働くママ向け、タイプ別オススメ手帳術!自分らしくスケジュール管理

ただでさえ忙しい、働く女性。それが「働くママ」になったら、忙しさは倍増しますよね。

自分のスケジュール管理はもちろん、仕事や家族のスケジュール管理も必要になってきます。

子どもの予定を事前聞いていても、目まぐるしい毎日の中に埋もれてしまい、当日の朝に子どもから言われて思い出して真っ青に…。なんてことも働くママには珍しいことではありません。

それもこれも、スケジュール管理がきちんとできていないせいでおこる最悪の事件です。

その予防に活躍してくれるのが、「手帳」です。


電子の時代。紙の手帳にすることのメリットって?

最近では、スケジュール管理はスマホのアプリやクラウドサービスを使う、という人も増えてきました。

ですがあえて紙の手帳をオススメするのは、紙の手帳ならではのメリットがあるからなんです。

アウトプットができるから、記憶しやすくなる

人間の記憶力というものには、限度があります。

時間が経てばたつほど記憶は消えていきますし、覚えていられる事項にも限度があります。

そこで、紙の手帳に「書く」というひと手間を加えることで、記憶のアウトプットができて、記憶の定着を図ることができます。

手帳を見返す度に視覚化することで思い出し、さらに記憶を定着させることができ、スケジュールの漏れがなくなります。

ちょっと矛盾しているように感じますが、手帳を開くことを習慣化できると、手帳なしでもスケジュールを思い出しやすくなるんです。

自由度が高く目印が見つけやすい

自由に書くことのできる手帳は、自分が重要だと思うことや忘れたくないことに色を付けたり、ふせんを貼ったりすることができます。

予定が増えれば増えるほど、こういった目印が役に立つようになります。

仕事中でも使いやすい

スマホの普及が広まった今、仕事中にスマホを出すことが当たり前になってきました。

ですがそれでも、会議中や接客中など、仕事中でもスマホを出しずらいシーンあるというのが事実です。

例えスケジュール管理のためにスマホを取り出したとしても、仕事相手から「仕事中にスマホをいじって…」と悪い方へと取られかねません。

紙の手帳なら、スケジュールを確認しているのだと一目でわかるため、印象を悪くすることなく使うことができます。

タイプ別!おすすめの手帳&手帳術

日勤・夜勤、定時制・シフト制、正社員・契約社員。働く形態はさまざまですよね。

ご存知の通り、手帳にもいくつもの種類があります。

一概に「これがいい」というものはなく、自分の好みに合わせて選ぶのが一番ですが、手帳売り場には種類が多すぎて、急に行っても選びずらいのも確かです。

そこで、タイプ別にオススメの手帳と、手帳術をご紹介します。

会社で手帳を取り出すことが多い場合

まずは営業職など、仕事中に上司やクライアントの前でも手帳を取り出す機会が多そうな場合。

仕事とプライベートで完全に分離できる、マンスリー+ウィークリー+メモ多めの手帳がおすすめです。

マンスリー+ウィークリー+メモ多めの手帳のイラスト

マンスリーページは開くと一目で予定を確認できるため、仕事の予定のみを書き入れましょう。これなら仕事中に開いてもプライベートの予定がなく、誰の目に触れても安心です。

マンスリーの横に余白があるものを選ぶと、急な予定や忘れたくないことなど描き足しやすくておすすめです。

ウィークリーとメモのページは自分と家族、プライベートな予定を書き入れてください。

ウィークリーページに線を入れて分割して使うと、家族の予定を分けて記入することができ、見やすくなりますよ。

メモのページには、スケジュールに対するメモ書きを書いていきましょう。例えば一週間のTodoリストを書いても良いですし、運動会で作るお弁当を考えるのに絵を描いたりもできます。

余ったところには家族の写真や気になる雑誌の切り抜きを貼ってもOKです。

仕事と家族の予定を一括で管理したい場合

自分以外に見せることがない場合は、一括でスケジュールを管理できる見開きウィークリーの手帳がオススメです。

一週間単位でしか見られない、というデメリットはありますが、スケジュールの見やすさは抜群です。

先程と同様、自分で線をひいてエリアごとに家族の予定をあてはめて書き入れることができます。最後に予定以外にも自由に書けるメモ欄を作ると使いやすくなりますよ。

エリアごとで家族の予定を入れた手帳

他にも、エリアには分けず多色ボールペンを使って家族の予定を書き分けるやり方もおすすめです。

多色ボールペンで家族の予定を書き分けているところ

自分流にアレンジするのが苦手な人は、企業発の工夫が凝らされた手帳を選びましょう。

  • ジョーゲバーチカル(ユナイテッドビーズ)
  • Pat-mi Pocket(コクヨ)

どちらもちょっと変わったスタイルですが、スケジュールを一望できるので、一括管理するのであれば使ってみたい手帳です。

なるべくシンプルに管理したい場合

  • ページをパラパラとめくったり、ごちゃごちゃと色々書くのは嫌
  • 軽くて薄い手帳がいい

そんなシンプル思考のあなたには、シンプルなマンスリーのみの手帳がおすすめです。

働くママがマンスリーのみの手帳を使うには、少しコツがいります。

シンプル=場所が少ないマンスリーの手帳は、全文書くととてもじゃないけど書く場所がたりなくなってしまいますし、どうしてもごちゃつきがちです。

対策として、頭文字や絵文字、暗号などを使ってなるべく短文で整理していくようにすると良いでしょう。

手帳サイズのスタンプやシールも便利ですよ。

シンプルな手帳は多くの企業から発売されていますが、意外と優秀だと好評なのが、100均で買うことのできるマンスリータイプの手帳です。

100円という破格ながらも必要最低限の機能を持つマンスリー手帳は、シンプル好きなら一度手に取る価値ありです。

家族の記録や趣味に重点を置きたい場合

仕事のことはあまり書くことはないけれど、家族の予定や子どもの成長記録、趣味についてなど日記のような役割を持たせたい場合は、自由度の高い手帳を選びましょう。

書きたいことがたくさんあるなら、1日1ページの手帳がおすすめです。

1日1ページといえばほぼ日手帳(ほぼ日刊イトイ新聞)が代表ですね。シンプルなつくりながらも

  • Todoリスト
  • バーチカル
  • 方眼

などの機能も備わっていて、幅広く使えるのが魅力です。

1日1ページの鬼門が「ネタ切れ」。「今日は書くことがない」なんて日は、お気に入りのシールやマスキングテープでデコレーションしてもいいんです。欲しいものの雑誌の切り抜きをぺたぺた貼っても楽しいですよ。

お絵かき好きなら「スケッチダイアリー(サン・アド)」も見てみてください。

マンスリーやウィークリーの横に画用紙のようなフリースペースがあり、自由にお絵かきができるんです。

描画を意識して作られているこの手帳は、紙が強く描きやすいのが特徴です。なんと、絵の具だって使うことができちゃいます。

自由度の高い手帳は自分の好きなことで1ページを埋めて、見返すのが楽しい手帳にしちゃいましょう。

欲しい機能が詰まってる!企業発のママ向け手帳

これまでご紹介したもの以外にも、各企業が開発したママ向け手帳はたくさんあります。

ママ向けに開発された手帳とそうでない手帳に差が出るのは、マンスリー・ウィークリーのスケジュールページにそれぞれママ向けに欲しい機能や家族について書き込める場所が用意されていること。

そして、巻末にある付属ページの充実さです。

ママのためにつくったママ向け手帳の中でも人気のものを3つご紹介します。

不動の人気。ファミリー × Monthly Enriched(ペイジェム)

見た目が可愛くとっても機能的だと人気なのが、ペイジェムの手帳です。

様々な手帳を開発しているペイジェム。もちろん働くママ向け、家族の予定も書き込める手帳も発売しています。

マンスリー・ウィークリーそれぞれ家族の予定を分けて書けるように工夫されているのはもちろん、付属ページにも働くママも嬉しい記録ページが。

  • ヘルスチェックカレンダー
  • 年齢早見表
  • 切り取りメモ

など、まさに欲しい機能がギュッと詰まった手帳です。

便利なポケットつき。シンプル・フラップ(MARK’S)

手帳カバーがポケットになっていて、こまごましたものを入れられるのが人気なMARK’S。

ポケットには診察券やポイントカードなどの「常に財布に入れておかなくてもいいもの」や、家族の写真なんかも入れられます。

ボタン止めですが折り返して止めるタイプなので、中身が落ちる心配はありません。

中身はいたってシンプルですが、マンスリーは上下色付けされ分かれているため、家族の予定を別に書くことができます。

こちらも付属ページは

  • ヘルスチェックカレンダー
  • 年齢早見表
  • 贈答品メモ

など、欲しいものをきちんと押さえてあります。

家族手帳(KUTSUWA)はカラフルで気分も明るく!

マンスリー・ウィークリー共にカラフルな色分けで家族との予定を分けてあるのが、クツワの手帳です。

他の手帳のママ向けマンスリーが上下2段のところ、クツワは3段で作っているため、より細分化して書きやすくなっています。

また、特に付属ページが充実しているのも特徴で、

  • 年齢早見表
  • 贈答品リスト
  • 結婚記念日の名称と贈り物
  • お薬メモ
  • 子どもの受信履歴
  • 記念日メモ

など、ママにとって使う機会が多いページが用意されています。

こちらも嬉しい外ポケット付きです。

働くママ向け手帳は使いやすい手帳を選んで

いかがでしたか。オススメの手帳と手帳術をご紹介しました。

人によって使いやすい手帳は違ってきますが、書き込むことの多い働くママにとって、一番大切なのは「いかに使いやすいか」ということに限ります。

働くママにとって使いやすい手帳は、マンスリーもウィークリーも、予定をかける部分が多いことが第一条件です。もしいちから手帳を探すのであれば、マスが大きめのものを探してみましょう。

一方で企業発のママ向け手帳の使いやすさは折り紙付きです。

どれも使いながら自分で使いやすくカスタマイズしていくことで愛着がわきますよ。自分に合った手帳を使って、楽しくスケジュール管理を始めましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る