キャリアプランとは仕事上の人生計画。立て方を知っておこう

転職を考えている時に情報を集めていると『キャリアプラン』という言葉を耳にする事があります。最近になってよく聞くようになった言葉である為、意味自体を知らない方も多いです。

キャリアプランとは文字通り、働いていく上でのプランの事です。働く事は人生において重要な部分を占めています。その働く事の人生計画を立てる事です。

人生において重要な計画ではありますが、

  • どうしてキャリアプランが必要なのか
  • キャリアプランはどこで活用されるのか
  • どうやって計画するのか

といった事はあまり知られていません。

今回は、これらのキャリアプランに関する基本的な事を解説していきます。

キャリアプランとは一体何?意味と目的と活用場所

まずはキャリアプランというものが一体どういうものなのかについて解説していきます。まずは基本的な事から学んでいきましょう。

キャリアプランとは

キャリアプランとは、自分自身のキャリア、つまり仕事における計画の事です。

将来、

  • どの様な仕事に就きたいのか
  • どの様な地位に就きたいのか

等、仕事に関する人生の目標を立て、それに向かうにはどうすればいいかを計画します。

キャリアプランは細部まで立てる事ができ、

  • 自分の仕事の仕方
  • やりたい仕事内容
  • 受けたい待遇や労働条件
  • 勤務地、勤務時間

等、様々な内容を考えます。

キャリアプランに基づいた考えや行動を計画し、それに沿って動く事で、仕事における自分の人生を作る。これがキャリアプランの基本行動となります。

キャリアプランを立てる目的

キャリアプランは多様化した働き方の中で、自分の行動を明確化させる為に立てます。

昔は一度就職すれば、

  • 結婚して退職
  • 定年まで在籍

するのが普通でした。

その為、

  • 昇給
  • 昇格

等は会社に規定によって決められていました。

これは会社が自分達のキャリアプランを考えてくれているのと同じ状態です。

しかし、現在ではそうはいきません。新卒で入った職場を退職する事は自然な事となりました。退職する気が無くても、自分の会社が倒産したり、リストラにあったりして定年までいられなくなる事も、珍しくありません。

また、働き方も、企業に依存する形以外の働き方もたくさん生まれています。現在は、働き方が一人一人違う時代になっているのです。

その為、企業は社員のキャリアプランを考えるような状態ではなくなりました。一人一人違うキャリアプランを、自分達で考える必要が出てきたのです。

キャリアプランが活用されるシーン

キャリアプランが活用されるシーンはたくさんあります。

  • 転職
  • 自分の仕事に不足を感じた時
  • 年齢制限がある仕事や地位に就きたいと感じた時

この他にも様々なシーンで活用されますが、共通点として人生を考え直す時に建てられる事が多いという点があります。

キャリアプランは、

  • 自己PR
  • 面接

等のたたき台としても使われる事が多い為、就活や転職で作られる事が一番多いです。

また、自分の仕事ぶりや将来設計を見直した時に、他のライフプランと共にキャリアプランも見直しの対象とされる事があります。

キャリアプランの立て方を解説。自分のキャリアプランを立ててみよう

人生の分かれ目で考えられる事が多いキャリアプランは、立て方をあらかじめ知っておくと、いざという時に便利です。キャリアプランを立てる時の大まかな流れを紹介しますので、参考にして下さい。

まずは自己分析と、その評価をする

まず、将来の設計を立てるには自分の現在地点を知らなくてはなりません。

  • 自分の人生をどのように歩んできたか
  • 仕事に関する価値観
  • 仕事に求める待遇や条件
  • 長所や短所
  • 肉体的・精神的な特徴
  • 趣味
  • これからの人生の目的、目標

といった事を洗い出し、それを冷静に分析していきます。

自分の現在地点を確認し、自分がキャリアプランを立てる上で必要な情報を整理したら、次の段階に進みましょう。

情報を使い、10年後の未来や、理想をイメージ

ある程度自分の情報が集まると、

  • 5~10年後の自分はどうなっているか
  • 仕事における理想と、現在のギャップ

等が分かるようになります。

  • 自分の情報
  • 将来や理想の姿

を知る事で、その間にある溝を具体的に理解できるようになるのです。

これも現在の状態を調べた時同様、情報をまとめ整理して下さい。

それに近付く為の具体的な行動を調べる

自分の状態と将来や理想の姿が分かると、その溝を埋めるにはどうしたらいいかがある程度具体的に分かるようになります。

具体的に何をしたらいいか分かったら、

  • どんな行動をしたらいいか
  • その行動はいつから始めて、いつまでに終わらせるのか
  • 次の段階へはいつ移るのか

といった内容を計画していきます。

計画をある程度立てたら、後はそれに向かって行動していくだけです。

  • 資格や昇給の為の試験
  • 年齢制限のある仕事

等が計画に組み込まれている場合、年単位の計画では不十分になります。

時期や時間が決まっている物は、最低でも月単位で計画を立てるようにしましょう。

お金に関する計画は、

  • 給与等、定期的にもらうタイプのお金(〇歳までに年収〇万円になりたい等)
  • ある程度まとまった金額(〇万円まで貯金を殖やしたい等)

その内容によって計画の立て方が違います。

お金に関する目標がある場合は、それを計画の軸にして、明確に、具体的な計画を立てるようにしましょう。

計画に具体的な目標を作りにくい場合は、

  • 行事

を目標の節目とするとキャリアプランを立てやすくなります。

例えば、

  • 〇年までに△△ができるようになる
  • 〇月に資格試験に合格する
  • 再来年のお正月までに△△をする

といった形です。

仕事において何を大事にするかは人それぞれ違います。

その為、

  • キャリアプランの節目
  • キャリアプランを実行する際の行動

も人それぞれ違うのです。

自分はどうしたいかを最優先に考えながら、計画を立て、行動するようにしましょう。

キャリアプランは自分の人生を決める重要なプランを立てる事

キャリアプランは仕事という人生において重要な部分を占める要素の計画です。これに沿って行動できるかどうかで、将来の自分の姿が変わっていきます。

キャリアプランを考える時は、自分を振り返り、そこから分かる姿を想像しながらプランを立てるようにしましょう。どんな計画を立てる場合でも、これが一番重要になりますので、忘れないようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る