パート面接で短所と長所を聞かれたらどう答える?答え方のポイントを解説

人気のパートに応募するときは、競争率が高いと覚悟しておきましょう。面接を勝ち抜くためには、面接官に好印象を与えられるかどうかがポイント。

面接でもいろいろな質問を受けると思いますが、自分自身の短所や長所について聞かれることも多いのです。

本来ならネガティブな答えをするような質問でも、答え方次第ではプラスに受け取ってもらえます。

面接の質問でよくある自分の長所と短所については、事前に答えを考えておいたほうが、面接時に慌てずに済みますよ。

長所と短所について聞かれたときの答え方と、答えを考えるときのポイントを解説していきますね。

長所と短所を質問する意図と長所や短所の見つけ方

面接のときに「なぜこんな質問をするのか?」と不思議に思ったことがありませんか?

長所と短所について面接時によく聞かれるのは、それなりの理由があります。まずは、質問に隠された意味と、長所と短所の見つけ方について紹介していきます。

長所、短所を聞く意図

長所と短所について聞かれるのは、以下の点をチェックするためです。

自己分析
就職活動でも必要ですが、自分のことをよく理解することは、やりたい仕事や適性を見つけるのに役立ちます。自分の長所と短所も、自己分析ができていれば把握できることですね。
長所の活かし方
パートの仕事内容もいろいろですが、募集しているパートで自分の長所をどう生かせるかを、面接官はチェックしています。うまくアピールできれば、採用につながる可能性も大きいでしょう。
短所の扱い
誰にでも短所はあるもの。その短所をどう克服しようとしているかで問題解決能力がチェックされています。

また、短所をうまく言い換えることで、面接官によい印象を与えられるかどうかもみられています。

長所と短所を聞かれる意味が分かると、答えを考えるときのヒントにもなりますね。

意外と難しい!長所の見つけ方

日本人は一般的に自分のことをアピールするのが苦手。自分の短所は簡単に見つけられても、長所となると考え込んでしまう人が多いのです。長所を見つけたいときは、以下のことを試してみましょう。

褒められたことを思い出す
誰でも褒められた経験があると思います。そこで、褒められたときの状況をよく思い出してみましょう。

何に対して相手が褒めてくれたのかをよく考えてみると、それが長所につながります。

喜ばれたことを思い出す
誰かに感謝されたり、喜んでもらえたりしたことがあれば、それをできるだけ詳しく思い返してみましょう。

自分では気づかないようなことでも、周りの人にとってみれば尊敬できる部分なのかもしれません。

親しい人に聞いてみる
長所が思いつかないときは、家族や付き合いの長い友人に聞いてみるのもおすすめです。

誰かに意見を求めるときは、あなたに遠慮なくものを言ってくれる人を選ぶことが大切です。

長所は今までの経験や近しい人のアドバイスから、導き出すことができるでしょう。

短所を見つける

自分自身の悪いところ、直したいなと思う点は誰でも見つけやすいと思います。何が欠点なのかを自分なりに洗いだしてみましょう。

また、短所についても家族や昔からの友人に聞いてみると、的確な意見が聞けますよ。

こう答えれば印象アップに!長所と短所の答え方

長所も短所もアピールのやり方次第で、相手の受け止め方が大きく変わってきます。パートの面接で好印象を持ってもらえるような、長所と短所の答え方を紹介していきます。

長所をアピールするコツ

自分のよいところは、できるだけ多く語りたいところですよね。しかし、話が長すぎると要点がつかめなくなるので、ポイントを絞って答えを考えることが大切です。

また、仕事に役立ちそうな長所をいくつか知っておくと、効果的な言い方を考えるときに役立ちますよ。

  • リーダーシップがある
  • 素直である
  • 責任感が強い
  • 誰とでも仲良くなれる
  • 行動力がある
  • ポジティブ思考である
  • 集中力がある
  • 粘り強い

といった、要素は仕事場では重宝されるポイントになります。また、長所を伝えるときは、以下の点に気を付けながら効果的な言い方を考えてみましょう。

結論から先に述べる
長所を伝えるときは簡潔に結論から先に伝えるようにしましょう。たとえば、目標に向かってコツコツと努力するのが長所なら、「私の長所は目標に向かってコツコツと努力することです」と短く答えましょう。
具体的なエピソードを述べる
長所により具体性を持たせるために添えたいのがエピソード。そして、エピソードは詳しく述べるほど面接官の記憶に残りやすくなります。
仕事への活かし方
パートの仕事で、自分の長所をどのように活かせるかをアピールしましょう。
話は長すぎても面接官を飽きさせてしまいます。最初に、伝えたいことを紙に書き出してから、重複する部分や余計な表現を削って調整していくと、まとまりのある答えを作れますよ。

短所の上手な表現方法

短所を伝えると、相手に悪い印象を与えてしまうのではと心配になりますよね。短所を伝えるときも、できるだけ印象が悪くならないようにするコツを紹介していきます。

言い方次第でポジティブな印象に
短所も言い方を変えると長所としてアピールできるようになりますよ。たとえば、飽きっぽいという短所も気持ちの切り替えが早いと言い換えれば、ポジティブな印象になります。

また、がさつという短所も、おおらかであると言い換えることができます。短所を伝えるときは、フォローの言葉を入れるか、表現を変えることで相手が楽観的に捉えてくれるようになりますよ。

仕事内容にマイナスになりそうな短所は伝えない
仕事の内容によっては、伝えないほうがいい短所もあるでしょう。たとえば、接客業に応募しているのに人見知りが短所であることを伝えれば、採用担当者は仕事を任せていいものか不安になります。

仕事内容に悪影響となるような短所は避けて、他の短所を言い換えるとよいでしょう。

短所も表現のやり方が変われば、長所やアピールポイントにできますね!

参考にしたい、長所、短所の伝え方例

伝え方のポイントについて何となく理解したと思っても、いざ、自分の言葉で表現しようとするとなかなかよい言葉が見つからないものです。

そこで、長所と短所のそれぞれの文例を見ておくと、表現を考えるときに役立ちますよ。

長所の文例
責任感が強いことアピールしたいときの文例を紹介します。「私の長所は責任感が強いことです。子どもの幼稚園で保護者会の会長を引き受けたのですが、他の役員さんをまとめながら、行事の成功に尽力しました。

私の行動力とリーダーシップを、先生方や他の役員さんも認めてくれたときは嬉しかったです。職場でも、与えられた仕事に対して責任を持って取り組むことができると思います。」

短所の文例
おおざっぱな点を短所として挙げた例文を紹介します。「私の短所はおおざっぱなところです。家庭科で縫い物をしていたときも、作り方が雑で先生に注意されたことがあります。

しかし、自分がおおざっぱだからこそ他人の欠点や失敗に対しても寛容になれますので、どんなタイプの人ともうまくやっていくことができると思います。」

といったように、長所は仕事へのアピールに直結させて、短所は長所に上手く言い換えてみましょう。

長所と短所の伝え方を考えて、面接に役立てよう

自分の長所と短所を洗いだして、それを伝えるのは思っていた以上に難しいことです。短所と長所を探すためには、自己分析や近しい人に聞くのが一番です。

そして、長所は仕事への活用に、短所は長所に言い換えることで面接官に好印象を与えることができるはずです。長所と短所をうまく表現するコツを理解して、自分の言葉で伝えられるようにしてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る