パートの面接・採用で辞退したい!最低限のマナーある断り方

パートやアルバイトで自分の希望にぴったりと合った仕事を探すのは難しいですよね。いざ応募、面接をしても勤務形態が合ってなかったり、会社の雰囲気が良くなかったりとさまざまな事情で辞退したいと思うこともあると思います。

でもせっかく面接・採用してもらうし、なんだか断りづらいと思ってしまうものです。そんな時、相手に不愉快な印象を与えずに辞退できれば、自分も相手の会社にもストレスがなくなります。そんな辞退したいと思った時の断り方をご紹介します。

面接・採用を辞退したいと思ったら!断るタイミングや連絡方法

面接や採用を辞退したいと思った時、どのように断ってよいか悩みます。そうしている間に時間だけが過ぎて、ストレスに感じてしまいます。まずは、

  • できるだけ早く連絡すること
  • 伝える手段は電話で伝えること

この2つが大切です。

できるだけ早く連絡をすること

面接が決まった、採用が決まった後に辞退をしたい場合、すぐに連絡をすることがベストです。「パートだから、アルバイトだから連絡をしなくても問題はないだろう」などと自己判断で欠席するのは避けましょう。

会社側も、面接や採用に向けて、事前に準備をしています。事前の準備をしているということは、あなたのために時間を費やして準備をしているということです。断ることに引け目を感じてしまうと思いますが、連絡をすぐにすることで、お互いのダメージが少なく済みます。

伝える手段は電話で伝えること

次に大切なのが、伝える手段です。「電話するのが億劫だからメールで断ろう!」と思いがちです。もちろん、応募先の会社とメールのみでやり取りをしていればメールで辞退しても問題はありません。

ですが、メールは相手が読んだか、確認してくれたかが分かりません。なんだかの問題でメールが届いていない!なんてこともあるかもしれません。そう言ったことを避けるためにも、電話でお断りをするのがベストです。

辞退するときの角の立たない一般的な辞退の伝え方

面接や採用を辞退したいときは、必ず誠意をもって、お詫びをし、丁寧に対応をすることが大切です。

基本的なことは3つのポイントです。

お礼
まずは面接をしていただくことや、面接をしていただいたこと、採用をしていただいたことに関するお礼を言いましょう。
辞退の意思表示
お礼を述べた後、クッション言葉「誠に申し訳ございませんが」を必ず用いて、辞退をしたいという意志を伝えます。そして「一身上の都合により」や「事情があり」簡潔に辞退を伝えます。
お詫びと感謝
最後に、「大変申し訳ございませんでした」とお詫びし、「ありがとうございました」と感謝を伝えましょう。

一般的な辞退の例

面接前

お忙しいところ申し訳ございません。〇月〇日の〇〇時に面接をお願いしておりました、〇〇(名前)と申します。

先日は面接日のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。

誠に申し訳ございませんが、事情が変わりましたので、面接を辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。

この度は面接の機会をいただいたのに、申し訳ございませんでした。

状況が変わりましたら、ぜひまた応募させていただきたいと思います。

お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。失礼いたします。

応募はしたけれど、事情により辞退したいという旨を伝え、また機会があれば応募したいと伝えることで、相手への印象も変わります。

面接後、結果前

お忙しいところ申し訳ございません。〇月〇日に面接をしていただきました、〇
〇(名前)と申します。

先日は面接をしていただき、ありがとうございました。

まだ結果は頂戴しておりませんが、今回は応募を辞退したいと思い、ご連絡させていただきました。

貴重なお時間をいただきましたのに、このような結果になって申し訳ございません。

お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。失礼いたします。

合否後、結果後

お忙しいところ申し訳ございません。採用決定をいただきました、〇〇(名前)と申します。

先日は採用決定をいただきありがとうございました。

誠に申し上げにくいのですが、今回は採用を辞退させていただきたいと思い、ご連絡させていただきました。

せっかくチャンスをいただきました野に、このような結果になってしまい、大変申し訳ございません。

本来であれば、お伺いをし、お詫びを申し上げなければいけないのですが、取り急ぎ、電話でご連絡させていただきました。

ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんが、ご了承いただければと思います。

お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。失礼いたします。

合否後は特に、チャンスをいただいたという感謝の気持ちを必ず伝えるようにしましょう。そうすることで、相手の不快感を和らげることができます。

辞退の理由を聞かれたときの対処法

面接や採用の辞退は、相手にとっても残念なことです。辞退の連絡をした際に、理由を聞かれることもあります。その時は、慌てずに「一身上の都合で」と伝えましょう。

相手に不快感を与えてしまいがちな辞退の理由でNGなワードは、

  • 他の会社に決まってしまいました
  • 職場の雰囲気が自分に合わない

この2つは避けた方が良いと言えます。他社に決まってしまったというのは、相手からすると、「うちが先に決定したのが先では?」と不愉快にさせてしまう可能性があります。

職場の雰囲気が自分に合わないことは、実際見たときに感じることもあると思います。しかし、採用担当は自社を否定された気分になります。

面接・採用の辞退の連絡は速やかかつ簡潔に対応を!

辞退をしたいときは、速やかに連絡をすることが大切です。そして、誠意をもって丁寧に簡潔にお断わりをすれば、相手にもそれは伝わります。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る