後輩が仕事でミスをした!上手にフォローするコツとは

自分自身を含めて人間誰でもミスをすることがあります。自分の失敗は許せても他人の失敗は許せないこともあるでしょう。

特に後輩がミスをしたときはついきつい口調で注意したくなるかもしれません。しかし、注意の仕方によっては後輩のモチベーションを大きく低下させたり、関係悪化につながったりすることがあります。

ここでは、後輩がミスをしてしまったときの上手なフォローのやり方について解説していきます。


後輩のタイプを見分けるミスをしたときの対応パターンを理解しよう

ミスをおかしてしまったとき、取る対応は人それぞれ違いがあります。後輩のタイプによってミスをフォローするやり方も変える必要があります。そこで、ミスをしたときの主な行動パターンについて理解しておくと役立ちますよ。

反抗的な態度をとる

ミスをしたことで気分を害するタイプです。不機嫌な顔つきになったり、ふてくされた態度をとったりするのが主な特徴です。

ミスを指摘されたり、ミスをしたことを怒られたりすると攻撃をしかけてくるなど、逆切れすることもあります。

責任転嫁する

ミスしたことを自分の責任ではなく他の人の責任にすり替えるタイプです。自分が怒られないようにするため、自分の身を守るために責任を転嫁するのです。

へらへらする

ミスの重大さがわかっていないか、笑ってごまかすタイプです。

ひどく落ち込む、感情的になる

ミスをしたことでひどく落ち込む、感情的になって泣くパターンもあります。泣いてしまう場合は、責められることを逃げるためにわざとやっている場合もあるので注意が必要です。

正確に速やかに報告させることが大切!上手なフォローの仕方

後輩がミスを起こしてしまったら、まずはどう対応すればよいのでしょうか。そのポイントを解説していきます。

まずは報告させることが大切

ミスをそのまま放置しておくとどんどん問題が悪化することにつながります。そこで、まずは後輩にミスをしっかりと報告してもらいましょう。

ミスの報告は上司や責任者に行うのが一般的です。もしも、後輩が一人で不安そうなときは、あなたが報告の際に付き添ってあげるといいでしょう。

上司に報告をするときですが、後輩には以下の点に注意するようにアドバイスしましょう。

  • 言い訳はしない
  • 事実を正確に伝えること
  • 逆切れはしないこと
  • 感情的にならないこと

後輩の性格を理解していたら、より注意するべきポイントについては繰り返し伝えておきましょう。

原因を分析と対策

上司への報告が済んだら、同じミスを再発させないようなフォローをしましょう。そこで重要になってくるのが、原因の分析です。

ミスが起こる原因はさまざまです。

  • 確認や注意不足
  • スキル不足
  • コミュニケーション不足
  • 作業効率の悪さ

など、さまざまな原因が考えられるでしょう。原因がわかることでミスを起こさないための対策がわかるようになるはずです。

ミスを自覚させること

ミスを起こしてしまったことに対して、後輩の態度によっては指導が必要です。逆切れしたりふてくされたり、泣いたりと後輩によって対応はさまざまでしょう。

しかし、ミスを起こすたびに好ましくない態度を取ると、周囲からの評判も悪くなります。後輩の何が悪いのかをしっかりと指摘してあげることが大切です。

しかし、伝え方には注意が必要です。逆切れするなど横柄な態度をとるような後輩は、注意しても素直に聞き入れてくれないでしょう。

逆に神経を逆なでして、ぶっきらぼうに対応されるだけです。そのようなタイプの後輩には、決して怒ることはなく、できるだけ優しく注意するのがコツです。

適度なプレッシャーを与える

ミスの重大性を理解していない、ミスを責任転嫁するタイプには、適度なプレッシャーを与えてみましょう。

ただし、プレッシャーが大きすぎると逆にやる気を喪失させてしまいますので、加減が重要です。

たとえば、「同じミスを繰り返したら二度とフォローしないよ」といったような後輩を見捨てるようなセリフはおすすめできません。

仕事のやり方を教える

ミスが起こった原因はさまざまです。後輩がミスをした原因がわかったら、仕事のやり方を一緒に考えてあげましょう。

たとえば、確認不足によってミスが起こったとしたら、ミスが起こらないような確認のやり方について、一緒に考えるのです。

後輩のやる気をアップさせる、後輩を注意した後の上手なフォロー

ミスをしたり、注意されたりした後は誰でも仕事に対する自信やモチベーションを失うもの。そんな後輩のやる気を引き出せるような、上手なフォローの方法を紹介していきます。

みんなの前で褒めてあげる

自分がミスをしてしまったことを、同じ部署の人など周りの人も気づいているでしょう。人によってはミスをした後輩のことを、ダメなやつだと思っているかもしれません。

そこで、先輩であるあなたがみんなの前で後輩を褒めてあげましょう。後輩のモチベーションアップと、周囲の人への印象アップが期待できるます。

そして、褒めるときは大げさだとわざとらしいので、さり気なく褒めるのがコツです。

ランチや飲みに誘ってみる

仕事場では言えないことでも、外では言えることがあるかもしれません。ランチや飲みに誘って、後輩を元気づけてあげたり悩みを聞いたりしてあげましょう。

ただし、ランチや飲みの場では決してお説教をしてはいけません。後輩がますます自信をなくしてしまうからです。

後輩から切り出してこなければ、あえて仕事以外の話をしたほうがいいかもしれませんね。

他にも、自分の失敗談を話すのも効果的です。あなたが過去に起こしたミスや、他の人がミスをした話しを聞くと、後輩も自分だけじゃないとホッとするはずです。

そして、誰でも失敗はするものだとフォローしてあげましょう。

頑張っているところを褒める

ミスをしてしまったときは、自信を喪失しているはずです。そこで、後輩の普段の頑張っている点をみつけて褒めてあげましょう。

自分のことをよく見てくれているのだなとうれしい気持ちになれますし、頑張っているところを褒められると自信もついてきます。

メールやLINEで励ます

後輩がひどく落ち込んでいると、声をかけづらくなるでしょう。そこで、メールやLINEを使って励ますのも手段のひとつです。

メールやLINEなら、面と向かって言いづらいことも言えるのではないでしょうか。ただし、あまりにも長文になってしまうと、何が言いたいのかわかりにくくなります。

短く簡潔な文章のほうが相手にも伝わりやすくなりますよ。

フォローのやり方で後輩のスキルが大きく変わる!上手なフォローを心がけよう

誰でもミスをすることはあります。しかし、ミスをしたことを責めるだけでは後輩は成長しません。むしろ、仕事へのモチベーションを低下させてしまうでしょう。

そこで、先輩が上手にフォローをすることが大切です。上手くフォローすることで、後輩のビジネススキルもアップするはずですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る