚前の転職は、結婚後のライフスタイルに合わせ、自分のしたい仕事ができる職場を選びやすいでしょう。結婚前に転職後の職場に少しでも慣れておくことで、新婚生活での精神的な負担も軽減されます。

また、転職は年齢が早い方が選択肢は広くなることもメリットの一つです。結婚して育児をしてから、もしくは育児中に転職、となると制限が多く、キャリアを積む職場選びが難しくなる可能性もあります。

デメリットとしては、転職後すぐに妊娠してしまった場合、休暇を取りにくくなる点です。

妊娠・出産の予定はまだ先で、まだまだ仕事を続けたい、という人は結婚前の転職がおすすめ。ただし、妊娠した場合は、会社に迷惑をかけてしまうということも念頭に置いておきましょう。転職後は最低でも1~2年は仕事に専念することが大事です。

転職先を探す際には、結婚後の生活をしっかりシミュレーションし、結婚生活に亀裂が入らないような職場を見つけましょう。

結婚後に転職をする際のメリットとデメリット

結婚生活は思い描いていたものと違う、ということはよくあることです。結婚前に転職をすると、予想よりも大変だったということも。

結婚後の転職は、ある程度結婚生活を体験できるので、実生活に合わせた職場選びができることです。

また、妊娠・出産を経てから、落ち着いて転職先を選べるのもメリット。育児中に資格の勉強ができ、転職に有利になる資格を取得することも可能です。

そうはいっても、子どもがある程度大きくなってから就職をしようと思っても、時間的な問題で転職活動が制限されたり、自分の希望通りの職場が見つからなかったりすることもあります。年齢的に正社員での採用が難しくなることもあるでしょう。

結婚後に転職する際には、勤務先や勤務時間などを含め家族ともよく話し合い、職場を決めることが大切です。

企業側から見ると結婚前の転職の方が安心して採用できる

企業にとっては、結婚前の方が採用しやすいと言えます。結婚後の転職は、いつ妊娠・出産で会社を休むことになるか分からない、という不安を持ってしまいます。

もちろん、結婚前でもその心配は皆無ではありませんが、まだ結婚前の転職の方がその心配が少ないものです。また、産前産後休暇や育児休暇などを利用する前に、その人のスキルを確認できることもメリットです。

自分の希望を叶えやすく、転職しやすいのは結婚前と言えるでしょう。

安心して働くための、結婚を意識して転職をする際のチェックポイント

結婚・出産をしても、仕事を続けていきたい、と考えるなら、安心して働ける職場選びが重要です。どういった会社を選べばよいのか、チェックポイントを把握しておきましょう。

出張が多かったり、残業が頻繁にあったりしないか

出張は泊まりになることもあるでしょう。残業が頻繁にあれば、夕ご飯を家族と一緒に食べられなくなったり、栄養のある食事を作れなくなったりします。自分だけ出張や残業を断るわけにはいきません。

家族と過ごす時間が少なければ、家庭不和の原因にもなりかねません。出張や残業の有無についてはしっかりチェックしましょう。

時短勤務制度などがありライフスタイルに合わせて仕事ができるか

育児休暇などの制度があっても、時短勤務制度がない、というケースもあります。もしくはあっても、取れる期間が短かったり、条件に合わなかったりすることも。

結婚すると自分や夫だけでなく、お互いの家族に関することで、時間が必要になることも多いです。特に育児中はフルタイムで勤務するのは難しいこともあります。

仕事と家庭を両立するためにも、時短勤務制度など、ライフスタイルに合わせて仕事ができる制度が充実しているかどうかを確認しましょう。

産前産後制度や育児休暇制度が利用されているか

産前産後制度や育児休暇制度あり、と採用情報に書かれていても、実際は利用されていないとなると、自分も取得するのは難しいでしょう。現在では多くの企業が、女性が働きやすい環境づくりに尽力していますが、中にはそこまで手が回らないという会社もあります。

特に男性社員が多く、女性社員が少ない会社では、そういった制度や環境が整っていないことも少なくありません。実際のところを確認できるといいでしょう。

目安としては、20~40代の女性社員が多く、結婚・出産を経験しても働いているなら、その会社は結婚後も働きやすい環境があるということです。結婚後の女性の大変さも理解している人が多いことも、働きやすさにつながるでしょう。

メリットとデメリットを合わせ、結婚後のライフスタイルを明確に

転職をするなら、結婚前の方が選択肢は広がり、希望通りの転職ができる可能性が高いです。キャリアを積んでいきたいと思うなら、結婚前の転職の方がいいでしょう。

ただし、結婚後の転職もライフスタイルに合わせて転職先を選べるといったメリットがあります。派遣やパートなど雇用形態にこだわらなければ、じっくりと転職先を選ぶことができるでしょう。

大事なのは結婚後、どのような生活をしていきたいか、です。結婚してもキャリアウーマンとして働いていくのか、仕事よりも家庭を優先したいのか、それによって転職先も変わるでしょう。結婚後のライフスタイルに合った転職をすることが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る