年末の挨拶用ビジネスメール、相手別の書き方と例文集

取引先や同僚、上司などに年末の締めくくりの挨拶をするのは、仕事の上で大切なことです。

しかし、たくさんある取引先すべてに挨拶をして回るのは大変ですし、忙しい年末に時間を取らせることは相手にとっても負担になる場合もあります。

最近は、直接会社にうかがわず、メールで略礼に済ませることも多いようです。特に小さい頃からインターネットに親しんでいる若い世代には、その傾向が強いのだとか。

そこで今回はメールでの年末の挨拶の仕方について、例文も交えてご紹介したいと思います。

相手によっては、直接挨拶にうかがわなれば失礼な場合も

最近は年末の挨拶をメールで済ませることも増えてきましたが、やはり直接挨拶にうかがった方がいい場合もあります。

大切な取引先や目上の方には、メールで済ますのではなく直接うかがった方がよいでしょう。インターネットになじみの薄い年配の方も、メールだけで済ませると失礼に思われる場合があります。

逆に取引先でも同年代や立場が近い人なら、メールにした方が、相手にも時間を取らせず負担にならないかもしれません。

また、同じ部署の同僚や上司など、すぐに挨拶に行ける人に対しては、メールでの挨拶は水臭く思われる可能性があります。ただし、転勤や出向などでなかなか会えない相手なら、メールで挨拶をするとよいでしょう。

もし、挨拶に行く時間はないがメールでは略礼すぎるという場合は、挨拶状を郵送で送ると丁寧な印象を与えますよ。

年末の挨拶メールで、押さえておくべき内容は?

年末の挨拶メールには、特に決まった雛形があるわけではありません。とはいえ、内容においてここは外せないというポイントはいくつかあります。

  • 一年間お世話になったことへの感謝の言葉
  • 年末の業務終了日と年始の業務開始日
  • 休業中に緊急の連絡が必要になる可能性がある場合は、その連絡先
  • 来年度もよろしくお願いしますという挨拶

一緒に仕事をした内容や、個人的に親交のある相手なら多少プライベートな話題に触れても構いません。

文章はあまり長くならず簡潔を心がけ、件名は年末の挨拶だと一目で分かるタイトルにしましょう。

年末の挨拶メールを送る際に、心がけるポイントは?

また、内容だけでなく、メールを送る際に押さえておきたいポイントもいくつかあります。以下にまとめましたので、参考にしてください。

メールは前日か、遅くとも営業最終日の午前中には送る

営業最終日は挨拶回りなどで多忙にしていたり、会社を留守にしていてメールが見られない人も少なくありません。

確実に目に触れるようにするなら、できれば年内の営業最終日の前日には送ることをおすすめします。

もし何かの事情で前日に送れない場合は、遅くとも営業最終日の午前中には送るようにしましょう。

社外の相手には、メールでの略礼、略儀を詫びる一文を

本来は直接出向いて挨拶するところ、挨拶状より略礼のメールで済ませるわけですから、社外の相手には「略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます」など、略礼、略儀を詫びる一文を入れるようにしましょう。

対して、社内の相手は上司であっても、挨拶メールは業務連絡の一環と見なされるため、略礼を詫びる一文は必要ありません。とはいえ、社内ですぐに挨拶に行ける相手であれば、直接挨拶にうかがった方がいいでしょう。

コピペではなく、相手のために書いた一文があると望ましい

年末の挨拶メールというのは、たくさんの人に送るものだと思いますが、全員に同じ文章を一括送信したり、コピーペーストした文章だと味気ない気がします。

できれば一緒にした仕事についてなど、その相手にだけ向けた一文を加えるようにすると、感謝の気持ちが伝わりやすい文章になります。

社外、社内、上司など相手別の挨拶メール例文をご紹介!

では、実際にメールを書いてみましょう。社外、社内、上司など相手によって文章を変える必要がありますので、それぞれの例文を参考に作成してみてください。

社外の取引先向けの、年末挨拶メールの例文

件名 【(株)×× 山田より】年末のご挨拶

○○株式会社 営業部 鈴木様

平素より大変お世話になっております。
××株式会社の山田です。

20**年も残すところあとわずかとなりました。
本年は鈴木様のお力添えのおかげで、無事プロジェクトを成功させることができました、厚く御礼申しあげます。

旧年中のご支援に心から感謝申し上げますとともに、来年も変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、誠に勝手ながら、弊社は12月29日~1月4日の年末年始の期間、業務を休業させていただきます。休業期間中にいただいたお問い合わせについては、4日以降順次対応させていただきます。大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

略儀ながら、メールにてご挨拶させていただきます。
では、どうぞよいお年をお迎えください。

××株式会社 
営業部 山田花子
住所 東京都○○区○○町○丁目○-○
E-mail 00@000.ne.jp
TEL 00-0000-0000 FAX 00-0000-0000

社内向けの、年末の挨拶メールの例文

件名 【営業部山田より】年末のご挨拶

生産部各位

お疲れ様です。営業部の山田です。
今年も大変お世話になりました。皆様のおかげで新商品も無事発売までこぎつけることができました。売り上げも順調に伸びており、とても感謝しております。

なお、営業部は12月29日~1月4日まで、年末年始につき業務を休業いたします。もし緊急の問い合わせがある場合は山田(携帯 00-0000-0000)までご連絡ください。

では、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

営業部 山田花子(内線0000)
E-mail 00@000.ne.jp

社内(上司向け)の、年末の挨拶メールの例文

件名 【福岡支社 営業部山田より】年末のご挨拶

東京本部長 鈴木太郎様

お疲れ様です。本年度のプロジェクトの際は、色々とご指導いただき、ありがとうございました。おかげさまで無事プロジェクトを成功させることができました。

さて、20**年もあとわずかとなりました。本年度の支店の業務は29日で終了いたします。来年度の業務再開は1月4日となりますので、よろしくお願いいたします。

来年度もまたご指導のほど、よろしくお願いいたします。
では、良いお年をお迎えください。

福岡支社 営業部 山田花子
TEL 00-0000-0000 FAX 00-0000-0000
E-mail 00@000.ne.jp

メールを活用して、忙しい年末に上手く時間配分を!

いかがでしたか?今はビジネスシーンにメールが普及したために、一度にたくさんの人に挨拶のメールが送れたり、遠方の方にも挨拶を送ることができるのがメリットです。

また、何かと慌ただしい年末、挨拶にメールを活用することで、上手く時間を配分でき、仕事の効率化にも繋がります。

反面、相手は文面のみを見ることになりますので、もし失礼な書き方をしていると、表情や話し方でフォローすることができないというデメリットもあります。

年末の挨拶は、一年の仕事の大切な締めくくりでもあります。相手に悪い印象を与えないためにも、敬語は正しく使い、しっかりと文章を推敲してから、メールを送るように心がけてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る