キャリアウーマンが結婚できない理由は仕事量だけではない!

仕事に没頭していたら、いつの間にか結婚適齢期をとうに過ぎていた、という人は少なくありません。このまま仕事に生きるのか?結婚相談所にかけこんだ方がいいのか?深刻に悩んでいる人も多いもの。

しかし、結婚したいと思ってもすぐにできるものではありません。まずは相手がいないとできないもの。または相手はいるのに結婚できない、というケースもあるでしょう。

その理由は「仕事ばかりしているから」。本当にそうでしょうか?確かにキャリアウーマンとしてバリバリ仕事をしている女性は独身であることも少なくありません。一方で、仕事を持っていても、家庭をしっかり築いている女性も多いものです。

その違いは何か?仕事のせいか、または別に理由があるのか?

キャリアウーマンが結婚できない理由についてまとめてみました。


仕事以外見えていない?キャリアウーマンが結婚できない理由

仕事に熱中していると、デートもままならず、恋人との仲も悪くなってしまうもの。キャリアウーマンだから結婚できない、ということも大いに考えられることです。

では、なぜキャリアウーマンだと結婚ができないのでしょうか?その理由について見ていきましょう。

仕事に熱中しすぎて彼との時間が後回し

仕事に励むあまり、恋人とのデートをする回数も減ってしまうことは多いもの。約束をしていても平日は急な残業が入り、デートに行けない…。がっかりしながらも仕事が優先。

休日は疲れが溜まって寝てばかり。もしくは常に仕事のことを考えていて、彼との会話も上の空では、一緒にいても楽しくありません。

このような状態が続けば「俺と仕事とどっちが大事なんだ?!」と言われてしまうのも仕方ないでしょう。

さらに、デートもできない、自分より仕事優先の女性よりも、他の女性に心が行ってしまうリスクも高くなります。

仕事に熱中していると、そんな恋人の心変わりや行動にも気づけず、気がついたときには手遅れだった、という状態に。これでは結婚どころではありませんね。

責任があるので適当なことができない

誰かに頼める仕事なら、そうして彼に会いに行くこともできますが、キャリアがあり、さらに役職に就いているなら、責任があります。仕事を放っておいてデートに行くことはできないでしょう。彼は大事。でも、仕事をしないわけにはいかない立場なのです。

そういった責任感があるからこそ、会社から信頼され仕事を任されるのです。そうすることで立派なキャリアウーマンとして成長をしていくのですが、一方で結婚どころか恋人さえも失ってしまうことも多いでしょう。

収入が恋人よりも多くなる

男性の方が給料は多かった時代もありますが、現在ではそのようなことはなく、女性が中心となって活躍している会社に勤めていると、女性の方が収入は上、ということも少なくありません。

結婚相手よりも自分の方が収入が高いと、将来に不安を覚えることもあるでしょう。自分が会社を辞めてしまうのは得策ではない、と思ってしまうもの。

男性にとっても、自分より高い収入の女性と結婚して、精神的にイヤにならないか?と考えてしまうとなかなか結婚に進めないということもあるのです。

「これだから男は」が口癖になっている

会社で男性と肩を並べて仕事をしていると、男性からは足を引っ張られることも少なくありません。自分よりも役職が上の女性には嫉妬心を持つ男性もいます。そんな男性と一緒に仕事をしていると、偏見を持ってしまうことも。

また、自分は仕事ができる分、仕事ができない男性を見るとイライラしてしまうこともあるでしょう。「もっとしっかりしてよ」と心の中でつぶやく毎日。ストレスが溜まると、恋人に愚痴を言いたくもなるでしょう。

しかしそれが「男性というもの」に対する愚痴では、恋人もいい気がしません。さらに恋人に対しては言葉を選ばないため、何かの拍子「これだから男は」と言ってしまうことも。そういったことから、二人の間に溝ができてしまうこともあるでしょう。

そもそも恋人を作る時間がない

恋人がいればまだしも、いない場合は出会いからして難しいものです。仕事に追われる日々では、合コンやお見合いパーティーにも行けないでしょう。仕事に没頭していると、そういったことを考える余裕もありません。

そうこうしているうちに年だけ重ね、少しプライベートに余裕ができる頃には若くなく、合コンの話もなければ、お見合いパーティーでも、若い女性にみんな持っていかれてしまう、ということになってしまうのです。

仕事だけが原因ではない!結婚できない理由

仕事に熱中するあまり、結婚のタイミングを逃してしまったり、恋人と上手くいかなかったり、キャリアウーマンは結婚しにくいものなのかもしれません。

しかし、結婚できないのは仕事のせいだけではない、ということも。次のようなことも、結婚の妨げになっている可能性があります。

昔モテていたせいでプライドが高い

昔モテていた女性は何年経っても自分はモテる、と思いがちです。仕事ばかりしているため、女性としてどう変化しているか、を見落としてしまうのです。いつまでも若くはなく、見栄えは変わってしまいます。仕事でもまれ、性格もキツくなっているかもしれません。

それに気づいていないため、自分はモテるから大丈夫。結婚なんてしたい時にできるもの、と根拠のない自信を持っていると結婚のチャンスを逃してしまうのです。

さらに

  • 自分はモテる
  • 自分より仕事ができる男性でないとNG
  • 収入は自分よりも上
  • イケメンでないと自分と釣り合わない

などと、どんどん理想が高くなり、その理想を下げることができなくなってしまいます。プライドも理想も高い女性は、結婚しにくいのです。

自分に自信が持てなくなっている

自意識過剰でもモテませんが、反対に自分に自信がない場合も結婚しにくいもの。仕事ができても容姿やスタイルに自信が持てないと、ますます出会いの場に行くことができません。

また、親戚の叔母さんや両親などから「仕事ができるからといって、エラそうにしていると結婚できないよ」と言われたり、「かわいげがないから結婚できないのよ」などと、さんざん結婚できない理由を言われたりすることで、自分は結婚できないのかも、と自信をなくしてしまうことも。

自信があるのは仕事だけ、なんて思ってしまうとますます仕事人間になり、結婚が遠のいてしまうでしょう。

共依存に注意。家族の仲が良すぎる

結婚しなくても幸せ、不自由していない、と思っている人は、なかなか結婚できない傾向にあり、幸せを感じている理由として、家族の仲がいいということが挙げられます。

家族と一緒に暮らしている場合、残業で遅く帰っても母親が夜食を用意してくれたり、休日は昼ごろまで寝て起きると昼食の用意がしてあったり、そんな環境は快適です。仕事のことだけを考えて生きていけます。

そんな快適な環境で暮らしていると、生活の変化を求めなくなり、今のままでいい、と思ってしまうのです。

特に母親との仲が良すぎる場合は注意しましょう。母親と一緒に買い物に行ったり食事に行ったりするのは悪いことではありません。仲はいいのはいいことです。ただし、依存するのは危険です。特にお互いが依存し合う「共依存」には注意が必要。

近年では共依存のせいで結婚できない女性が増えていると言われています。

母親が結婚についてアレコレ指図している場合、それを嫌だと思わず従うのが当たり前、と思っている人は結婚できない可能性もあります。

交際している彼に問題がある

キャリアウーマンで収入が多い女性にありがちなのが、恋人がいわゆる「ヒモ」の状態。夢を持っている男性を応援しているから、今は我慢している、ということであれば仕方ありませんが、どこかで見極める必要があります。

ちょっと男性不信?兄弟や父親が嫌い

男性が苦手で結婚ができない、というケースもあります。自分では自覚していないこともあると思いますが、父親や兄弟が嫌いだった、という場合、男性にいいイメージがないため、結婚に二の足を踏んでしまうのです。

世の中には自分がイメージするものとは違う男性がたくさんいます。まずは、その嫌なイメージを払拭することが大事です。

周りで結婚がうまくいっていない

周りの既婚者で結婚に対する愚痴ばかり言っている人はいませんか?愚痴ばかり聞いていると「結婚ってつらい、大変」と脳にインプットされてしまい、結婚を避けるようになってしまいます。

他人は他人です。自分の結婚は極上の幸せを得られる可能性もあるのです。周りの言葉に惑わされないようにしましょう。

結婚できる人とできない人の違い

結婚できない理由はいろいろありますが、やはりキャリアウーマンは結婚のチャンスを逃しやすい傾向にあるものです。それは仕事ばかりしていて時間がないから、というだけではありません。

仕事をたくさんしていても、しっかり結婚をして幸せをつかんでいる女性もいるのです。しかし、長い事仕事ばかりしていると、結婚できる女性とできない女性に分かれてしまうようです。なぜそのような違いが出るのか見ていきましょう。

上から目線の女性は敬遠される

キャリアを積めば、責任ある仕事を任せられ、部下も増えていくでしょう。女性は特に男性になめられてはいけない、とがんばりすぎてしまうもの。心に余裕がなくなれば、言動や態度もとがってしまう人もいます。

また、これは男性にも言えることですが、人の上に立つと、人を見下してしまうことも。プライドを持って仕事をしているせいでもあるのでしょうが、つい自分を高め、他人を下に見てしまうクセがつき、いつでも「上から目線」になってしまう人もいるのです。

何でも上から物を言う女性を奥さんにしたいと思う男性は少ないでしょう。

女性としての魅力を磨かない

忙しさにかまけて、女性としてのケアに手を抜いていませんか?スキンケアやヘアケアを怠ると、女性はどんどん老けていきます。徹夜のせいで目の下にはクマ、肌はカサカサ、などといったことが日常では、女性として見てもらえないのは当然でしょう。

また、年々崩れていく体型にも気を配らないと、恋愛対象からかけ離れてしまいます。

仕事も結婚も手に入れている女性は、女性であることを忘れず、肌の手入れや爪の手入れなど、楽しみながらキレイにしているものです。

一つのことに熱中しすぎる

仕事に熱中しすぎていると、婚期を逃し、その後も結婚できないことも多いですが、仕事以外のこと、例えば趣味などに熱中しすぎているのも同じことです。

仕事以外で熱中できる趣味を持つことでストレス発散になるのはメリットですが、そのせいで出会いや婚活ができなくなることも。

仕事と睡眠以外はすべて趣味に時間を使っていれば、女性磨きをする時間もないでしょう。趣味で出会いがあればまだいいのですが、アイドルグループなどの「追っかけ」が趣味、という場合は結婚から遠のいてしまいます。

キャリアウーマンが結婚するための方法

キャリアウーマンであっても、もちろん結婚はできます。結婚したくてもできないなら、現在の自分を変えてみる必要があるでしょう。結婚するためには、次のような対策をしましょう。

まずは外見を磨いてみる

出会いを求めるなら、まずは第一印象が大切です。恋愛対象として見てもらうには、やはり外見は重要でしょう。

  • 洗顔をはじめ、美容液やマッサージでスキンケア
  • エステに通う
  • ネイルサロンに通う
  • 美容院ではスカルプケアもする
  • スポーツジムで運動をする
  • ヨガやピラティスをする

本当に仕事ができる女性は自分の時間だって作れるもの。それができないのは、やる気がないからです。週に1回でもいいのでエステサロンに通ってみましょう。肌はピカピカ、マッサージで体もツルツルに。キレイになることの楽しさを思い出すでしょう。

スポーツジムは運動をして痩せるだけでなくストレス発散ができるところ。さらに出会いの場でもあるので、積極的に通うといいでしょう。

理想を追い求めず視野を広げる

「自分は仕事ができて収入も多いから、それに見合う男性でなければいけない」という思いを捨てましょう。そういった条件は最初から枠を決めていることになり、視野が狭くなります。

理想を捨てて、広い視野で男性を見るようにしましょう。

誰でもいいわけではない!こんな男性には注意

理想を求めないとはいえ、幸せになれない人と結婚する必要はないでしょう。結婚に目がくらんで「ダメ男」を選んでも、結果離婚ということに。最低限注意したいのは、

  • 定職に就かず、就職してもすぐに辞める
  • お酒を飲むと人が変わる
  • 年収ばかり聞いてくる
  • ものすごくケチ、もしくはお金にだらしない
  • 極度のマザコン
  • 専業主婦を要望する

といった男性です。こういったタイプは結婚後、苦労する可能性があるので、最初から避けた方が無難です。

結婚しなくても女性磨きを忘れない

結婚は「縁」や「運」ということもありますが、キャリアウーマンで仕事に没頭している時間を過ごしていれば、縁や運を逃してしまうこともあるものです。さらに、キャリアを積み、年齢を重ねていけば、男性に求める理想も高くなるでしょう。

しかし、求めてばかりいても運は向いてきません。自分から近づいていくことも必要です。理想や条件に縛られず、視野を広げると同時に、自分の“女性らしさ”を振り返ってみましょう。

外見はもとより、女性としての優しさや柔らかさなどを失っていないかを確認することが大事です。それは結婚をする、しないに関係なく、女性磨きをするのは自分にとってプラスになること。

体や顔のケアは、きれいで心地よくて、リラックスできるものです。体や肌が柔らかくなれば、心も柔らかくなるもの。そうしているうちに、幸せな出会いがあるかもしれませんよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る