気分転換の方法はたくさん!自分に合った方法を探してみよう

仕事や家事、育児等で溜まりがちな精神的なストレス。肉体的なストレスはある程度休みを取れば回復しますが、精神的なストレスは回復が難しい時もあります。

むしろ、休んだのに疲れが取れない、なんて状態になってしまった人もいるのではないでしょうか。

マイナスな気持ちは精神的なストレスを生み出す元です。いつまでもマイナスな気持ちを持ち続けていると、自分で自分を精神的に痛めつけているような状態になってしまいます。

こうなれば、仕事や家事、育児等を頑張る気持ちにはなれませんね。

マイナスな気持ちから自分を解放するには、気分転換が効果的です。どこでもできる方法を紹介しますので、参考にして下さい。

気分転換の方法を知っていると、色々な所で役立つ。気持ちの仕組みを知っておこう

気分転換の方法を知っていると、仕事はもちろん、プライベートな時間にも役立ちます。どうして気持ちの切り替えが精神的なストレスに有効なのかを解説していきます。

マイナスな気持ちは持続しやすい

  • 怒り
  • 悲しみ
  • 不安

等の、マイナスな気持ちは、プラスな気持ちに比べて持続しやすい傾向にあります。

これは、大昔、人が狩りをして暮らしていた頃の名残だといわれています。人が他の動物とそう変わらない生活をしていた時代は、危険が常に隣り合わせでした。その為、危険な事があればそれをすぐに取り除く必要がありました。

怒りや悲しみ、不安といったマイナスな感情には不快感があります。この不快感を取り除く為、人は行動します。こうして、自然と危険な事に対応できるような気持ちのメカニズムが生まれたのです。

この気持ちの仕組みは、安全に暮らせるようになった現在でも、昔と同じ様に作用しています。マイナスな気持ちを一度感じるといつまでもぬぐえないのは、その為です。

気持ちの切り替えの大切さ

大昔に比べ、現在はとても安全です。不快な気持ちを感じる出来事をすぐに取り除かなくても、とりあえずは生きていけます。むしろ、不快な気持ちに振り回された方が、自分を良くない状況に追い込んでしまう事がある位ですね。

不快感に振り回されないようにするには、自分から気持ちのコントロールをする必要があります。嫌な感情のまま行動するのではなく、一旦その気持ちから離れて、落ち着てから冷静に気持ちや出来事に対して対処するのが大切なのです。

気持ちの切り替え、つまり気分転換は現代を気持ちよく生きる為には必須のテクニックなのです。

気分転換の方法は人それぞれ

では、気分転換の方法ですが、これは人それぞれ違いがあります。

  • その人が置かれている環境
  • 気分転換にかけられる時間
  • 気分を変えられた、と感じられる行動

は、人それぞれ違う為です。

今まで気分転換を行ってこなかった場合、自分に向いている気分転換の方法を探す事から始めていきます。もちろん、ずっと同じ行動をしていると飽きてしまい、効果が薄れてしまう、という人も、新しい気分転換の方法を探す必要がありますね。

気分転換の方法は人それぞれ違いますが、

  • その行為に何も感が図に集中できる
  • 人に迷惑をかけない

行為であれば、気分転換の方法としては問題ありません。

自分なりの気分転換の方法を探してみて下さい。

おすすめの気分転換方法はコレ!どこでもできる方法3種

気分転換の方法は人それぞれです。人の数だけ方法がありますが、その中でも

  • 誰でもできる
  • どこでも、手軽に挑戦できる

という点に優れている方法を3つ紹介します。

気分転換の方法がない人は、これらの方法を試す所から始めてみて下さい。

深呼吸

気分転換の方法の中でも、有名なのが深呼吸です。

深呼吸には心身をリラックスした状態に促す、副交感神経を活発化させる効果があります。息を吸い、吐くという単純な効果ですが、単純な行為を集中しながら行う事で、嫌な気持ちを忘れされる、という効果も期待できるのです。

嫌な気持ちの時、人の呼吸は自然と浅くなりがちです。呼吸が浅いと体全体に酸素が行き渡らなくなり、他の弊害を生み出してしまう事もあります。深呼吸にはそれを防ぐ効果もあります。

深呼吸のポイントは、息を吐く時、出来るだけ長く吐こうとする事です。息を吐く時間を長くすると、自然と体に取り込める酸素量も大きくなります。ゆっくり、落ち着いて呼吸をするようにして下さい。

一つの事に集中する

深呼吸の所でも触れましたが、人は集中して作業をすると、他の感情を一時的に忘れる事ができます。気持ちが沈んでいる時こそ、何かに思いっきり集中するといいのです。

集中できる作業は人それぞれ違いますが、特におすすめなのが単純な作業です。何も考えずにできる作業を繰り返し行う作業は、集中しやすく、ミスも少ない為嫌な感情を呼び起こしにくい為です。

仕事の場合は、

  • 誰でもできる簡単な作業
  • 一人で黙々と繰り返しできる作業

がおすすめです。

家の中なら、

  • 料理等のある程度手順が決まっている作業
  • いつもは掃除しない所の掃除

等、

  • 作業方法が決まっており、取り組みやすい家事
  • 普段はあまり触らない所の家事

が気分転換に向いています。

趣味等でいえば、

  • 筋トレ、ウォーキング
  • 手芸

等、ある程度体を動かすタイプの趣味がおすすめです。

その場から一度離れ、落ち着くのを待つ

  • マイナスの気持ちが大きすぎる時
  • ある程度動く事が可能な時

は、気持ちを感じた場所から一旦離れるのが有効です。

自分の体を動かして違う場所に行く事で、気持ちをある程度落ち着かせる事ができます。

離れても落ち着かない時は、

  • 落ち着くまで深呼吸をする
  • 温かい飲み物を飲む

等の対処も合わせて行いましょう。

大きすぎる気持ちは、処理にも時間がかかります。気持ちの行き場がない位、嫌な気持ちが膨れ上がってしまった時は、その処理に集中しましょう。

あまりおすすめできない気分転換法

気分転換の方法の中には、体に良くない方法や、後々問題を引き起こしてしまう方法もあります。そうした危険な気分転換の方法も知っておきましょう。これらの方法にはあまり頼らないようにする事も、忘れないで下さい。

暴飲暴食

  • 甘い物や脂っこい物を食べ続ける
  • 泥酔するまでお酒を飲む

といった気分転換法は、体に大きな負担をかけます。

  • 甘い物
  • 脂っこい物

は食べ過ぎると

  • 栄養不足
  • 生活習慣病

の引き金となりますし、依存性があるともいわれています。

お酒は

  • 内臓の機能低下
  • アルコール依存症

を引き起こします。

どの病気も一度かかると回復に時間がかかるか、一生治らない病気です。暴飲暴食を気分転換の方法に取り入れる事は避けましょう。

買い物、ギャンブル

  • 買い物
  • ギャンブル

にも、依存性があります。

どちらの行為も気分転換の方法として取り入れている人はいますが、続けていると依存症になる事があります。また、買い物やギャンブルによって引き起こされる依存症は精神的な病気の一つで、一度かかると治療が必要です。

買い物もギャンブルも大きなお金がかかります。

依存症になった人は、買い物やギャンブルのお金を手に入れる為に、

  • キャッシングやローン等の借金
  • 詐欺や窃盗等の犯罪行為

に手を染めてしまう人もいるのです。

この様な行為をしてしまうと、家族や友人にも大きな迷惑をかけてしまいます。自分の人生を台無しにしてしまう可能性があるのです。

気分転換の方法は、自分の周りの人に迷惑をかけては意味がありません。人に迷惑をかける可能性がある方法は、選ばないようにしましょう。

気分転換の方法は人それぞれ。上手く使って気持ちを切り替えよう

気分転換の方法は人それぞれです。自分にできる安全な方法を上手く使って、気持ちを正しくコントロールできるようになりましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る