高学歴なのにニート。陥りやすい人の特徴と無職から脱する方法

昔と違い、大学に進学する人の割合も増えてきました。高学歴といわれる、有名大学を卒業している人もたくさんいます。

しかし一方で、高学歴といわれながらも仕事に就かない、または就職先が見つからないという「高学歴ニート」も増えているのです。

なぜ高学歴なのに働かないのか、無職になってしまうのか。その理由を探ってみました。

また、ニートから脱出する方法についてもお話しするので、働きたいけど働けないと悩んでいる人の参考になれば幸いです。

なぜ学歴があるのにニートになってしまうのか

日本では、15歳〜34歳で、仕事も通学も家事も行なっていない人のことをニートと定義しています。

高い学歴があればどこにでも就職ができそうですし、やりたいことができる力もありそうです。

それなのにニートになってしまうのは何故なのでしょうか。

中小企業なんかに就職できないと思う

高学歴であることのプライドが邪魔して、「私にはもっとふさわしい会社がある」と選り好みをしていないでしょうか。

例えば会社の評価を規模だけで考えて、「中小企業なんかに就職したくない」と思うと、自然と門戸が狭くなってしまいます。

日本は中小企業の数の方が圧倒的に多いのですから、会社の規模や知名度だけで選ぶというのは現実的ではないですね。

たしかに「これだけ勉強してきたのだから」というプライドはわかります。人一倍努力してきたこともわかります。

しかし、高学歴だから大企業、という固定観念は捨てたほうがいいかもしれません。

社会に出ることが怖い

高校生、大学生の時には多少なりともアルバイトの経験というものがあると思うのですが、勉強一筋で生きてきた人は、働いた経験がないという人もいます。

アルバイトというのは意外と大事な社会経験で、

  • お金をもらうということはどういうことか
  • ビジネスマナーとは
  • 人と働くということはどういうことか

など、ビジネスに関わるごく基本的なことを自然と学べる機会でもあるのです。

本格的な仕事をしていなくても、社会とはどういうところかということを垣間見ていますよね。

しかしその経験がないと、自分が社会人になることが全く想像ができず、社会に出てどうしたらいいのかわからないという不安の方が大きくなってしまうのです。

面接の失敗がトラウマ

みんなと同じように就職活動をして見たけれど、行きたいと思っていた会社の面接に落ちてしまった。

このような失敗があると、「またうまくいかないのではないか」という不安の方が大きくなってしまうかもしれません。

就職活動なんて1回で希望の企業に決まる人の方が少ないのですが、これまで挫折経験が少ない人ほど失敗することに臆病です。

受験もすべて1回で通ってきた、これまで失敗らしい失敗がなかった人ほどトラウマになりやすいでしょう。

周囲の期待が重荷になっている

できる人ほど、親や親戚など周囲の期待は大きいでしょう。

大学だってこれだけすごいところに行ったのだから、きっと一流企業に決まるに違いない、なんて思われているとすごいプレッシャーですよね。

その期待に応えなくてはいけないと思うほどに、自分がやりたいことがわからなくなってしまう人がいます。

就職は周りの人のためにするものではなく自分のめにするものですが、「この会社でこんな仕事がしたい」と思ったとしても親の反対を考えると言い出せずに、やりたいように就職活動ができないままにーとになってしまうのです。

コミュニケーションが苦手

勉強は一人でもできるものでした。座学は参考書を理解する力があればできるので、一人でも受験や学校の試験は乗り切れます。

しかし働くとなるとちょっと違いますね。人とのコミュニケーションは必須です。

しかしひたすら勉強だけに打ち込んできた人の中には他人と関わることが苦手な人は多いもの。

他人とのコミュニケーションに不安があると、仕事が続かなくなってニートになってしまう人が多いのです。

自分の強みがわからない

高学歴の人はどの科目もそつなくできる人が多いです。

大抵のことは人並みにこなせるので、いざ「自分の強みは何か」と考えてみるとよくわからないとなってしまうのです。

不得意なことがあるひとほど、「自分にはこれしかない!」と思うような好きなこと、得意なことがあるのですが、高学歴の人は何でもできるからこそ自分の強みがわからなくなってしまうんですね。

器用貧乏というか、どれを強みにすればいいのかわからないので自分の将来像が描けないのです。

やりたいことがわからない

強みがわからないのと似ているのですが、自分が将来何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかがわからないというニートも多いです。

いい学校に入るためには、自分がやりたいことよりも「その学校に入るために何をすればいいか」を考えていればよかった。

しかし、働くとなると違いますね。

自分はその会社に入って何がやりたいのか、どういう仕事がしたいのかというビジョンがないと、会社は選べません。

趣味などがあればまだいいのですが、勉強一筋できてしまった人ほど、やりたい仕事を見つけるのが難しいかもしれません。

高学歴ニートから脱出する方法を考えてみよう

このままでいいと思っているニートの人はいませんね。どうにかしてこの状況から抜け出したいと思っているでしょう。

ではどうすれば、自分が納得のいく仕事を見つけて、やりがいを感じながらいきていくことができるのでしょうか。

どうやって生きていきたいのか考える

これは高学歴ニートに限らず、ずっと考えていってほしいことですが、

  • 自分がどうやって生きていきたいのか
  • 何をしたいのか

ということを、今一度真剣に考えてみましょう。

いいんですよ、時間がかかっても。もしかしたら、ニートでいる期間は「これからの生き方をしっかり考えなさい」ということかもしれないですよね。

むしろ、適当に就職を決めてしまうよりもよかったのかもしれません。

ニートでいる自分を責めるのではなく、人生の助走期間なのだと考えて、自分自身をしっかり見つめ直して見てください。

人生はまだまだ長いのです。

自分が納得する人生を歩んでいくためにも、どういう生き方が自分の理想なんだろうかとしっかり考えてみましょう。

プライドを捨て、他人の目など気にしない

つまらないプライドはこの際捨てましょう。

学歴など、これから生きていく上で、だんだん関係なくなっていきますよ。

就職する際には多少有利かもしれませんが、学歴と人間性は関係ありません。

だからプライドを捨てて、本当に自分がやりたい仕事をやればいいのです。

あんな大学出たのにこんな小さな会社に入るの?なんて言われることを気にしてはいけません。

本当に自分がやりたかったことを思い出して、周りの目など気にせずにやりたいことを追求していきましょう。

あなたの人生は、親や周りの人のためにあるのではないのです。

自分の強みを見つける

いい学校に入ったということは、

  • 自分で目標を立てることができる
  • 自分で計画を進めていくことができる
  • コツコツと努力することができる

といういことが強みかもしれません。

とりわけ受験勉強なんて誰もが嫌がることを乗り越えてきたのですから、それは自信を持っていいことなのです。

もしくは、勉強以外で小さい頃から自分が好きだったこと、趣味などを掘り起こしてみましょう。

その中に、あなたの強みを見つけるヒントがあるかもしれません。

高学歴だけで人は計れないことを知る

高学歴な人は、確かに勉強はできます。そのことは疑いがありません。

しかし、学歴が高いのと人として優秀なことはまた違う問題なのです。

自分自身を優秀だと思うのは良いのですが、世間には学歴がなくても優秀な人はたくさんいるという現実を受け入れる必要があるでしょう。

仕事をしていく上では様々な人に教えを乞うことが必要になってきます。

その時に無駄なプライドがあると自分の成長を妨げてしまいます。

ですから、学歴だけで人を評価、判断する考え方を捨てましょう。社会は広いのです。

ボランティア活動に参加してみる

アルバイトなどで働いた経験がない人は、まずはボランティアから始めてみるといいでしょう。

興味のある分野のボランティア活動に参加してみると、その中から自分がやりたいことが見つかるかもしれません。

また、ボランティア活動を通して人との関わり合い方も学べますし、社会や人のためになる活動をしているということが自分の自信になると思います。

アルバイトから始めてみる

ニートからいきなり正社員を目指すというのはハードルが高いなと感じるかもしれません。

それならまずはアルバイトから始めてみましょう。

アルバイトだって立派な仕事です。働いてお金をもらうのですから、正社員と同じように責任感を持って仕事をしなければいけません。

アルバイトで「働いて稼ぐ」という経験を積むことで、社会に出ること、働くことへの抵抗感がなくなっていくでしょう。

働きぶりが認められれば、契約社員や正社員とランクアップしてく制度の会社もあります。仕事の選び方によっては次に繋がるかもしれないですよね。

まずはどんな仕事でもいいからがむしゃらに働いてみるという経験を積んでいきましょう。

「大企業」以外に目を向ける

プライドを捨てたら、会社を大きさや知名度で選ぶのではなく、

  • どんな理念を持っている会社なのか
  • 社員は幸せに働いているのか
  • 自分はここでどんな仕事ができるのか

など、会社の本質を探ってみましょう。

中小企業といわれる規模の会社でも、いい会社はたくさんあるんです。

それなのに知名度だけで会社を選ぶなんて勿体なさすぎます。

小さな企業に勤めることが恥ずかしいなんて、本当につまらないプライドですから、早く捨て去るに限ります。

仕事に求めるものを整理する

やりたいことを見つけるためにあれこれと考えるのはいいのですが、就職となると様々な条件が出てきますね。

  • 業種、職種
  • 仕事の内容
  • 給料の額
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 休日

など、すべてが理想通りという会社は残念ながらないと思います。

ですから、様々な条件の中で、「これだけは譲れない」というものを整理してみましょう。

例えば、とりあえずたくさん稼ぎたいと思うならば給与の額が高い会社から面接を受けていくという方法がありますよね。

もしくは、最初は給料はそこそこでいいから、自分がやりたいことをやらせてもらえるようなベンチャー企業がいい、という選び方もあるかもしれません。

受ける会社を選ぶ時に何を優先するのか、しっかりと順位とつけて考えておいたほうがいいでしょう。

失敗は失敗だと思わなければ良い

面接は何度やっても失敗するかもしれません。

たまたまあなたと同時にものすごく優秀な人が応募してきていたら、あなたが悪いわけではなくて、別の人の方がよかったという評価になって不採用になることだってあるのです。

面接は運にも左右されますから、たとえ失敗しても失敗だと思わない方がいいでしょう。

それよりも早く気持ちを切り替える方が大事です。

縁がなかったのだと考えて、次の会社を受けるためにどう対策を練ろうかと考える方が建設的です。

失敗は自分が失敗だと思わなければ失敗ではないので、何度でも挑戦を繰り返せばいいのです。

人生には正解などないことを知る

今高学歴ニートでいることを、人生の失敗だと捉えてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、浪人せずに大学に行き、すんなりと大企業に就職することがあなたにとっていい人生だったのかどうか。

それはあなたにしかわかりませんが、人生は回り道をしても良いのではないでしょうか。

人生には正解などないのです。少なくとも、親や周りの人が決めることではなく、自分で決めるものです。

自分が「これでよかった」と思えればそれでいいので、本当にやりたい仕事を見つけるためにもがくのも良いではないですか。

誰かのために生きているのではないので、自分の人生には自分で責任を持つのだと覚悟を決めましょう。

そうすれば、前に進む勇気が出てくるはずです。

一度しかない自分の人生。自分の手で切り拓いていこう

ニートでいる期間が長いほど、このままでは良くないと焦る気持ちもあると思いますし、このまま脱出できなかったらどうしようと心配になるでしょう。

今の境遇を変えるには行動するしかありません。

でも、行動さえすれば何かしら見えてくるはずです。自分の人生は、自分で変えることができるのです。

人生は一度きり。後悔のないように、自分の手で切り拓いていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る