もう迷わない、センスのあるメールアドレスの決め方のコツ15選

新しいメールアドレスを決めるとき、どうやって決めればオシャレでスマートなメールアドレスになるかな?と迷ってしまいますよね。

ちょっとしたこだわりも入れつつ、「なんか違う!」と思わせるようなセンスのあるメールアドレスの決め方のコツをご紹介します。

意外なところにヒントがあるので、是非参考にしてくださいね。

これでもうメールアドレスを決めるのに悩むことはなくなります。

スマートなメールアドレスの決め方の基本:ビジネス編3選

ビジネスシーンで使うメールアドレスはプライベートなものと比べると自由度はあまりありません。

遊びではないので、自分という人間がどこの何をしている人なのか、ということがわかりやすければいいのです。

1.自分の名前を入れる

一番オーソドックスなのは、自分の名前をストレートに入れることです。アドレスを見ただけで、誰からのメールかわかりやすいですよね。

もしすでに同じ名前の人がいて、苗字だけだと使えないという場合には、

  • 名前の後ろに会社名を入れる
  • 数字を入れる

など、工夫をしてみてください。

  • tanaka@××.com→tanaka_taro0101@××.com

数字を入れる位置なども工夫して、わかりやすいメールアドレスにしましょう。

2.伝えやすいものにする

ビジネスシーンで使うメールアドレスは、電話など口頭で伝える場合も出てくると思います。

その時に、説明しやすいアドレスにしておくことをおすすめします。

長くて伝えづらかったり、口頭で伝えるには恥ずかしいと思うようなメールアドレスにならないようにしてください。

3.打ちやすいものにする

記号をたくさん使ったり、意味のない文字の羅列だと非常に打ちにくいと思います。

一つでも間違えればメールは届かないので、うちやすいメールアドレスであるということも重要な点です。

センスのあるメールアドレスの決め方12選:プライベート編

次は、主にプライベートで使えるメールアドレスを決める時のコツをご紹介します。

ものによってはビジネスシーンでも使えると思うので、参考にしてみてください。

1.自分の趣味、好きなこと

好きなことを入れると思い入れのあるメールアドレスになるでしょう。いいアイディアが浮かばなくても、好きなことなら浮かぶのではないでしょうか。

  • 海が好きな人→sea、ocean、blueなど
  • 山が好きな人→mountain、tree、climingなど
  • サッカー観戦が好きな人→soccer、好きなチームの名前など
  • ガーデニングが好きな人→gardening、green、好きな花の名前など

直接的な言葉でもいいし、趣味をそのまま入れるのは抵抗があるという場合は、趣味から連想できる単語などを入れていくといいでしょう。

趣味が伝わると、そこから共通の話ができることもあるかもしれないですね。

2.子供やペットの名前

子供の名前を組み合わせたり、ペットの名前を入れる人もいます。いつも一緒にいるようで思い入れも深くなりますね。

3.好きな食べ物

グルメな人は好きな食べ物を入れるのもおすすめ。食材をそのまま入れる方法や、好きな料理の名前でもいいですね。

例えば「桃→momo」というのもいいですが「peach」など英語に変換するとさらにかわいい印象になることもあるので、色々と試してみてください。

4.誕生日の花の名前

今は、365日全ての誕生日に誕生花が設定されていますよね。自分の誕生日の花をメールアドレスに入れてみてはいかがでしょうか。

子供の誕生日の花でもいいし、一つではなくて組み合わせてもOKです。

5.逆から読む

面倒だから名前でいいやと思っても、そのまま入れるのはなんだかセンスがないなと思ったら、名前を逆にしてみましょう。

  • tanaka_yoko→okoyakanat@××.com

ぱっと見はなんの言葉だかわかりませんが、「名前を逆さにしただけです」といえば説明もしやすいですよ。

6.読み方を数字に置き換える

もし、名前の読み方などを数字に置き換えられるなら、暗号のようなメールアドレスを作ることができますね。

  • ごとう→510
  • さいとう→3110
  • くみこ→935
  • なおこ→705

別に全てぴったりとはまらなくても、一部でもいいと思います。

どんな数字が当てはまりそうか、パズルみたいに考えるのも楽しいですよ。

7.頭文字を組み合わせる

色々な名前の頭文字を組み合わせるというのもオススメの方法です。

  • 家族の名前
  • 好きな芸能人の名前

など、いくつか並べて頭文字だけをとって組み合わせるんです。

名前をそのまま入れるのに抵抗がある人も、この方法ならできるのではないでしょうか。

8.記号を上手に使う

自分の名前を使うとしても、間に記号を入れることでオリジナルティのあるメールアドレスになります。

最近よく見かけるのは、「-_-」と記号を顔文字のようにして入れているメールアドレス。可愛いですよね。

記号は入れすぎると説明しづらいでし、間違いの元になりますが、パッと見てわかる記号であれば問題ないでしょう。

記号は一定のルールはありますが、原則としてどれでも使えます。

ただし、プロバイダによって許可されているものとされていないものがあるので注意してください。

9.英語に置き換える

自分の名前を英語に置き換えるのもおすすめ。これだと、わかりやすいけれど名前はわかりにくなります。

  • 北川さん→northriver
  • 木村さん→tree village

など。

または、自分の好きな言葉をたくさん書き出してみて、それを英単語に置き換えていくのもいいですよ。

これだったらひたすら言葉を書き出して、気に入った英単語を選べばいいので、考えるのも楽しいです。

10.英語以外の言語に置き換える

英語もいいですが、他の言語に置き換えるのもおすすめです。ぱっと見では何のことだかわからないけどなんだかおしゃれ、という雰囲気のメールアドレスになります。

例えば「花」という単語ですが、

  • 英語:flower
  • フランス語:fleur
  • ドイツ語:blume
  • イタリア語:fiore
  • ラテン語:flos

など、英語以外の言語でも語呂がいいと思いませんか。言葉の幅が広がりますよね。

11.名言、格言

短い名言や格言をそのままメールアドレスにするのもいいですよ。

  • Failure teaches success.(失敗は成功のもと)
  • Better late than never.(遅れてもやらないよりはマシ)
  • No pain no gain.(何事も苦労なくしては得られない)
  • Peace begins with a smile.(マザーテレサ)
  • Every day is a new day.(ヘミングウェイ)

メールアドレスを見るたびにやる気が出てくるかもしれません。

12.運気アップの数字を入れる

金運が良くなるとか運気がアップすると言われている数字があります。

  • 3
  • 8
  • 17
  • 24
  • 32
  • 45
  • 65

など、自分の名前の後ろにつけてみるのはいかがでしょうか。

科学的な根拠はもちろんありませんが、お金持ちの人は縁起をかつぐことが多いので、こういったところから真似してみるのもいいでしょう。

メールアドレスの決め方の基本も押さえておこう!

メールアドレスに使える文字、記号は決まっています。

せっかく考えたのに使えない!ということのないように、メールアドレスの原則を押さえておきましょう。

基本は半角英数字と記号

メールアドレスに使えるのは、半角英数字と半角の記号です。全角文字は使えません。

また、記号は基本的には全て使えるのですが、携帯会社によっては使えないとされている記号があります。

メールアドレスを考える前に、どの文字が使えないのかということを確認しておいた方が良いでしょう。

流行りものはすたれる

今流行っているものをメールアドレスに入れてしまうと、あとあと恥ずかしい思いをすることがあります。

思い入れが強くて、流行りが終わった後でも自分が好きでいられるものならいいのですが、人にアドレスを教えづらくなってしまうかもしれません。

また、付き合っている人の名前や誕生日を入れるのもおすすめできないです。

付き合う人は変わる可能性がありますから、次に付き合った人にあらぬ誤解を受けてもつまらないですよね。

「今」の感情に流されないようにしましょう。

長すぎる、難解なアドレスは避ける

わかりやすい英語の単語だったとしても、繋げて書かれていると見づらくて、入力ミスにつながる可能性があります。

ですから、あまりに長すぎるメールアドレスはおすすめ出来ません。

迷惑メールが嫌だからと記号と英数字を組み合わせすぎて難解な文字になってしまうのも困ります。

自分でも覚えづらいと思いますし、相手の手間も考えるとできるだけわかりやすいメールアドレスにしましょう。

記号を入れすぎない

日本人はよく「-」ハイフンを使うのですが、海外ではあまり使わないようですね。また、「_」アンダーバーや「.」ドットも使いすぎると見た目が良くありません。

使うなら1つか2つに絞った方がいいでしょう。

自分も楽しく、人にも伝わりやすいメールアドレスを考えてみよう

あまり長かったり、意味のない文字の羅列はとてもわかりにくいです。パッとみてわかりやすく、説明しやすく、また入力しやすいメールアドレス を作るようにしたいですね。

なおかつ、自分の好きなものなど意味のあるメールアドレス にすれば、愛着も湧くでしょう。

考えているだけでもなかなか楽しい作業です。考える方法をたくさんご紹介したので、色々組み合わせて楽しく考えてみてください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る