心が疲れた…。そんな時に試してほしいリフレッシュ法5選

仕事やプライベートで頑張っていると、どうしても心に疲労がたまってしまいます。心の疲労は体の疲労よりも感じにくい事が多い為、どうしても気が付きにくいものです。

いつの間にか心の疲れがたまってしまい、体の症状として出てくる事もあります。ひどいケースだと、心が疲れた状態から、うつ病等の病気になってしまう場合もあります。

心が疲れた症状を予防・改善するには、心をリフレッシュさせてあげる必要があります。心をリフレッシュさせる方法は人それぞれ違いますから、自分の心に合った方法を選ばなくてはなりません。

心が疲れた時に試してほしいリフレッシュ方法を紹介しますので、精神的にストレスが溜まっている時や、体に異常がないのに頑張れない、という人は、ぜひ試してみて下さい。


仕事や人間関係等、心が疲れるシーンはたくさんある

心の疲れは日々の生活で溜まっていくものです。一見すると悩みがない様に見える人や、自分が付かれている自覚がない人でも、心がいつの間にか疲れている、という事はあります。

まずは自分の心が付かれていないか、チェックする事から始めてみましょう。

誰でも心が疲れてしまう時はある

どんな人でも、心が疲れてしまう事はあります。人の心は一人一人違う為、心が疲労を感じる時は人それぞれ違いますが、絶対に疲れない心、という心は無いのです。

一見疲れを感じていないように思えても、意外と疲れを溜めている、というのが心の厄介な所です。心の疲れをため込まないようにするには、定期的に自分の心をチェックして、疲労をため込んでいないか確認する必要があるのです。

心の疲れをチェックするチェックシート

心の疲れは、

  • 感情の揺れ動き
  • 体への影響

によって判断する事が出来ます。

心の疲れがたまっている時の症状をまとめると、以下の様になります。

  • すぐに気分がふさぎ込むようになった
  • 些細な事でイライラするようになった
  • 不安感が強くなった
  • 寝付きが悪くなった
  • 今までの趣味に興味が湧かない
  • 寝ても途中で目が覚めてしまう
  • 朝早く目が覚める事が多くなった
  • 食欲がない、又は食欲過多
  • 休日は寝て過ごす
  • 外出するのが億劫になった
  • 集中力が低下した

この様な症状が出ている場合、心が疲れている可能性が高いです。

この症状のまとめをチェックシートにして、普段から心に疲れがたまっていないか、それによって症状が出ていないかを定期的にチェックしましょう。

心の疲れはコレで取る!オススメリフレッシュ法5選

心の疲れの取り方は、人によって、心の疲れの原因によって様々です。その為、リフレッシュ方法も人によって違います。リフレッシュ方法の中でも、取り組みやすい方法を紹介しますので、自分のリフレッシュ法を探す時の参考にして下さい。

しっかり食事を取って、睡眠をとる

心が疲れている時は、体もその影響を受けています。栄養バランスの良い食事を心がけ、睡眠をしっかりとってみましょう。

心の疲れには、

  • アミノ酸(たんぱく質)
  • カルシウム

等が効果的です。

  • 良質な赤身肉
  • 大豆製品
  • 乳製品

を中心に、栄養バランスのとれた食事をしましょう。

この他、

  • チョコレート
  • 紅茶

等には、心をリラックスさせ、ストレスを緩和する効果があります。こうしたストレス緩和効果のある食材を取るのもオススメです。

心の疲れがたまっていると、睡眠不足になりがちです。一度思い切って、寝られるだけ眠ってみましょう。「もうこれ以上眠れない!」という位眠ってみると、心の疲れが少し取れる場合があります。

体と心は連動しています。心の元気がない時は、まずは体から元気を取り込んでみましょう。

運動する

運動にはリフレッシュ効果があります。運動に集中する事で、心の悩みや疲れから、一旦離れる事ができるのです。

悩みや疲れから離れる、と聞くと否定的なイメージを抱いてしまう人もいるかもしれません。しかし、運動に集中する事で、問題から一旦離れる事は、別の視点から問題や疲れを見つめ直す事につながります。

運動すると得られる疲労感も、心に良い影響をもたらしてくれます。

  • 悩みを抱えていて、それが解決できないストレス
  • 失敗が続いている事によるストレス

を感じている場合は、軽い運動に挑戦してみましょう。

友達や家族とおしゃべり

友達や家族とおしゃべりするのも、オススメのリフレッシュ法です。自分の愚痴や悩みを聞いてもらうだけでも、孤独感や心の疲労感を軽減できます。

悩みの内容や、ストレスを感じている内容によっては、周りの人に話す事で解決したり、解決への糸口を見つけられたりする場合もあります。解決につながる事が無くても、共感してもらえるだけで、心の疲れを取り除く事ができます。

自分だけでなく、家族や友人に心の疲れがある場合は、自分がそれを聞いてあげる事で、相手の疲れを軽減してあげる事もできます。こうする事で、人の役に立つ事も、心の疲れを取る事につながります。

普段とは違う行動をとってみる

  • 心の疲れの原因が分からない
  • 心が疲れる原因は分かっているが、解決しようがない

といった場合、気軽にできる気晴らしが、普段とは違う行動をとってみる、という事です。

例えば、

  • 普段とは違う道を使って帰宅する
  • 自分が興味を示さなかった事にあえて挑戦する
  • 普段なら利用しないお店等を利用してみる

等の、本当にちょっとした事に挑戦するだけでも、リフレッシュ効果が生まれます。

人の心は同じ事ばかり繰り返していると、マンネリ化してしまい、新鮮さを求めるようになります。

この状態が長く続くと、心の疲れにつながるのです。ちょっと普段とは違う事に挑戦する事で、マンネリ化のストレスを軽減してあげると、この状態を改善できます。

専門家に相談する

  • 何をしても心の疲れが取れない
  • 心に疲労がたまった状態が長期化している
  • 心の疲労によって生み出された症状が、日常にも影響を与えている

といった場合は、カウンセラー等の専門家に相談してみましょう。

こういった場合、心の疲れがたまっている状態が日常化し、自分の力だけでは取り除けなくなっている可能性が高いです。場合によっては、心の病気にかかっている事も考えられます。

心の疲れが深刻な場合は、専門家に相談し、心の疲れを取り除く手助けをしてもらいましょう。

心が疲れたと感じたら、リフレッシュに挑戦してみよう

心の疲れは体の疲れ同様、早めの対処が大切です。心の疲れを感じたら、リフレッシュに挑戦しましょう。自分に合ったリフレッシュ法を普段から探しておくのも、忘れずに行って下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る