起業アイデアが思い浮かばない!そんな方に贈るヒント集

最近は起業が簡単にできるようになりました。主婦や他の仕事を持っている人でも、事業主として活躍できる世の中になっているのです。テレビ等でも驚く様なアイデアで起業をした人が取り上げられる事もあります。

そんな企業のアイデアですが、実は意外と身近な所にヒントがあるって、知っていますか?上手く事業のヒントを艇に入れる事ができれば、貴方もユニークな仕事で活躍できるようになるのかもしれないのです。

今回は、起業アイデアの探し方を紹介します。実際に起業を考えている人はもちろん、起業をする人がどの様な考え方をしているのか知りたい、という人にも役立つ内容となっています。ぜひご覧下さい。


起業アイデアのヒントは自分が持っている?

起業のアイデア、というと、どの様なイメージがあるでしょうか。

突拍子もない、斬新なアイデアを思い浮かべるのではないか、と考える人も多いかと思います。しかし、起業のアイデアは何気ない日常にこそ隠れているのです。起業アイデアのヒントを探す方法を紹介していきます。

起業アイデアの糸口は3つある

起業アイデアとなる糸口は、大きく分けると3つになります。

  • 自分が好きな事
  • 自分が得意な事
  • 自分が困っている事

の3つです。

一つ目と二つ目は誰でも思いつくものです。自分が好きな事や得意な事を、そのまま商売にできるかどうかを考えればいいだけなので、多くの人が使う糸口といえます。

三つ目の困っている事ですが、これは一つ目と二つ目とは逆の着眼点です。

  • 自分の苦手な事を代わりにやってくれる人が欲しい
  • こんな時、人の手を借りたい

といった所に注目するのです。

自分が困っている事や、人の手を借りたいと思った事を、他の人も同じ様に思っているかもしれません。それを代行・手伝う事で報酬をもらえれば、立派なビジネスになります。

自分だけでなく、周りも観察して

起業ヒントの糸口は、主に自分から得た物です。

  • 自分に得意と思える事があまりない
  • 自分の困っている事が特にない

という場合、この糸繰りからだけでは、行き詰ってしまいます。

この様な場合は、3つの糸口を周りの人の目線で探してみましょう。

  • 普段何気なく周りの人がこなしている事をビジネスにできないか考える
  • 周りの人が困っている、大変と感じている事を解決できる方法を考える

といった形で考えてみるのです。

例えば、多くの人が何気なくこなしている作業の一つに、料理や掃除等の家事があります。

家事は、この3つの糸口と共通したポイントがあります。

  • 家事をこなしている人の中には、得意な家事と苦手な家事がある
  • 家事の中には、手間がかかる作業や、人手があった方がいい作業がある

この2つのポイントは、見事に3つの糸口を満たしています。

  • 家事の得意な人が、苦手な人の代わりに家事をする
  • 手間がかかる作業や人手の必要な家事の手伝いをする
  • 家事が苦手な人が苦手な理由を分析し、解説する
  • 家事が苦手な人でも簡単に家事ができるグッズや、面倒臭さや手間を改善するグッズを開発する

家事をテーマに、自分や周りの人に役立つようなアイデアを考えると、この様に様々なアイデアが思いつくのです。この様に、アイデアは思いつかない時は視点を変えると良い物が思いつく事があります。

仕上げに自分のアイデアを評価する

アイデアを思い付いた後、必ずやってほしいのが自分の思いついたアイデアを客観的に評価するという作業です。

考えた直後は素敵に思えるアイデアでも、

  • 実現するのが難しい
  • ビジネスとして成立させるのが難しい
  • もう先に着手している人がたくさんいる
  • 思ったよりも需要が無い

等、色々な障害が発生している場合があるのです。

一度思いついたアイデアは、メモ等にまとめておきましょう。整理したメモを後で見直して、自分が実現できるかどうか客観的に判断するのです。

この評価は自分で見るだけでなく、

  • 周りの人に有益なアイデアか判断してもらう
  • 自分のアイデアと同じビジネスや、近いビジネスがあるかどうか調べる

といった事でもできます。アイデアを思い付いたら、ぜひやってみて下さい。

起業アイデアを手に入れるヒント

起業アイデアのヒントは、意外と近い所にある事が分かりました。しかし、身近な事というのはちょっとした事で忘れてしまうのもよくある事です。せっかく思いついたアイデアを忘れてしまうのは、もったいないですね。

起業アイデアのヒントを逃さず手に入れる方法を紹介するので、アイデアを考える時の参考にして下さい。

少しでも気になった事があれば、メモをする

アイデアのヒントを手に入れる方法の一つに、少しでも気になった事があればすぐにメモを取るというものがあります。

小説家や脚本家等、お話を作る仕事に付いている人がやっている方法ですが、ビジネスのヒントを手に入れる場合にも使えます。この方法は、どんな小さい事でもメモを取っておくのがコツです。

興味のある事をメモに取っておくと、メモを見返した時にアイデアを捕まえる事ができる場合があります。

  • メモの内容に共通点を見つけ、そこからアイデアが生まれる
  • 忘れてしまったアイデアを、メモの内容から思い出す

といった形で、アイデアのヒントをより具体的な形にできる事もあるのです。

興味がある事はすぐに調べる

メモを取る方法に近いですが、

  • 自分が興味を持ったこと
  • 自分が疑問に思った事

を調べてみるのも、アイデアのヒントを得られる場合があります。

自分が興味を持ったり、疑問に思ったりした事を調べると、内容そのものだけでなく、それ以外の事を知る場合があります。

例えば、自分が疑問に思った事や、困った事をネットで検索してみて下さい。ネットで検索すると、疑問を解決する内容や、同じ様な事で困っている人を見つける事ができるかと思います。

これは、言い換えれば自分が疑問に思った事や困った事を解決しようとしている人がいる、という事です。疑問を持った人や、困った人がいて、それを解決できる方法があれば、それを仕事にする事ができます。

また、調べても何もなかった場合でも、新しい事を知る事ができます。

何も情報が出てこなかったという事は、

  • まだその内容に関して着手している人がいない
  • その内容について、注目している人がいない、又は少ない

という事が分かるのです。

調べる内容によってどちらに着目すべきかは変わっていきますが、これも起業アイデアを考える時に役立つ情報です。ぜひ活用していきましょう。

貴方の起業アイデアを必要とする人がきっといるはず。勇気をもって挑戦しよう

起業のアイデアは身近なところにたくさん存在しています。あなたの思いついたアイデアを必要としてくれる人は、きっといるはずです。良いアイデアを見つけられたら、勇気をもって企業に挑戦してみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る